どんな尿のトラブルのときに病院に行くべきなの?

2018/9/25 記事改定日: 2019/4/15
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

発熱を伴う排尿トラブルは、腎臓や前立腺など尿にかかわる器官の炎症のサインです。
微熱と一緒に排尿トラブルを感じているなら、それは風邪ではないかもしれません。
今回は排尿トラブルを伴う微熱症状について、適切な対処法や、男女別に考えられる病気の可能性を解説していきます。

病院に行った方がいい排尿トラブルの特徴とは?

排尿のトラブルは、思わぬ病気が潜んでいる可能性もあるため以下のような症状や変化がある場合はなるべく早めに病院を受診しましょう。

  • 尿がにごっている
  • 尿が赤くなっている
  • 尿が出にくく、下腹部の膨満感がある
  • 尿の回数が増え、残尿感が強い
  • 尿の勢いが弱くなった
  • 尿が細くなった

発熱を伴う尿のトラブルはとくに要注意!

微熱とともに、頻尿や排尿痛、残尿感などの尿トラブルを自覚しているなら、前立腺炎(ぜんりつせんえん)や腎盂腎炎(じんうじんえん)などの尿路感染症を起こしている可能性があります。

前立腺炎と腎盂腎炎とは、それぞれ以下のような症状を伴う病気です。

前立腺炎
大腸菌などの細菌が男性の尿道から侵入し、前立腺まで達して炎症を起こす病気です。
発症すると排尿痛、頻尿、尿意切迫感、排尿困難などの尿トラブルの他、下腹部痛や会陰部の痛み、全身倦怠感と発熱などの症状が出ます。
腎盂腎炎
大腸菌などの細菌が尿道から膀胱、さらに腎臓まで達することで起こる腎臓の炎症です。
発症すると頻尿、排尿痛、残尿感などの尿トラブルとあわせて、発熱や全身の倦怠感、腎臓周辺にあたる背中や腰の痛み、吐き気などの症状が出ます。

これらの症状は放っておくと重症化し、命にかかわる事態に至るケースもあります。
微熱とともに排尿トラブルの症状を自覚したときは、放置しないでできるだけ早く病院に行き、必ず医師の診断・治療を受けてください。

女性のなりやすい尿トラブル・腎盂腎炎とは

尿道が短い女性のかかりやすい病気「腎盂腎炎」には、急性のものと慢性のものがあります。

急性腎盂腎炎
尿路に基礎疾患のない、20~30代の若い女性に多く発症します。
悪寒を伴う38℃以上の高熱、背中と腰の痛み、膀胱炎を併発するケースが多いです。
慢性腎盂腎炎
尿路に何らかの基礎疾患がある場合、他の疾患で免疫が低下したり、または急性腎盂腎炎から移行するかたちで発症します。
急性腎盂腎炎に比べると症状の出方が緩やかで、痛みや発熱の自覚が少ないのが特徴です。

上記の通り、腎盂腎炎のなかでも急性腎盂腎炎を発症した場合に、微熱・発熱や排尿トラブル、痛みなどの症状が顕著に現れます。女性で発熱や排尿トラブルを自覚する場合は、急性腎盂腎炎である可能性が高いでしょう。

また腎盂腎炎の治療は、腎臓で炎症を起こしている細菌を排除するため、β-ラクタム系薬、キノロン系など抗生物質の通院での投与をメインに進めていきます。

投薬と安静、そして十分な水分補給を続けていれば、通常1~2週間の治療で回復します。
ただし、十分な水分・食事の摂取が難しいほど発熱や血圧低下がひどく、全身の症状が悪い場合は入院して治療するケースもあります。

なお、腎盂腎炎の再発は会陰部をシャワーなどで清潔に保って細菌を尿道に侵入させないこと、そして多めの水分補給と尿意を我慢しないことで予防できます。

男性特有の尿トラブル・前立腺炎とは

男性特有の器官である前立腺に細菌が侵入し、炎症が起こる「前立腺炎」は別名「急性細菌性前立腺炎」とも呼ばれます。

治療は腎盂腎炎と同様、炎症を起こしている細菌の除去を目的にした抗生物質の投与がメインとなります。
抗生物質は基本的には内服薬で投与されますが、食欲不振や脱水を伴い全身症状が悪い場合は、入院のうえ点滴にて抗生物質が投与されます。

治療にかかる期間の目安は腎盂腎炎より長くなることがあります。入院するほど重症であった場合には、退院後もしばらくは通院で抗生物質の投与が続けられます。

おわりに:尿トラブルと微熱症状が出たら、できるだけ早く病院へ!

発熱と全身倦怠感に加え、頻尿・排尿痛・残尿感などの尿トラブルが現れているなら、女性は腎盂腎炎、男性は前立腺炎を起こしている可能性があります。

これらは尿道に細菌が侵入し、腎臓や前立腺周辺で炎症を起こすもので、症状の進行が早いのが特徴です。放っておくと命を落としかねないほど重症化するケースもあるので、できるだけ早く病院に行って適切な診断・治療を受けてください。

※抗菌薬のうち、細菌や真菌などの生物から作られるものを「抗生物質」といいます。 抗菌薬には純粋に化学的に作られるものも含まれていますが、一般的には抗菌薬と抗生物質はほぼ同義として使用されることが多いため、この記事では抗生物質と表記を統一しています。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

前立腺炎(17) 腎盂腎炎(18) 発熱(70) 尿のトラブル(1)