女性にうれしい禁酒のメリットってどんなものがあるの?

2018/7/10 記事改定日: 2019/9/19
記事改定回数:2回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

過度の飲酒は肝臓に負担がかかったり、二日酔いのもととなったりとさまざまなデメリットがあります。では逆に、禁酒をするとどんな効果が得られるのでしょうか?女性にとっては特に気になる、美容面の効果を中心にお伝えしていきます。

女性にうれしい禁酒のメリット①:ダイエット効果

ビールや日本酒など、糖質が多いお酒と一緒にご飯を食べると、どうしても太りやすくなります。また、お酒を飲むと、満腹中枢や味覚を鈍らせる作用もあるといわれています。飲み会でうっかり食べ過ぎたり、味の濃いおつまみを選びやすいのは、これが原因です。

しかし、禁酒をすればお酒の分のカロリーが減り、食欲も正常に感知できるようになるため、多くの人にダイエット効果がみられるといいます。

女性にうれしい禁酒のメリット②:肌がきれいになる

習慣的な飲酒は肌の水分を奪うため、乾燥肌を悪化させたり、肌の炎症や赤ら顔の原因となるといわれています。また、飲酒によって睡眠の質も下がるため、ニキビなどの吹き出物や毛穴の開き、クマといった肌トラブルも起こりやすくなります。

しかし、禁酒するとこれらの肌トラブルが減少したり、化粧のノリが良くなったりなど、美肌効果を実感した女性は少なくありません。

女性にうれしい禁酒のメリット③:乳がんのリスクが減少する

あまり知られていませんが、アルコールは乳がんの発症リスクを高めることがわかっています。このことに関しては国内外でさまざまな研究が行われましたが、いずれの研究でも、お酒を飲まない人と比べて飲む人の方が発症リスクが高いという結果が出ています。そして、飲酒量が多ければ多いほど、乳がんの発症リスクは高くなるということもわかっています。この点から、乳がん発症予防の意味で禁酒は有効と考えられます。

国内で行われた40~69歳の女性約5万人を対象とした研究によれば、「エタノール換算で週に150g以上多く飲酒する女性は、お酒を飲んだことのない女性と比べ、乳がんリスクが1.75倍だった」とのことです。なお、エタノール換算での150gとは、日本酒でいうとおよそ7合、ビールなら大瓶約7本、ワイン約14杯、ウイスキーならダブル約7杯に相当します。

飲酒が乳がんのリスクを高めるはっきりとした原因は明らかになっていませんが、アルコールが分解される際に発生するアセトアルデヒドの持つ発がん性や、アセトアルデヒドによる葉酸の破壊(葉酸はDNAの合成や修復に欠かせないものです)、女性ホルモンへの影響などが関連しているのではと考えられています。

おわりに:禁酒の効果は美容面だけじゃない!

  • 禁酒すると、太りにくくなったり、肌もきれいになったりするだけでなく、乳がんの発症リスクを下げるという効果も期待できる
  • いきなり禁酒は難しいという方は、まずは飲酒量を控えたり、休肝日を設けたりすることから始めてみるのがおすすめ

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ダイエット(252) 女性(71) 美肌(22) 禁酒の効果(1) 乳がん予防(1)