抗コリン薬ってどんな働きを持つ薬なの?

2019/4/17

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

抗コリン薬はアセチルコリンの働きを抑えて症状を改善する薬です。この記事では、抗コリン薬がどのような病気に使われているかを紹介するとともに、考えられる副作用についても解説します。

抗コリン薬とは

抗コリン薬は、腹痛や頻尿、呼吸器系の病気、パーキンソン病などで処方される薬です。副交感神経終末から分泌される伝達物質で、副交感神経を亢進させる作用を持つアセチルコリンの作用を抑えることで症状を改善します。

アセチルコリンは、ムスカリン受容体に結合することでその効果を発揮します。ムスカリン受容体には3種類のサブタイプ(M1受容体[胃や脳]、M2受容体[心臓]、M3受容体[平滑筋や腺])があり、この受容体を遮断することで効果を発揮します。

代表的な抗コリン薬は?

抗コリン薬はさまざまなお薬に使用されています。以下に一例を紹介します。

鎮痙・抗消化性潰瘍薬
  • アトロピン(硫酸アトロピン)
  • ピペリドレート(ダクチル)
  • ブチルスコポラミン(ブスコパン®︎)
吸入気管支拡張薬
  • チオトロピウム(スピリーバ®︎)
排尿障害治療薬
  • フラボキサート(ブラダロン®︎)
  • プロピベリン(バップフォー®︎)
  • オキシブチニン(ポラキス)
  • ソリフェナシン(ベシケア®︎)
  • イミダフェナシン(ウリトス®︎)
抗パーキンソン薬
  • トリフェキシフェナジル(アーテン®︎)
  • レボトパ含有製剤(ネオドパストン®︎、マドパー®︎)
  • アマンタジン(シンメトレル®︎)
抗不整脈薬
  • ジソピラミド(リスモダン®︎)
  • シベンゾリン(シベノール®︎)
  • プロパフェノン(プロノン®︎)
抗ヒスタミン薬
  • d-クロルフェニラミン(ポララミン®︎、セレスタミン®︎配合錠)
  • ジフェンヒドラミン(ベナ®︎)
  • ジフェニドール(セファドール®︎)
  • ヒドロキシジン(アタラックス®︎)
  • フェノチアジン系(ピレチア®︎)
抗精神病薬
  • ハロペリドール(セレネース®︎)
  • クロルプロマジン(コントミン®︎)
抗うつ薬
  • イミプラミン(トフラニール®︎)
  • アミトリプチリン(トリプタノール®︎)
  • マプロチリン(ルジオミール®︎)
  • パロキセチン(パキシル®︎)
  • フルボキサミン(ルボックス®︎)
  • トラゾドン(レスリン®︎)
抗不安薬
  • ジアゼパム(セレナミン®︎・ホリゾン®︎)
  • エチゾラム(エチゾラム)
  • アルプラゾラム(コンスタン®︎)
  • ロラゼパム(ワイパックス®︎)
  • クロチアゼパム(リーゼ®︎)

また、医療用麻薬にも抗コリン薬が使われています。代表的なものとして、モルヒネ(モルヒネ塩酸塩、アンペック®︎、MSコンチン®︎、オプソ®︎)、オキシコドン(オキシコンチン®︎)があります。さらに、風邪などで処方される感冒薬にも抗コリン薬のものがあります。

抗コリン薬で考えられる副作用は?

抗コリン薬で考えられる副作用として、以下のようなものがあります。

  • 口渇
  • 便秘
  • せん妄
  • 排尿障害(尿閉)
  • 視力障害(眼圧上昇、散瞳、緑内障等)
  • 麻痺性イレウス(腸閉塞)
  • 心悸亢進(頻脈)

なお、眼圧上昇やイレウス、尿閉は非常にまれな副作用といわれています。

おわりに:抗コリン薬は、さまざまな疾患に使用される薬です

抗コリン薬はアセチルコリンの作用を遮断して、副交感神経が亢進してしまうことを防ぐことで効果を発揮する薬です。腹痛や頻尿、パーキンソン病などに使われますが、医療用麻薬や風邪薬などにも使われています。副作用は非常にまれですが、中には治療を必要とするほど重度なものもあります。医師の指示に従って内服するようにし、何か異変があった場合には使用を中止して医師へ相談しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

抗コリン薬(12) 抗コリン薬の種類(1) 抗コリン薬の副作用(1)