一過性虚血性発作の症状ってどんなもの?症状が落ち着いたら大丈夫?

2018/9/6

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

何らかの原因で脳への血流が一時的にストップし、さまざまな症状が現れる状態を一過性虚血性発作(いっかせいきょけつせいほっさ)といいます。
今回は一過性虚血性発作について、その症状や特徴、原因、病院を受診する必要性まで、わかりやすく解説していきます。

一過性虚血性発作の症状ってどんなもの?

TIAとも呼ばれる一過性虚血性発作は、何らかの理由で脊髄または網膜の一部が貧血のような状態(虚血)となり、血流が滞ることで一時的に神経症状を起こす病気です。
一過性虚血性発作の代表的な症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 手足や顔面のしびれ、麻痺、運動障害、歩行障害
  • 言葉が出ない、ろれつがまわらなくなる
  • ぼーっとして居場所や時間がわからなくなる、意識障害
  • 一時的に片目が見えなくなる   など

上記に挙げた一過性虚血性発作の代表的な症状は、脳とその近辺の血管に血栓が詰まることで起こる脳梗塞とほとんど同じです。
ただし、一過性虚血性発作の虚血の原因が血栓による詰まり(梗塞)とは限らないこと、また症状が一時的ですぐに治まることから、脳梗塞とは区別されています。

しかし一方で、一過性虚血性発作を起こした人のうち1割程度が2日~3か月以内に脳梗塞を発症しているため、脳梗塞との強い関連性は指摘されています。

一過性虚血性発作の原因は?

一過性虚血性発作の原因としては、以下の3パターンが考えられます。

頭に近い頸動脈の一時的な梗塞
頸動脈など、頭に近く太い血管でできた血栓の一部が剥がれて運ばれ、脳近くの末梢神経に詰まることで起こるパターンです。
短時間で自然に血栓が融解することで症状が改善し、日本で発生した一過性虚血性発作のうち約16%の患者の発症原因とされます。
脳内の血管の狭窄
動脈硬化などにより、脳内の大きな血管が狭くなることで一時的に急激な血圧低下が起き、脳への血流が低下して発作を起こすパターンです。
血圧が上昇することで回復し、日本で発生した一過性虚血性発作のうち最も多い、約33%を占める発症原因とされます。
心臓内に生じた血管の詰まり
心房細動や弁膜症などを発症したことで、心臓内に生じていた血栓が脳血管まで運ばれて詰まることで、発作を起こしてしまうパターンです。

上記のうち、血栓が詰まるものは脳梗塞と同じ原理で発生するものですが、短時間で自然に血栓が解けて症状が改善するものを一過性虚血性発作と診断します。

症状が落ち着いたら病院へ行かなくてもいい?

先に述べたように、一過性虚血性発作を発症した人のうち1~2割は、2日~3か月以内に脳梗塞を発症するといわれています。

一過性虚血性発作は、別名を脳梗塞の「前触れ発作」「警告発作」とも呼ばれるほど、病院で医師による診断・治療を受けるべき緊急疾患なのです。
運動や感覚・言語障害などの特徴的な症状が出たなら、たとえ30分~1時間以内の間に収束しても決して安心せず、すぐに病院を受診してください。

一過性虚血性発作の段階で適切な診断・治療を受けることが、将来の重篤な脳梗塞の予防につながると覚えておきましょう。

おわりに:一過性虚血性発作の症状はほぼ脳梗塞と同じ!すぐに治まっても病院へ!

一過性虚血性発作の代表的な症状は、言語障害や歩行・運動障害、半身麻痺、一時的な失明など、脳梗塞とほとんど同じです。発症してもすぐに回復するため軽視されがちですが、脳梗塞の前触れといわれるほど脳梗塞との関連性が高い病気です。もし、一時的にでも特徴的な症状を感じたら、すぐに病院で診察を受ける必要があります。この段階での治療が脳梗塞の予防にもつながりますので、しっかり覚えておいてください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

病院(59) 原因(609) 症状(559) 脳梗塞(92) TIA(3) 心房細動(20) 一過性虚血性発作(2) 動脈硬化(89) しびれ(53) 弁膜症(5)