胸焼けの薬は、症状に合ったものを選ばないと逆効果って本当?

2018/8/15

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

食べすぎや飲みすぎ、ストレスなどさまざまな原因で起こる胸焼け。経験したことのある人は多いでしょうが、薬を飲む場合は、症状にあった薬を選ばなければ効果がないことをご存知でしょうか?
今回は胸焼けのときに飲む薬の選び方のポイントや、症状があるときの過ごし方をご紹介します。

胸焼けの薬は正しく選ばないと治らない?

胸焼けは、食べすぎや飲みすぎ、ストレスなどで胃に負荷がかかり続けることでダメージを受け、胃酸の分泌リズムの乱れから胃酸が過剰分泌されることで起こります。胃酸が過剰に分泌されると胃粘膜の損傷や胃酸の逆流が起こり、結果として胃痛や胸焼けの症状が起こる、というわけです。

一般的に、胃薬には「胃酸を出し消化を助けるタイプ」と「胃液の分泌を抑えるタイプ」の2種類がありますが、胸焼けの効果的なのは後者のみです。

このため胃酸の過剰分泌で胸焼けを起こしている人が、胃酸の分泌を促進するタイプの胃薬を飲んでしまうと、かえって逆効果となります。

胸焼けにはどんな薬を服用すればいいの?

前述したように、胸焼け改善のために服薬をするなら、胃酸を抑制するタイプの胃腸薬を選ばなければなりません。

胸焼けの改善に適した胃腸薬としては、胃酸を抑える働きのあるH2ブロッカーや、傷ついた胃粘膜を修復する作用のあるスクラルファート配合の薬がおすすめです。

以下からは、胃酸の働きを抑えたり、胃粘膜を修復する作用を持つ市販の胃腸薬の具体例をいくつかご紹介しますので、胸焼けの薬を選ぶときの参考にしてください。

  • イノセアバランス®
  • サクロン®
  • アバロン®
  • スクラート®

胸焼けでつらいときの過ごし方は?

胸焼けの症状がつらいときに市販薬を飲む以外でできることとしては、生活習慣や食事内容を見直して、普段の過ごし方を工夫するという方法があります。

以下に、胸焼けで辛いときの適切な過ごし方を解説しますので、参考にしてください。

胃酸の分泌や、食道の筋肉に作用する飲食物を控える

胃酸の分泌を促進して胃への負担を増大させる、または食道の筋肉(下部食道括約筋)をゆるめて胃酸の逆流を促進するような、以下の飲食物の摂取は控えてください。

  • 脂身の多い肉や魚、揚げ物など脂肪分の多いタンパク質
  • 生クリームや炭酸飲料など、空気を多く含む飲食物
  • コーヒーや緑茶など、カフェインを含む飲料
  • 唐辛子や胡椒など、香辛料・スパイスを多く含む食物
  • チョコレートやケーキなど、脂肪が多く甘い食べ物
  • かんきつ類のジュースや酢など、酸を多く含む酸っぱい飲食物
  • アルコール全般

消化しやすく、胃への負担が少ない飲食物を適度に摂る

先述した食べ物を控えるのと同時に、以下に挙げるような、消化しやすく胃への負担が少ない食べ物を腹八分目を意識して適量摂るようにします。

  • 豆腐や白身魚など、脂肪分が少なく消化しやすいタンパク質
  • おかゆやおじや、煮込んだうどん、そばなどの炭水化物
  • キャベツやブロッコリーなど、ビタミンUを含む食材のスープ
  • 消化酵素ジアスターゼを含む大根おろしや、とろろ、カブの漬物

体の外と中の両方から、胃に負担をかけないよう休ませる

生活習慣と食事、そして服装を以下のように工夫して、胃を休ませることを徹底しましょう。

  • 胸焼けに胃痛が伴うようなら、1~2食絶食する
  • アルコールやコーヒーは胃への負担が大きいので、白湯、番茶、スポーツドリンクを飲む
  • 暴飲暴食を避け、腹八分目になるよう食事量を見直す
  • 辛いもの、あぶらっこいものなど、胃に負担がかかるものは普段から控える
  • 胃に空気が入り消化に悪い早食いや、不規則な食生活を改める
  • 胃酸の逆流を防げるよう、ゆったりとした服装や、正しい姿勢での生活を心がける

上記の対処法を実践し、かつ胸焼けに効果的な胃腸薬を飲んだにもかかわらず症状が良くならない場合は、背後に胃腸や食道の病気が潜んでいる可能性もあります。

薬を飲んでも改善せず長期化しているときは、病院で診てもらうようにしましょう。

おわりに:胸焼けには胃酸を抑え、胃粘膜を修復する作用のある薬を選んで!

胸焼けは、暴飲暴食やストレスなどで胃の機能が低下し、過剰分泌された胃酸が食道に逆流することで起こります。このため、改善のために胃腸薬を飲むなら「胃酸を増やす」ものではなく「胃酸を抑え、胃粘膜を修復する」薬でなければ、逆効果となります。

胸焼けに有効な薬はドラッグストアでも購入できますが、長期化するなら医師の診断が必要です。つらいときは我慢せずに、早めに内科・消化器科の病院に行ってくださいね。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

薬(189) 症状(559) 胸焼け(27) 服用(4) 胃酸(10)