食欲不振のときでも食事は摂るべき?おすすめの食べ物は?

2019/1/20

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

心身の疲れから「食べたいのに食べられない」「食べる気力がわかない」など、一時的に食欲不振の状態になることは意外と多いかもしれません。このようなとき、無理してでも何か食べた方がいいのか、どんなものを食べればいいのか、悩んだ経験を持つ人も多いのではないでしょうか。この記事では、食欲不振のときの食事と、病院に行くことの必要性について解説します。

食欲不振のときでも、何か食べたほうがいい?

食欲不振は心身、特に消化器官が疲弊し弱っているときに現れやすい、体からのSOSです。このため、食欲がないのに無理して普段通りの回数・内容で食事を摂ると、消化器官にさらなる負担がかかって体調悪化を招く可能性があります。

食欲不振を自覚しているときは、無理に規則正しく食べるより、1食抜いたり、1回の食事量や内容を変えるなどして、消化器官を休ませることを優先しましょう。こうすることで、体が食べ物の消化よりも細胞の修復・維持のための代謝にエネルギーを使えるようになるため、体調が回復しやすくなります。

何か食べておかないとまずい場合は?

食欲不振でも、これから仕事や外出の予定があり、集中して作業するために「何か食べておかなければならない」といった状況が出てくるかもしれません。そのようなときは、自分が食べやすいものを、無理せず食べられる量だけ口に入れるとよいでしょう。もし、1回の食事で十分に食べられない場合は、回数を分けて少しずつ食べればOKです。

なお消化器官への負担を考えると、比較的柔らかく脂肪が少なくて消化しやすい、タンパク質や炭水化物、ビタミン・ミネラルを多く含む食事がおすすめです。具体例として、以下のような食品・料理を挙げることができます。この中から好きなもの、食べられそうなものを選びましょう。

  • うどん、おかゆ、雑炊、パンがゆ
  • ささみ、胸肉、鶏ミンチなど、脂身の少ない部位の鶏肉
  • 白身魚、はんぺんなどの脂身の少ない魚や魚介製品
  • 半熟卵、卵豆腐、卵スープ
  • 豆乳、豆腐
  • 温めた牛乳、ヨーグルト
  • 柔らかく煮たにんじん、大根、カブなどの根菜、キャベツやかぼちゃ
  • バナナ、缶詰の果物、すったり裏ごしして食べやすくした果物
  • プリン、ゼリー、ボーロ など

食欲不振は時間が経てば治る?

食欲不振の原因は人によってさまざまですが、大きく以下4つに分けることができます。

心因性
ストレスやうつ病など、精神的原因や疾患によるもの
機能性
慢性、または急性の消化器官の機能低下によるもの
器質性
がんや甲状腺疾患、消化器官の病気などによるもの
薬剤性
服用している薬の副作用の一部として起こっているもの

食べすぎや疲労、治療などで一時的に機能性・心因性の食欲不振を起こしている場合は問題ありませんが、長引く場合は心身の病気が原因の可能性も考えられます。

心身の病気が原因の食欲不振の場合、放置しておくと命にかかわる事態になる可能性もありますから、早めに原因を特定し、適切な治療を開始することが大事です。心当たりもないのに、食欲不振が4~5日以上続いている場合は、内科や消化器科の病院で一度診てもらってください。

おわりに:食欲不振のときは無理して食べなくてもOK。でも、食べるなら消化に良いものを!

食欲不振が現れるのは、消化器官をはじめ、体が疲れていて体調が悪いときが多いです。このため、無理して規則正しく食事をするよりも、体調を優先して無理なく食べられそうな内容と量・回数で食事をし、胃を休ませるのが賢明です。なお、4~5日以上続く食欲不振には、一時的な疲労や不調ではなく、心身の病気が潜んでいる可能性が考えられます。長く食欲不振が続くようなら、早めに病院で診てもらいましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

食欲不振(28) 食欲不振の原因(4) 食欲不振のときの食事(1)