尿路結石を薬で治すことはできる?治らなかったときの治療法は?

2019/2/10

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

尿路結石は、尿道(腎臓で作られた尿が排出されるまでの経路)のどこかに石が詰まったことで激しい痛みを伴う病気です。この記事では、尿路結石を発症したときの治療法について解説していきます。

尿路結石の治療法ってどんなものがあるの?

尿路結石は、腎臓から尿管、膀胱、尿道と、尿を排泄する経路のどこかに結石ができる病気です。結石が腎臓にある間は自覚症状はほとんどありませんが、腎臓から移動して尿管や膀胱に入ると背中や腰にかけて、激しい痛みが起こります。突然発症し、救急搬送されることも少なくありません

尿路結石の治療は、結石の大きさや、結石がある位置によって方法が異なりますが、近年では大きく切って行うような開腹手術を行うことは少なくなっています。薬によって尿を増やして結石を体外に排出させる治療や、身体の外から衝撃波を当てたり、入院して内視鏡手術を行ったりして、結石を小さく砕く方法があります。

薬で治す場合、どんなものが使われるの?

一般的には、10mm以下の小さな結石では薬を使いながら、尿と一緒に身体の外に排出されることを期待します。結石はすぐに排出されるとは限らないため、痛みを緩和する薬を用いながら、尿を増やしたり、尿路を広げて尿が出やすくなる薬も用います。薬には結石を大きくするのを抑えたり、結石を溶かす作用があるとされる薬もあります。用いられる薬は、内服薬のほか、座薬や注射薬、点滴などがあります。

薬を中心に進める治療は保存的な治療であり、併せて水分をたくさん飲んだり、適度に身体を動かしたりしながら、改善するのを待ちます。おおよそ3~4カ月経過しても改善がみられないときには、別の治療方法も検討することになるでしょう。

薬では改善しなかった場合に行う治療法は?

全ての尿路結石で、薬だけの治療が適しているわけではありません。保存的治療では改善が難しいとされる大きさの場合や、薬での治療を行っても排石が難しかったりする場合には別の治療を組み合わせることがあります。

体外衝撃波砕石術
体を固定して、結石に向けて衝撃波を当てて結石を細かく砕く治療法です。細かく砕いた結石は、尿と一緒に排出させます。外来または、短期間の入院で行われます。手術のような傷はないため、体への負担は小さい反面、体外に石が出るまでには時間がかかります。
内視鏡を用いた治療
細い内視鏡を挿入して、結石をレーザーや衝撃波で細かく砕く治療法です。細かくした結石を取り出すこともできます。尿道から挿入する経尿道的結石砕石術(TUL、f-TUL)と、背中を小さく切開して、内視鏡を挿入する経皮的腎・尿管砕石術(PNL)があります。いずれも入院が必要で、経尿道的結石砕石術(TUL)は数日~1週間程度、経皮的腎・尿管砕石術(PNL)は1~2週間程度とされています。
開腹手術
お腹を大きく切開して結石を取り出す方法ですが、内視鏡手術の発展に伴って実施されることは少なくなっています。内視鏡手術に比べると体への負担も大きく、入院期間も長くなります。

せっかく治療によって体内から結石がなくなっても、尿路結石には再発リスクがあります。尿路結石の再発予防には、水分摂取を基本として、食生活の改善が欠かせません。糖尿病や高血圧、脂質異常などの生活習慣病のリスクがある人は、尿路結石のリスクがあるともいわれます。医師の助言や栄養指導を活用して、再発しないよう日常生活に活かしていくことが大切です。

おわりに:尿路結石は薬で治るときと治らないことがある。再発のリスクもあるので普段から注意しよう

尿路結石は背中や腰に激しい痛みが起こり、救急搬送も少なくはありません。治療方法は、結石の大きさや、合併症などの有無で異なります。痛みを緩和しながら尿と一緒に排出されることを期待することもあれば、内視鏡を用いた手術を行うこともあります。過去に行われていた開腹手術に変わって内視鏡手術が中心となっているため、体への負担は減っていますが、尿路結石は再発のリスクがあります。治療の後は、再発予防の指導を受けて日常生活に活かしていきましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

尿路結石(29) 体外衝撃波砕石術(2) 保存的治療(2) 尿路結石の治療薬(2) 尿路結石の治療法(2)