膵臓がんを少しでも早く見つけるためにできることは?

2019/2/13

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

膵臓がんは発見した時点で手遅れの状態であることが多く、がんの中で最も治療が難しいといわれている病気です。ただ一方で、がん細胞が小さいうちに発見できれば助かる可能性が高くなることが明らかになっています。この記事では、膵臓がんを見つけるのが難しい理由とともに、少しでも早く発見するために何ができるかを紹介します。

膵臓がんを見つけるのが難しい理由

膵臓は膵液(食物の消化を助ける働きがある)や、インスリンなど、血糖値を調節する働きをするホルモンを作っている小さな臓器です。胃の後ろの奥深くにあること、周囲を十二指腸、脾臓といった臓器や血管に囲まれていることから、膵臓にがんができても見つけるのが難しいといわれています。

また、膵臓がん進行しても自覚症状がなかったり、あったとしても腹痛や食欲不振、腰や背中の痛み、腹部膨満感、黄疸など、ほかの病気でも出てくる症状であるため、気づいたときにはかなり進行していた、ということも少なくありません。このため、膵臓がんは生存率が低い、といわれています。

膵臓がんを見つけるには

「治療が難しい」「生存率が低い」と言われる膵臓がんですが、がん細胞が小さい(大きさが20mm以下)段階で見つけることができれば、生存率が高くなることがわかっています。膵臓がんで命を落とさないためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

そのためには、まず、膵臓がんのリスクが高くなる要因を知っておくことが大切です。

膵臓がんのリスクを高める要因
  • 家族に膵臓がんを発症した人がいる
  • 膵臓の病気(慢性膵炎、遺伝性膵炎)を発症している
  • 糖尿病を発症している
  • 肥満である(BMI30以上)
  • 喫煙している

家族に膵臓がんを発症した人がいる場合、発症リスクが高くなることが知られています。また、生活習慣の改善に取り組んでいるにも関わらず、糖尿病が悪化したり、突然空腹時血糖が急上昇したときも、膵臓がんの発症リスクが高くなるといわれています。

したがって、上記のリスク要因を抱えている方は日ごろから体調の変化に気を配ることが大切です。ただ、すでに述べたように、膵臓がんは自覚症状がほとんどないため、自覚症状とともに、定期的に健康診断や人間ドックなどを受け、早期発見できる機会を増やすことも大切です。

また、膵臓がんの発症リスクが高い方は、定期検診や人間ドックに加えて、マルチスライスCTやMRCP(MR胆管膵管撮影)といった精度が高い検査を受けることも早期発見につながります。

マルチスライスCTとは
管球(X線を発射する装置)と、X線検出器を体のまわりで回転させることで、体を輪切りにした画像を撮影する装置です。マルチスライスCTは、X線検出器をたくさん並べているため、管球が1回転することで複数のスライス画像を作成することができ、体内の様子をより正確に確認することができます。
MR胆管膵管撮影(MRCP)とは
磁力を使って胆嚢や胆管、膵管の画像を撮影する装置です。X線や造影剤を使わない検査なので、体に負担をかけることなく検査を受けることができます。

おわりに:定期的な検査が、膵臓がんを少しでも早く見つける上で大切

がん細胞が小さいうちに膵臓がんを発見できれば、命が助かる可能性が高くなります。家族に膵臓がんを発症した方がいたり、糖尿病や膵炎を発症している場合は、特にCTやMRIといった検査を受けることも視野に入れておきましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

糖尿病(275) 膵臓がん(5) がんを見つける(1) マルチスライスCT(1) MRCP(1)