メタボリックシンドローム

2017/3/17

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

概要

インスリン抵抗性とは?

人の体は、食物のほとんどをグルコース(糖類の一種)に変えます。インスリンは、膵臓によって産生されるホルモンであり、グルコースが体内のすべての細胞に入り、エネルギーとして使われるプロセスを促進します。
中には、体の組織がインスリンに反応しなくなります。医師はこの状態をインスリン抵抗性と呼びます。インスリン抵抗性を持っている場合は、体がたくさんインスリンを作っても、組織はインスリンに反応しないので、体はグルコースを適切に使うことができません。

メタボリックシンドロームとは?

インスリン抵抗性は、糖尿病、高コレステロールおよび高血圧などのほかの病気と一緒になることがあります。これらの問題はすべて、心臓病の危険因子です。これらの症状を同時にいくつも発症している場合に、医師は「メタボリックシンドローム」と診断します。この症状は、 「インスリン抵抗性症候群」または「シンドロームX」と呼ばれることもあります。2型糖尿病を有する人の多くが、メタボリックシンドロームになっています。

原因

メタボリックシンドロームを引き起こす要因の多くが、相互に作用することがあります。カロリーや飽和脂肪を摂取しすぎたり、あまり運動しない人は、メタボリックシンドロームを発症する可能性があります。ほかの原因として、インスリン抵抗性とメタボリックシンドロームの危険因子に関する家族歴があります。

診断

医師は身体検査と血液検査を行います。次のうち少なくとも3つに該当すれば、メタボリックシンドロームを診断することができます。これらのリスクファクターが多いほど、心疾患のリスクが高くなります。
・体重が過体重または肥満で、お腹まわりに肉がついている
これは男性の場合、腹囲約85センチ以上、女性の場合は約90センチ以上が目安となります。
・正常な血圧より高い(130/85 mm Hg以上)
・血中に通常よりも多い量の血糖がある(110 mg / dL以上の空腹時血糖)
・血中の脂肪量が通常より多い(トリグリセリドレベルが150mg / dL以上)
・通常の高密度リポタンパク質(HDL)コレステロールレベル(HDLレベルが40mg / dL未満)よりも低い。
HDLコレステロールは「善玉」コレステロールです。

治療

健康的なライフスタイルはメタボリックシンドロームの予防に役立ちます。 これには、過体重の場合に体重を減らし、もっと運動し、健康的な食事を食べることなどが挙げられます。また、喫煙している場合は、禁煙する必要があります。
すでにメタボリックシンドロームになっている人は、これらの健康的なライフスタイルを選択することで、心臓病やその他の病気のリスクを軽減できます。 ライフスタイルの変化だけでは高血圧などの心臓病のリスク要因をコントロールできない場合、医師は薬を処方して手助けすることがあります。

健康な体重を維持する

医師は体格指数(BMI)を測定して身長と体重を測定することができます。太り過ぎの場合は体重を減らす計画を立て、健康的な食事と定期的な身体活動を通して体重を維持するのを手助けすることができます。

もっと運動をする

活動的でないことは、心臓病の最も大きなリスク要因の1つです。定期的に何らかの運動をすることが重要です。特に、しばらく運動していない場合は、かかりつけ医と相談して始めてください。歩くなどの軽い運動から始める必要があるかもしれません。その後、徐々に激しい運動や長時間の運動へと進めることができます。多くの人にとって良い目標は、週に4~6回、1回あたり30~60分間運動することです。1週間に最低120分運動するのが健康に良いです。医師は、自分に合った目標を設定するのを手助けすることができます。

健康的な食事を摂る

運動と組み合わせると、健康的な食事は体重を減らし、コレステロール値を下げ、体の機能を改善するのに役立ちます。 食物繊維が多い食品は、食事に規則的に取り入れなければなりません。  また、食事中の飽和脂肪、トランス脂肪、ナトリウム(塩)、砂糖の量を制限し、果物、野菜、全粒粉のパンを毎日数回食べましょう。

禁煙する

喫煙している場合、医師は、禁煙のための計画を立て、再び吸わない方法をアドバイスします。 タバコを吸っていない場合は、これから吸おうとしないでください!

医師に相談するための質問

・2型糖尿病がありますが、メタボリックシンドロームを持っている可能性はありますか?
・メタボリックシンドロームを持っています。 糖尿病について検査すべきですか?
・食事方法を変えることについて栄養士と話すべきですか?
・どのような運動がために最適ですか?
・メタボリックシンドローム解消のために服用すべき薬はありますか?
・母は糖尿病です。 私はメタボリックシンドロームを発症するリスクが高いですか?

この記事に含まれるキーワード

禁煙 BMI メタボリックシンドローム 過体重 インスリン抵抗性 HDLコレステロール