腸重積症

2017/3/21

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

概要

腸重積症は腸内の深刻な問題で、 腸重積が発生すると、腸の一部が別の部位にスライドし、 折りたたみ式のチューブのように折り畳まれます。

畳まれて重なる部分ができることによって詰まりが生じ、腸が正常に機能しなくなります。

症状

腸重積症の症状には以下のものがあります

・重度の腹痛(15〜20分間続くことがあります)
・腹部の腫れ
・嘔吐
・過敏
・血便
・熱

腸閉塞は緊急事態で、そのまま放置すると、感染や死亡などの重篤な合併症を引き起こす可能性があります。

原因

腸重積症はほとんどの場合、原因は不明です。まれに虫垂炎、腫瘍またはポリープによって引き起こされることもあります。

発症する年齢

3ヶ月~3歳の小児の腸閉塞の最も一般的な原因となり、 ほとんどの腸重積症例は、1歳未満の乳児に起こります。 理由は不明ですが、男子のほうがより頻繁に罹患します。腸重積症は年齢の高い子供および成人でも起こりますが、非常にまれです。

診断

診断は、症状を診療し、身体検査を行います。また 腸重積が症状を引き起こしているかどうか超音波で検査することがあります。

治療

たいていの場合、腸重積症は空気浣腸で矯正します。 小さなチューブを通して直腸に空気を入れ、空気で折り畳まれた腸を元の場所に戻し、詰まりを解消します。

また、医師は腹部のX線を撮り、処置が有効かどうかチェックします。 抗生物質は通常必要ありません。 腸の詰まりが治まらない場合、腫瘍またはポリープが原因である場合、手術が必要になることがあります。

腸閉塞は緊急事態です。子供に腸重積症の症状がある場合は、すぐに医師に相談してください。 治療せず放置すれば、重度の合併症を引き起こす可能性があります。

合併症

迅速な治療でほとんど場合、腸重積症は完全に治ります。 迅速に治療しない場合、感染などの合併症が起きることがあり、その場合は腸の一部を外科的に取り除かなければなりません。 子供に腸重積症の症状がある場合は、すぐに医者の診断を受けるのが重要です。

医師に質問するための事項

・手術前の子供を気楽にするために何ができますか?
・手術にはどんなリスクがありますか?
・空気注腸とは何ですか?
・子供は手術後に正常な生活を送ることができますか?
・腸重積症が再び起こる可能性はありますか?
・子供に腸重積がある場合、兄弟も発症する可能性がありますか?

この記事に含まれるキーワード

腸重積症 虫垂炎 ポリープ 腸閉塞 空気浣腸