ストレスで湿疹ができるって本当?どうすれば治るの?

2018/10/4

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

アレルギー反応や皮脂の過剰分泌、乾燥など、湿疹ができる原因はさまざまですが、湿疹の発生にはストレスが関係していることもあるといわれています。
今回はストレスが原因の湿疹について、ストレスと湿疹の関係性や、ストレスで湿疹ができてしまったときの対処法を解説していきます。

ストレスが原因で湿疹ができる?

ストレスが原因で起こる湿疹は「ストレス性皮膚炎」とも呼ばれ、強いストレスに身体が対応しようとした結果、引き起こされる湿疹であると考えられています。

ストレスが湿疹を引き起こす流れは、以下の通りです。

  1. 強いストレスに対応しようと、ホルモンや自律神経の働きを活性化させる
  2. その結果、心拍数や血流・血圧の上昇が過剰になり皮膚の免疫機能が落ちる
  3. 皮膚のバリア機能が落ち、炎症や湿疹を起こしやすい環境になる
  4. ストレスに対抗するために分泌された肥満細胞が、かゆみ成分のヒスタミンを放出
  5. ヒスタミンが皮膚の神経細胞を刺激し、皮膚にかゆみや湿疹が出る

ストレスでできた湿疹はどうすれば治る?

ストレスによってできた湿疹を治すには、ストレスを軽減して心身への負担を減らすこと、そしてかゆみや湿疹そのものへの対症療法を併用するのが効果的です。
以下に、ストレス性の湿疹を治すための「ストレスの軽減」と「湿疹への対症療法」の方法を解説しますので、参考にしてください。

ストレス性湿疹を和らげる方法:ストレスの軽減

湿疹の原因であるストレスを軽減し、心身への負担を減らすことが根本治療となります。ストレスの原因がはっきりしている場合は、その原因を取り除いたり、距離を置いたりして、ストレスから距離を置くようにしてください。
また、湿疹が出てしまうほど強いストレスをため込まないように、こまめにストレス発散できる方法を見つけておくのも良いでしょう。

ストレス性湿疹を和らげる方法:湿疹への対症療法

湿疹をかいて傷つけると、肌への刺激とストレスが高まり、悪化の原因となります。
かゆみがあっても湿疹をかかないように気を付け、かゆくてたまらないときは患部を冷やす、または病院で抗ヒスタミン薬やステロイド剤を処方してもらって塗りましょう

おわりに:ストレスでも湿疹はできる!対症療法とストレスの緩和で治療を

皮膚や身体的な疾患・感染症以外にも、ストレスによって湿疹ができることがあります。ストレスはホルモンや自律神経などさまざまな器官に影響を与え、皮膚にも湿疹というかたちで異常をきたすのです。ストレス性湿疹の治療は、ストレスの緩和とかゆみなどへの対症療法が基本になります。ストレスが原因と疑われる湿疹が出ている場合はまず皮膚科医に相談して、原因の特定と治療のアドバイスをしてもらいましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ストレス(364) 湿疹(22) 対処法(192) 治る(17) ストレス性皮膚炎(1)