血管年齢が高い原因はストレス!?

2018/8/26

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

血管年齢を測定してみたら、実年齢よりもかなり高い数値が出てしまいギョッとしたなんて経験はありませんか?実は、この血管年齢の上昇には、ストレスなどの身近な要因が関連していると考えられています。詳しくは以降で解説していきます。

血管年齢が高い原因はストレス?

血管年齢とは、血管のしなやかさ・硬さを基準とした血管自体の年齢のことです。血管の老化度、つまり動脈硬化(血管が硬くなること)の進行度を表す指標でもあります。

現代人は、実年齢よりも血管年齢が10歳も20歳も高いケースが少なくなく、その原因もさまざまですが、実は「ストレス」は血管年齢の老化に関連していると考えられています。

人はストレスにさらされると、それに対抗すべく交感神経を活性化させるために、血圧が上昇します。このストレスによる血圧の上昇は、一過性のものであればそこまで健康に害はありません。しかし、ストレスによって頻繁に血圧が上昇したり、血圧の上昇がずっと続いたりすると、血管の内皮に傷がつき、その修復を繰り返すことによって血管が厚く硬くなり、血管が老化してしまうのです。

なお、ストレスというと、対人関係の悩みなど精神的なことが思い浮かぶでしょうが、寒暖差や生活環境の変化も、人体にとっては肉体的なストレスになります。たとえば寒暖差の激しい春は、就寝中の布団は暖かくても、朝起きるとかなり気温が冷え込んでいます。その刺激も血圧を大きく変動させるため、血管の負荷となるのです。

血管年齢が高くなるその他の原因は?

ストレス以外に血管年齢が高くなる原因としては、加齢のほか、下記のものが挙げられます。

肥満や脂質異常症
悪玉コレステロールなど血中の脂質が多いと、血管の内膜が変性しやすくなります。
高血圧
血液の圧力(脈圧)が高い状態が続くことで、血管の負担となります。
糖尿病
血中にブドウ糖が留まることで、血管がもろくなります。
喫煙
タバコに含まれるニコチンは心拍数を増やし、血圧を上昇させ、さらに末梢血管を収縮させるなど、あらゆる面で血管の負担となります。

また、肥満や糖尿病などの生活習慣病ではなくとも、脂っこいものやスナック菓子をよく食べる人、いつも満腹になるまで食事をとる人、ほとんど運動をしない人、睡眠不足が続いている人などは、血管年齢が高くなりやすいので生活習慣を見直しましょう。

おわりに:血管年齢とストレスの蓄積には関連性が!

ストレスは万病のもとといわれますが、実はストレスは血管年齢の老化にも関連しているとされています。また、生活習慣の乱れも血管の負担となる原因なので、こうした要因の多い人は、リラックスできる習慣を身につける、食生活を改善するなど対策に努めましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

タバコ(62) ストレス(364) 食事(225) 肥満(81) 原因(609) 高い(9) コレステロール(30) 血管年齢(12)