性病は治療すれば完治する? 治療期間はどれくらいかかるの?

2018/7/6

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

性器周辺のかゆみやおりものの変化など、さまざまな不快症状を引き起こす「性病」(現在は「性感染症:STI、STD」と呼ぶのが一般的です)。性病は、専門の病院で治療をきちんと受ければ完治するものなのでしょうか?また、治療期間はどれくらいかかるのでしょうか?以降で解説していきます。

性病(性感染症)は治療すれば完治するの?

ほとんどの性病(性感染症)は、早期に適切な治療をすれば完治できますが、すべての性病が必ず治るわけではありません。

例えば、クラミジアや淋病などの性病は、抗生物質をきちんと飲めば完治します(ただし、再び不適切な性行為した場合は再感染する可能性はあります)。しかし、性器ヘルペスや尖圭コンジローマなどの性病は、表面上は治ったように見えても体内ではまだウイルスが潜伏していることがあり、この場合は体調を崩したなどのきっかけで再発するケースがあります。

また、エイズも完治できない性病です。HIV(エイズウイルス)への感染がわかった場合は、抗HIV薬の服用によってウイルスの増殖を抑制し、ウイルス量を減らしていきますが、HIVそのものを体内から完全に排除する薬は開発されていません。
ただ、エイズの治療法は近年めざましく進歩しており、たとえHIVに感染してもエイズ発症を抑えることができたり、またきちんと服薬をすれば健康を維持することが可能になってきています。事実、HIVによる死者は減少傾向にあります。

性病を治療するにはどれくらいの期間がかかるの?

性病の治療にかかる期間は、性病の種類によって異なります。以下は、主な性病の治療期間の目安についてまとめたものです。

クラミジア
1〜2週間程度。クラミジアに効果のある抗生物質(ジスロマック、クラリシッド、ミノマイシン、クラビットなど)による薬物治療を行う。
淋病
1週間程度。ロセフィンやトロビシンなどの抗生物質による薬物治療を行う。
性器ヘルペス
5〜10日程度。抗ヘルペスウイルス内服薬(バルトレックス、ファムビルなど)や、軟膏薬のアラセナによる薬物治療を行う(重症の場合は、入院して点滴治療が必要になることもある)。
カンジダ
1~2週間程度。イミダゾール系の抗真菌薬の腟錠や軟膏(エンペシド、オキナゾールなど)の使用や、女性の場合は通院による腟洗浄にて治療を行う。
トリコモナス
1~2週間程度。5-ニトロイミダゾール系の抗原虫薬(フラジールなど)による薬物治療や、女性の場合は腟錠による治療を行う。
尖圭コンジローマ
治療法によって異なる。電気メスや炭酸ガスレーザーなどによる焼却、液体窒素による凍結などの切除手術の場合は、一般的に日帰り入院となる。一方、イミキモド5%クリームによる軟膏での治療の場合は、1日1回の塗布を週に3回のペースで2週間以上行う必要がある。
梅毒
重症度によって治療期間は異なる。第1期梅毒は2〜4週間、第2期梅毒は4〜8週間、第3期梅毒は8〜12週間にわたって、ペニシリン系の抗生物質(サワシリン)による薬物治療を行う。
エイズ
3〜4種類の抗HIV薬を一生服薬し続ける必要がある。抗HIV薬はウイルス量を抑制し、免疫力を維持するために飲み続けなくてはいけない薬のため、たった1〜2回服薬を忘れただけで、治療が失敗に終わってしまう可能性がある。

おわりに:性病の種類によっては完治は困難。再発予防のためには適切なケアが重要

ご紹介したように、性病の治療期間や治療方法は性病の種類によって異なり、また種類によっては完治が難しいものもあります。ただ、たとえ完治できない性病であっても、日常的なケアを徹底したり、根気よく服薬を続けていくことで再発を予防できる可能性はぐんと上がります。主治医からの説明をよく聞き、ご自身の健康を守っていきましょう。

※抗菌薬のうち、細菌や真菌などの生物から作られるものを「抗生物質」といいます。 抗菌薬には純粋に化学的に作られるものも含まれていますが、一般的には抗菌薬と抗生物質はほぼ同義として使用されることが多いため、この記事では抗生物質と表記を統一しています。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

治療(464) 性病(21) クラミジア(33) 淋病(19) エイズ(19) 期間(42) カンジダ(18) トリコモナス(12) 梅毒(28) 完治(18) 尖圭コンジローマ(11) 性器ヘルペス(13)