複合性局所疼痛症候群

2017/3/22

概要

複合性局所疼痛(とうつう)症候群は、怪我の後に起こる重度の痛みです。 それは通常、腕や脚に起こりますが、体のほかの領域でも起こります。

まれに、この症候群は手術、心臓発作、脳卒中または他の医学的問題の後に発症します。

痛みは灼熱感として説明されることがあり、怪我のために予想されるよりもはるかに悪く、医師は、この状態を交感神経性ジストロフィー(Reflex sympathetic dystrophy;RSD) または灼熱痛と呼ぶこともあります。複合性局所疼痛症候群の原因は不明です。

症状

複合性局所疼痛症候群の症状には、以下が見られます。

・怪我の治療から長い期間が経って尚、患部(通常は腕、脚、手または足)の痛みや、燃えるような感覚がある。
・患部の皮膚は触っても柔らかく、腫れていて、暑いまたは寒い気温に非常に敏感である
・肌の色に変化が見られる(皮膚はしばしば赤、青、白に変わります。)
・皮膚の質感に変化が見られる(患部の皮膚が薄くなったり光沢がある場合があります。)
・関節の硬直と痛みがある
・筋肉の痛みと筋力低下が見られる
・患部の可動性が喪失する

診断

痛みの症状と身体検査に基づいて診断を行います。 複合性局所疼痛症候群を診断することができる特定の検査はありません。また、皮膚の温度と体内のある領域にどのくらいの血液が流れているかを確認するための検査を行う場合があります。

患肢と侵されていない対側の肢との間の結果に大きな違いがある場合、医師は複合性局所疼痛症候群と診断することがあります。 磁気共鳴イメージング(MRI)検査は、患肢の組織の変化を示すことができます。

治療

薬は効果が期待できます。 時には薬の組み合わせが必要な場合もあり、複合性局所疼痛症候群の痛みを治療するためにいくつかの医薬品が使用されています。

医師は、痛みや炎症を軽減するために市販の非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)を服用することを勧めるでしょう。 これらの医薬品には、アスピリン、イブプロフェンおよびナプロキセンが含まれます。

痛みがひどい場合、特定の神経をブロックする鎮痛剤や、 腫れや痛みの緩和にステロイドを使うことがあります。また、うつ病および発作に使用される医薬品には、慢性的な痛みに効果的なものもあります。

ほかの治療法

痛みの信号を遮断するために、注射によって、麻酔薬(鎮痛薬)を特定の神経に注入することです。効果があれば、繰り返し行うことが可能です。

心理学療法やカウンセリングも役に立ちます。 しかし、ある人に効果がある治療でも別の人には効かないかもしれません。 各人に個別の治療計画を立てなければなりません。

早期治療は症状が消えますか?

早期治療では、複合性局所疼痛症候群が悪化するのを防ぐことができ、状況が改善することがあります。 治療が早期に開始されると、症状が完全に消失することがあります。

しかし、長期間持続した重度の症状を有する人は、治療に応答しないことがあります。 これらの人は、特に慢性的な痛みに対処することを目的とした疼痛管理プログラムが役に立つ可能性があります。

医師に質問するための事項

・痛みの原因は何でしょうか?
・怪我が治癒しているなら、どうして痛みが続きますか?
・検査は必要ですか?
・最良の治療法は何ですか? 薬が必要ですか? 理学療法ですか? カウンセリングですか?
・いつ痛みを軽減することができますか?
・ヨガや鍼治療などの代替療法は、痛みを和らげますか?

この記事に含まれるキーワード

ステロイド アスピリン 複合性局所疼痛症候群 NSAID MRI 灼熱痛