抗ヘルペスウイルス薬は市販されている?購入する際の条件は?

2019/10/19

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

ヘルペスウイルスは、帯状疱疹や口唇ヘルペスを引き起こすウイルスです。治療には主に抗ヘルペス薬が使用されますが、薬局などでも購入できるのでしょうか。今回は抗ヘルペスウイルスが市販されているのか、またその種類や使用上の注意点について、紹介していきます。

抗ヘルペスウイルス薬は市販されている?

帯状疱疹や口唇ヘルペスなど、ヘルペスウイルスが原因の皮膚疾患には、以下のような抗ヘルペスウイルス薬が投与されます。

初感染、中等症の場合には…
アシクロビル、バラシクロビル  など
重症、または免疫不全者の場合には…
アシクロビル、ビダラビン  など

ただし、上記のような抗ヘルペスウイルス薬では、ウイルスそのものを退治することができません。あくまでウイルスの増殖を抑える目的で使用されるため、症状や状態に合わせ、飲み薬・塗り薬のどちらかを選択、または併用して治療していくことになります。

飲み薬・塗り薬の抗ヘルペスウイルス薬いずれも、基本的には医師から処方してもらうべきものですが、一部の塗り薬は市販薬としても販売されています。

ただし、市販の抗ヘルペスウイルス薬は、過去に1度以上、医療機関からヘルペスウイルスが原因の疾患と診断されたことのある人のみ入手できるものです。初めて帯状疱疹や口唇ヘルペスを発症した人が、医師の診断受けずに自己判断で購入・使用することはできませんのでご注意ください。

市販の抗ヘルペスウイルス薬にはどんなものがあるの?

薬局などで購入できる抗ヘルペスウイルス薬3種類の名称・特徴をご紹介します。

アラセナS®

ビダラビンを主成分とした塗り薬です。患部に1日1~4回塗布することで症状の改善を期待できる薬で、軟膏タイプとクリームタイプから、好みの使い心地の方を選べます。

ヘルぺシア®クリーム

アシクロビルを主成分とした塗り薬です。ヘルペスウイルスの増殖を抑える作用があるので、再発の前兆を感じた段階で塗布しておくことで、帯状疱疹や口唇ヘルペスの再発を防いでくれます。

アクチビア®軟膏

アシクロビルを主成分とした塗り薬です。ヘルペスウイルスに作用し増殖を防ぐ一方で、肌を保護するマクロゴールという成分も含んでいるので、比較的肌への負担が少ないのが特徴です。

市販の抗ヘルペスウイルス薬を使うときの注意点は?

以下に、市販の抗ヘルペスウイルス薬を使用する際の注意点をご紹介します。

  • 1日数回の塗布を10日程度続けるのが、使用の頻度・期間の目安と考える
  • 使用する際は口の周りと手を良く洗って、患部を清潔にしてから塗布する

薬の塗布は、以前に口唇ヘルペスを発症したときに感じたかゆみや違和感が皮膚に生じた時点で、早めに開始しましょう。使っていくうちに患部が乾燥してかさぶたになってきたら、使用を止めてOKです。

また、市販の抗ヘルペスウイルス薬には、帯状疱疹に対しては効果があわられにくい傾向がみられます。帯状疱疹を再発した場合は、安易に市販薬を使うのではなく、医療機関に行って症状に合った薬を処方してもらいましょう。

おわりに:口唇ヘルペスの市販薬は、再発した場合のみ入手できます

ヘルペスウイルスの増殖を抑える作用のある抗ヘルペスウイルス薬のうち、塗り薬タイプのものは市販薬として購入できます。また、抗ヘルペスウイルスの市販薬は、過去に発症したことがある人だけが購入でき、初めての人は手にすることができません。また、再発の方であっても、重症の場合や市販薬を使ってもよくならない場合は病院へ行きましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

口唇ヘルペス(17) 帯状疱疹(32) 抗ヘルペス薬(1) 抗ヘルペス薬の市販薬(1)