排卵日がわかると妊娠しやすくなるって本当?

2017/4/10

前田 裕斗 先生

記事監修医師

国立成育医療研究センター フェロー

前田 裕斗 先生

卵子の排卵がいつごろあるかを把握すると、意図的に妊娠したり、あるいは妊娠を避けたりすることができます。月経周期のどの時点で排卵が起こるか、また、それによりいつ妊娠する可能性が高いのかを把握することで、赤ちゃんを迎えるやすくすることもできるのです。

排卵が起きる時期

月経周期の間に、卵子が卵巣から排出され、卵管の中を移動していきます。卵子は排卵の24時間後には死んでしまうので、妊娠するためには24時間以内に精子が卵子と出会わなければなりません。

ただ、これは女性が排卵日にセックスをしなければならないことを意味しているわけではありません。精子はセックスの後数日間卵管の中で生きているので、卵子が排出されたときに受精させることができます。したがって、月経周期を把握し、いつごろ排卵されそうかを予測して、しかるべき時期にセックスすれば、妊娠する可能性を高めることができます。

月経周期は、生理が始まった最初の日から計算し始めます。平均的な周期は28日ですが、これより周期が長い場合も、短い場合もあります。また、排卵は次の生理の10~16日前に起こります。つまり、月経周期を把握して次の生理が始まりそうな日を推測し、そこから逆算して10~16日にあたる期間中にセックスをすれば、妊娠する可能性が高い、ということになります。

避妊

妊娠を避けるためには、避妊をするしかありません。避妊するための方法として、コンドームやピル、子宮内避妊システム(IUS)、銅付加IUD(子宮内避妊用具)などがありますが、コンドームを使うと妊娠と性感染症(STD)の両方を予防することができます。

月経周期を把握すれば排卵日がいつ頃かを推測できますが、その日を正確に知ることはできません。したがって、妊娠を避けたい場合は必ず避妊をしてセックスする必要があります。また、月経周期が短い女性の場合、生理中に避妊しないままセックスをすると妊娠する可能性があります。精子は数日間生き続けますし、生理が終わった直後に排卵する女性もいるかもしれないからです。

妊娠を計画、あるいは避けるために、タイミング法を使用する女性もいますが、この場合専門家の指導を受ける必要があります。指導を受けるまでに、膣分泌液の検査や毎日の体温測定、月経周期の記録をつけ、排卵がいつ起こりそうかを特定するために活用します。
また排卵が近くなると、膣分泌液が糸を引くような、伸びのあるものに変わる、という兆候を目安にする方法もあります。

緊急避妊

避妊せずにセックスした場合や、避妊に失敗していることに気づかずにセックスしてしまった場合、緊急避妊で望まない妊娠を防ぐことができます。

緊急避妊に使われるのは「アフターピル」と呼ばれるものです。これは無防備なセックスをしてから数日以内に服用すると妊娠を防ぐ効果があります。ただし、100パーセント防ぐわけではないため、場合によっては妊娠してしまう可能性があることを覚えておいてください。

おわりに:排卵日を知りましょう

排卵日がいつごろかを知ることは、妊娠したいときはもちろん、今はちょっと……という場合にも役立ちます。また、月経周期を知ることは、自分の体調や心の変化を把握しやすい、ということにもつながります。面倒くさいと思わず、記録をつけるところから始めてみましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

避妊(15) 排卵(7) 緊急避妊(2)