オピオイドの副作用にはどんなものがある?対処法は?

2018/8/21

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

病気による痛みを緩和し、患者のQOL向上のための薬物療法に使われる薬の代表格の1つにオピオイドがあります。
今回は痛み止めとして効果的なオピオイドという薬について、その効果や特徴、現れ得る副作用とその対処法を解説していきます。

オピオイドってどんな薬?

オピオイドとは、脊髄と脳にあるオピオイド受容体という器官に働きかけることで、脊髄から脳への痛みの伝達をブロックする医療用麻薬です。強力な鎮痛作用を持っており、がんによる強い痛みや、他の痛み止めが効かなくなった場合の痛み止めとして使用されています。

医療用麻薬と聞くと、違法性や中毒性といったイメージを持つ人もいるかもしれませんが、医療用麻薬といわゆる麻薬・覚せい剤は、以下のように明確に区別されています。

医療用麻薬の特徴

  • 麻薬及び向精神薬取締法により、医療用に使用が許可されている
  • 使用や管理については、法令によって厳格に規定されている
  • 慢性投与により精神的、身体的に耐性は生じるが、中毒性は低い

不正麻薬・覚せい剤などの特徴

  • 麻薬及び向精神薬取締法により、使用・所持・譲受・製造などが禁止されている
  • 裏で売買され、一時的な快楽のために不正に使用されることがある
  • 非常に中毒性が高く、使用を続けると重度の薬物中毒となる

このように、医療用麻薬と不正麻薬・覚せい剤には、法律上の規定・許可されている用途や使用者の権限などにおいて、大きな違いがあります。医療用麻薬は、十分な知識を持った医師や医療従事者によって投与されるため、適切に利用する限り中毒性がほとんどない点が特徴です。

オピオイドの代表的な3つの副作用は?

ここからは、強い鎮痛作用のある医療用麻薬・オピオイドの使用に当たり、知っておきたい3つの副作用についてご紹介します。

オピオイドの副作用①:吐き気・嘔吐

オピオイドの使用開始直後、または用法・用量を変更した後2週間程度にわたって現れやすい、使用者の3~6割が経験するといわれる代表的な副作用です。

オピオイドの副作用②:便秘

オピオイドが持つ消化器官を抑える作用のために、腸の働きが抑制されて便秘になることがあります。使用者のほとんどが経験し、使用している限り継続するといわれる副作用です。

オピオイドの副作用③:眠気

薬の使い始めや量を増やしたときに現れやすい、眠気が続く副作用です。ただし、眠気は副作用のなかでも軽度であり、通常は1週間程度でおさまるとされます。

オピオイドの副作用にはどう対処すればいい?

最後に、オピオイドの代表的な3つの副作用への対処法を、それぞれご紹介します。

吐き気・嘔吐の副作用への対処法

副作用が出やすいオピオイドの服用開始から2週間以内は、医師に吐き気止めの薬を処方してもらって併用するのが良いでしょう。また、症状が悪化して食事が困難になるようであれば、医師に対処法を相談してください。

便秘の副作用への対処法

医師に便秘の程度や便の排出頻度・硬さなどを相談して、症状に応じた強さの下剤を定期的に処方してもらってください。
また、薬とあわせて行える便秘対策として以下の方法がありますので、試してみましょう。

  • 起床後すぐ、食事の前におへそから「の」の字を書くようにおなかをマッサージする
  • 1回15~30分を目安に、湯たんぽや温めたタオルを腰のあたりに乗せて腸を温める
  • 食物繊維や水分が豊富な食事内容を心がけて、腸の働きを促す
  • 身体を起こす、横になったまま膝を抱えて揺らす、散歩などで腸を動かす

眠気の副作用への対処法

ほとんど起きていられない、または1週間以上たっても改善しないほど眠気が強い場合は、使用するオピオイドの量を減らしたり、種類を変えて対処します。

おわりに:オピオイドは有効な医療用麻薬!副作用対策は医師に相談を

強力な鎮痛作用があり、適切に使えば中毒性もほとんどないとされるオピオイドは、疾患による強い痛みと闘う患者には非常に有用です。一方で吐き気や嘔吐、便秘、眠気などの副作用が起こるのも事実で、時間とともに軽減されていくものもあれば、オピオイドの服用を続ける限り付き合わなければならないものもあります。副作用への対処は、医師に相談しながら気長に向き合っていくものということを念頭に置いておきましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

眠気(30) 吐き気(121) 副作用(93) 便秘(132) オピオイド(8) 対処法(192) 医療用麻薬(3)