細菌性膣炎(BV)

2017/3/28

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

概要

細菌性膣炎は、細菌(ばい菌)によって引き起こされる膣内の軽度の感染症です 。膣には通常、乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)と呼ばれるたくさんの良い細菌と、嫌気性菌と呼ばれる他の数種の細菌がいます。嫌気性菌が多くなると、細菌性膣炎の原因となります。

症状

膣の排出液(分泌液)によって気づくことがあります。 排出液は、透明または色がついていることもあり、色は非常に明るかったり暗い色をしていることもあります。また、魚臭いにおいがすることがあります(特に性交後)。何の症状もない細菌性膣炎の女性も一部います。

原因

細菌性膣炎は、膣内にある細菌の過剰増殖で発症します。研究で原因は完全に解明されていませんが、膣洗浄や不特定多数の性交渉相手を持つなどの活動は、細菌性膣炎のリスクを高める可能性があります。性的に活発な女性に顕著にみられますが、性的に活発でない女性でも起こります。しかし、セックスパートナーの治療は必要ありません。

診断

医師は膣の検査と、綿棒を使用して採取した排出液を検査します。

治療

感染が治療されない場合、細菌は子宮または卵管に入り込み、より深刻な感染症を引き起こす可能性があります。 細菌性膣炎を治療することは、このリスクを低下させます。 妊娠している場合は特に治療が重要です。
治療方法はいくつかあります。 内服用の錠剤、または膣に入れるクリーム(またはゲル)を処方されるかもしれません。 医師の指示どおりに薬を使うことが重要です。
メトロニダゾールまたは他の薬を処方された場合、服用時、またはその後24時間、アルコールを飲まないでください。 アルコールとこれらの薬を組み合わせると、吐き気や嘔吐を引き起こすことがあります。 メトロニダゾールを服用している場合、咳止めシロップに含まれる少量のアルコールでさえ悪心(おしん)や嘔吐の原因となります。 現在服用している他の薬について医師に伝えてください。

医師に相談するための質問

・細菌性膣炎の原因は何ですか?
・性感染症の検査などが必要ですか?
・検査結果は?
・どの治療方法をとるべきですか?
・薬が必要ですか? どのように服用しますか?
・いつ症状は治まりますか?
・セックスパートナーに治療は必要ですか?
・セックスをするのは安全ですか?

この記事に含まれるキーワード

感染症(40) 細菌性膣炎(2) 細菌(27) メトロニダゾール(6) BV(1) 膣内(1)