肺がんってどんな検査で見つけられるの?

2020/2/18

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

肺がんかどうかを調べる検査として、まず思い浮かぶのはレントゲン検査だと思います。でも、レントゲンで肺がんの疑いがあるときに行う検査にはさまざまな種類があります。また、検査の結果がんとわかったあとにも行う検査があります。肺がんが見つかる前と後でどのような検査を行うのか、この記事で解説します。

肺がんの検査で最初にするのは?

肺がんの検査を受けに行ったとき、最初に行うのは問診です。問診では主に現在の病状、既往歴、家族歴、過去の検診の受診状況といったことが質問されます。

また、問診のほかに胸部X線検査(レントゲン)も行います。胸部X線検査は簡単に肺がんの疑いがあるかどうかがわかるため、多くの医療機関あるいは集団検診にて実施されています。

もし、ハイリスク群の人の場合は上記のほかにさらに喀痰細胞診も行うことがあります。ハイリスク群とは、喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が400ないし600以上の場合で、50歳以上の人が対象です。喀痰細胞診は、痰に混ざって出てきたがん細胞を検出するための検査です。1回の検査ではがん細胞を発見しにくいため、数日間かけて何回か痰を採取して検査します。

レントゲンなどで異常がみられたら、どんな検査を受けるの?

胸部X線検査で異常が見られた場合、さらに詳しい検査を行います。具体的には、胸部CT検査、気管支鏡検査(気管支鏡下肺生検)、経皮針生検、胸腔鏡検査、外科的肺生検などです。

胸部CT検査
筒状の機械で体をスライス状に撮影する検査です。胸部X線検査に比べて肺や気管、気管支、心臓や動脈血管の異常がはっきりとわかるため、特に肺の小さながんの発見に有用といわれています。
気管支鏡検査
気管支鏡と呼ばれる内視鏡を口から挿入して気管支の中を観察する検査で、がんが疑われる部位の組織や細胞を採取することで、がんであるかどうかを詳しく調べることができます。
経皮針生検
皮膚から細い針を肺に刺して組織を採取して調べる検査で、気管支鏡検査が難しい場合や行っても診断ができなかった場合などに行います。
胸腔鏡検査
胸を小さく切開し、胸腔鏡と呼ばれる内視鏡を肋骨間を通して胸腔内に挿入し、肺や胸膜の一部の組織を採取して調べる検査です。
外科的肺生検
手術で胸を切開し、肺や胸膜あるいはリンパ節の一部の組織を採取して調べる検査で、胸腔鏡でも組織の採取ができなかった場合に行われます。

経皮針生検や胸腔鏡、外科的肺生検は身体に侵襲を伴う検査で、身体の状態が悪い場合は検査できないため、検査実施の可否は慎重に検討されます。

肺がんが見つかったあとにも検査をする?

肺がんが見つかったに行う検査は、治療方針を決定するのが目的です。バイオマーカー検査や腫瘍マーカー検査のほかに、がんの広がりを調べる検査を行います。

バイオマーカー検査
採取した組織を用いて、治療による効果を予測するための検査で、薬物療法を行う際に行います。
腫瘍マーカー検査
血液検査にて行い、がんがどの部分に潜んでいるかをチェックするために行います。
がんの広がりを調べる検査
CT検査、MRI検査、超音波(エコー)検査、骨シンチグラフィ、PET-CT検査などの画像検査のことを指します。

おわりに:肺がんの診断から治療においてまで検査の種類はさまざま

肺がんの検査は、肺がんを発症しているかどうかを調べるためだけでなく、肺がんの治療方針を検討する際にも行います。検査の中には、身体に侵襲を伴うものもありますので、検査をするかどうかは医師の指示に従うようにしてください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

肺がん(20) レントゲン(5) 肺がん検査(2)