プロゲステロンってどんな働きをする女性ホルモンなの?

2019/8/27

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。この記事では、女性ホルモンのうちプロゲステロンの働きや役割について、分泌量が過剰に増える・減ることのリスクとあわせて確認します。

プロゲステロンとは

プロゲステロンは、エストロゲンと同様に卵巣で分泌される女性ホルモンです。1カ月のうち、エストロゲンと入れ替わりに排卵後2週間にわたり分泌量が多くなる特徴を持っています。プロゲステロンの分泌量が増えると、子宮内膜を柔らかくして着床と妊娠の発生・継続に備えるほか、以下のような変化も引き起こします。

プロゲステロンの影響による女性の体の変化
体温の上昇、乳腺の発達と乳房の張り、水分をため込むことによるむくみ

妊娠が起こらなかった場合は、プロゲステロンの分泌量は少しずつ減少していき、やがて子宮内膜が剥がれ落ちて月経となります。このように、プロゲステロンはエストロゲンとのバランスよく女性の体に作用することで、規則正しい月経周期を作っているのです。

プロゲステロンは多すぎも少なすぎもNGってホント?

プロゲステロンの分泌量が多くなりすぎた場合、また少なくなりすぎた場合には、それぞれ以下のような症状が現れます。

プロゲステロンの分泌量が、多すぎる場合に起こる症状
  • 食後に低血糖が起こりやすくなる
  • 乳房が張って、痛みを感じやすくなる
  • 腰痛、腹痛、頭痛などが生じる
  • 情緒不安定になり、イライラや気分の落ち込みが起こりやすくなる
プロゲステロンの分泌量が、少なすぎる場合に起こる症状
  • 黄体機能不全症(おうたいきのうふぜんしょう)発症のリスクが高まる
  • 多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)発症のリスクが高まる

上記から、プロゲステロンの分泌量が多すぎると、月経前特有の辛い症状が強く現れやすいことがわかります。

また、特に注意が必要なのは、プロゲステロンの分泌量が少なすぎることによる、黄体機能不全症や多嚢胞性卵巣症候群など婦人科疾患リスクの上昇です。黄体機能不全症とは、プロゲステロンの不足が一因となって子宮内膜が厚くならず、妊娠しづらい、または流産を繰り返してしまう状態を指します。そして、多嚢胞性卵巣症候群は、妊娠に必要な排卵が起こりにくくなる病気で、やはり不妊の原因となり得る疾患です。

プロゲステロンが多い時期の過ごし方は?

排卵が終わり、プロゲステロンの分泌量が多くなる時期は黄体期と呼ばれ、精神の不安定さや体のむくみ、疲労、だるさを感じやすい時期です。このため、いつもより感情のコントロールが効きにくくなったり、体形や肌の調子の維持もどうしても難しくなってしまいます。

ただ、これらは妊娠に必要な女性ホルモンの影響のため、こうした症状が出てしまうことはやむをえないとも言えます。プロゲステロンの影響で上記のような不調を感じるときは、無理せずできるだけリラックスして過ごしてください

プロゲステロンが少なすぎるときは

プロゲステロンの分泌量が少なく、黄体機能不全や多嚢胞性卵巣症候群発症のリスクを感じるときは、以下の方法で状態を改善できる可能性があります

  • 規則正しく排卵させるため、血流を促進して冷え体を温める
  • ホルモンバランスを整えるため、極力ストレスを減らす
  • 上記2点を実現するために、適度に運動してストレス発散し、規則正しく眠る
  • プロゲステロンの材料となるビタミンEを、食事から積極的に摂る

ビタミンEが豊富な食材として、アーモンド、あん肝、松の実、いくら、焼きタラコ、モロヘイヤ、オリーブ、うなぎのかば焼き、かぼちゃ、焼きのり、卵黄などがあります。

体調改善のためなら、ひとまず上記の改善策を行いながら、数カ月ぐらい体調の変化を観察してみましょう。ただし、できるだけすぐの妊娠を希望している場合や、不正出血が見られる場合には、早めに婦人科の医師の診察・治療を受けるのが望ましいです。

プロゲステロン不足を補うため病院で受けられる治療としては、以下が挙げられます。

病院で受けられる、プロゲステロン不足への治療法
ホルモン補充療法、プロゲステロン分泌を促すための注射、卵巣での卵胞発育や排卵を促すための薬剤注射、漢方薬を使った体質改善  など

どの治療法を選択すべきかは、その人の状態や医師の判断により変わってきます。主治医としっかり相談したうえで、治療法を決めましょう。

おわりに:プロゲステロンは、受精卵の着床と妊娠に必要な女性ホルモンです

女性ホルモンのうち、プロゲステロンは排卵を機にエストロゲンと入れ替わり、約2週間分泌されることで妊娠の準備をしています。子宮内膜を柔らかくしたり、体温を上げ乳腺を発達させるなどして、妊娠可能な体の状態を作り出します。ただし、分泌量が多すぎても少なすぎても不調の原因となり、特に少なすぎるときは、不妊症の原因となる可能性も。不足による深刻な不調や不妊が心配なら、早めに病院へいきましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

エストロゲン(31) 女性ホルモン(34) プロゲステロン(14) 多嚢胞性卵巣症候群(9) ビタミンE(17) プロゲステロンの過剰分泌(1) 黄体機能不全症(1)