副腎皮質ステロイドってどんな薬?副作用や使用上の注意は?

2019/12/17

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

ステロイドという薬の名前は、非常によく知られています。しかし、なんとなく怖い薬というイメージが先行してしまい、なぜその薬が作られたのかといった効能の部分や、実際にどんな副作用が起こるのかについてはあまりよく知られていないのではないでしょうか。

そこで、この記事では副腎皮質ステロイド薬について、どのような疾患に使われるのか、実際に起こりうる副作用にはどのようなものがあるのかなどをご紹介します。

副腎皮質ステロイド薬とは

ステロイドとは、副腎という両方の腎臓の上部にある部分で作られる「副腎皮質ホルモン」の一種です。このステロイドホルモンを薬剤として使うと、体内の炎症を抑えたり、免疫力を抑制したりする作用があるため、さまざまな疾患の治療薬として使われます。しかし一方で、副作用も多いため、使用にあたってはリスクと効能を十分に検討しなくてはなりません。

副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)には、アルドステロン(電解質コルチコイド)・コルチゾール(グルココルチコイド)・アンドロゲン(男性ホルモン)などが含まれます。しかし、治療薬として使われるステロイド(副腎皮質ステロイド)のほとんどは「糖質コルチコイド」というホルモンです。

副腎皮質の疾患の診断や、ホルモンが足りない人の補充療法に使われるほか、抗炎症薬・免疫抑制剤として副腎以外の疾患に対して使われます。ステロイド薬が使われる主な疾患には、以下のようなものがあります。

自己免疫疾患
関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなど
呼吸器疾患
気管支喘息、サルコイドーシスなど
消化器疾患
潰瘍性大腸炎など
肝機能・腎機能障害
重症の肝炎、ネフローゼ症候群など
神経疾患
多発性硬化症など
血液疾患
特発性血小板減少性紫斑病、急性リンパ性白血病など
内分泌疾患
アジソン病など
アレルギー疾患
アナフィラキシーショック、アトピー性皮膚炎など

例えば、自己免疫疾患やアレルギー疾患では、本来、自分の身体を守ってくれるはずの免疫機能が自分自身を攻撃してしまいますので、免疫機能を抑制する薬として働きます。一方で、潰瘍性大腸炎のように大きな炎症が起こっている場合には、炎症を鎮める薬として働きます。このように、副腎皮質ステロイド薬は疾患によって体内でさまざまな働きをしているのです。

副腎皮質ステロイド薬はどんなふうに使われるの?

副腎皮質ステロイド薬を使った治療法は2種類あり、少量を継続的に内服する「経口ステロイド療法」と、大量のステロイドを注射で投与する「ステロイドパルス療法」です。

経口ステロイド療法
  • プレドニゾロン(PSL)という薬剤が使われることが多い
  • 通常、20~60mg/日程度から開始し、2〜4週間ごとに5~10mgずつ減量していく
  • 20mg/日以下の量から始めたときは、さらにゆっくりと減量していく
  • 毎日飲む方法と1日おきに飲む方法があり、後者の方が副作用は少ないとされる
ステロイドパルス療法
  • メチルプレドニゾロン500~1,000mg/日の点滴注射を3~5日間行う
  • 上記を1クールとし、必要に応じて1~2週間おきに3クール程度まで行われる

パルス療法は、一度に大量のステロイドを点滴投与することで一気に血中濃度を上げ、経口ステロイド薬よりも早く効果を発揮させようとする治療法です。メチルプレドニゾロンを点滴投与した場合、血中濃度が上がるのも早いですが、血中半減期も1〜3時間程度と早いため、血中濃度がまた一気に下がりやすいという性質があります。

そこで、疾患によって、あるいは病状によってはパルス療法の後、血中濃度を維持するため、経口ステロイド薬を併用することもあります。しかし、パルス療法を使用した場合は、その後の後療法としての経口ステロイド薬を通常よりも少なめに設定でき、副作用を抑えられるというメリットがあります。

後療法においても、通常の経口ステロイド療法においても、ステロイドを長期服用した際の安全性については確立されていませんので、副腎皮質ステロイド薬の使用はできるだけ短期間に抑えられるような治療を行うことが推奨されます。

副腎皮質ステロイドの副作用や、使用上の注意点は?

副腎皮質ステロイド薬の副作用は非常に多岐に渡っていて、以下のようなものが挙げられます。しかし、これらの副作用が必ずしも全員に起こるものではなく、疾患・ステロイドの量・投与期間によってさまざまですから、気になる症状があった場合はすぐに医師に相談しましょう。

易感染性
  • 免疫機能を抑制することから、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなる
  • 投与量が多い場合は、感染予防の薬を併用することも考慮される
  • 日頃から手洗い・うがい・マスクの着用・人混みを避けるなどの注意が必要
骨粗鬆症(ステロイド骨粗鬆症)
  • 骨密度が減って骨がもろくなり、圧迫骨折・大腿骨頸部骨折などが起こりやすくなる
  • 予防のため、骨を破壊する働きを抑える「ビスホスホネート薬」を併用することも
糖尿病(ステロイド糖尿病)
  • 糖を合成する働きを高めるため、血糖値が上がる
  • ステロイドの投与量が多いほど血糖値が上がるため、食事療法が不可欠
  • 場合によっては、薬による糖尿病治療が必要になることも
消化性潰瘍(ステロイド潰瘍)
  • 消化管の粘膜が弱まり、潰瘍ができやすくなる
  • 胃酸の分泌を抑制する薬や、胃の粘膜を保護する薬を予防的に内服することがある
血栓症
  • 出血を止める「血小板」の働きを高めるため、血管内でも血が固まりやすくなる
  • 予防として、血液をサラサラにする抗血小板薬を内服することも
精神症状(ステロイド精神病)
  • 不眠症・多幸症・抑うつ状態など、精神症状が現れることがある
  • ほとんどが軽度なため、ステロイド薬を減量していけば、後遺症などを残さず治る
満月様顔貌(ムーンフェイス)、中心性肥満
  • 食欲の亢進と脂肪の代謝障害の両方が起こるため、カロリー制限など食事内容に注意する
  • ステロイド薬を減量していけば、これも自然と改善されていく
動脈硬化・高脂血症
  • 前述のように脂質が代謝されにくくなるため、コレステロールや中性脂肪が高くなることもある
  • 動脈硬化が促進されることもあるため、必要に応じてコレステロールや中性脂肪を下げる薬を内服する
高血圧症・むくみ
  • 体内に塩分が溜まりやすくなるために起こるので、塩分の摂りすぎに気をつける
白内障(ステロイド白内障)
  • 視界が白く濁る「白内障」の進行を早めることがある
  • ステロイドを長期内服するときは眼科で定期検査を行い、必要に応じて点眼薬で予防する
緑内障(ステロイド緑内障)
  • 眼球の圧力が上がる「緑内障」になることがあるが、自覚症状はほとんどない
  • 起こる場合はステロイド薬開始後数週間以内に起こる。ステロイドを減量・中止すれば改善される
副腎不全(ステロイド離脱症候群)
  • 体内で作られ分泌されるステロイドホルモンは、プレドニゾロン換算で2.5〜5mg程度
  • それ以上の量を長期に内服していると、副腎皮質からステロイドホルモンが分泌されなくなる
  • その状態で急にステロイド薬を中止すると、体内のステロイドホルモンが急激に不足する
  • 倦怠感・吐き気・頭痛・血圧低下などの症状(ステロイド離脱症候群)が現れる
  • 自己判断で内服を中止しないよう、減量や中止を希望するときは必ず医師に相談する
ステロイド痤瘡
  • ニキビができやすくなることがある。ステロイド薬の減量で改善する
大腿骨頭壊死(無菌性骨壊死)
  • 血流が低下することで、大腿骨頭の一部の骨組織が死んだ状態になる
  • ステロイドを大量に投与すると、ごくまれに起こることがある
  • ステロイド薬投与後、数ヶ月以内に股関節の痛みで発見されることが多い
  • 骨壊死が起こっただけでは痛みがなく、潰れることで痛みが発生するため、発生から発見までにタイムラグがある
  • できるだけ早期発見が重要なため、痛みや違和感を感じたらすぐ病院へ
その他に考えられる副作用
  • 増毛・脱毛・月経不順・不整脈・ステロイド筋症などが見られることがある
  • これらはいずれもステロイド薬を減量・中止すれば改善される

副腎皮質ステロイドホルモンには、免疫を抑制する作用があります。これは自己免疫疾患などの症状を改善するという効能の面と、免疫機能を下げることで雑菌やウイルスなどの侵入を許しやすくなっている、という副作用の両面があります。ですから、ステロイドの投与中は通常よりも手洗い・うがい・マスク着用などの予防対策を徹底するとともに、必要がなければ人混みを避けるなどの工夫も必要です。

ステロイド薬には血糖値を上げる作用や、脂質の代謝を阻害する作用もあることから、糖尿病・高脂血症・動脈硬化などの生活習慣病に似た症状が出ることがあります。これらの予防策は生活習慣病対策と同じで、まずは食事療法からスタートしましょう。ステロイド薬によって引き起こされたこれらの症状は、ステロイド薬を減量すれば改善されます

また、服用中に注意することは以下の2点です。

  • 自己判断で突然内服を中止しない
  • 身体にストレスがかかるときは事前に主治医に相談する

まず、前述の副作用で、急に薬の服用を止めると「ステロイド離脱症候群」という症状が出ることがあると説明しました。自己判断で内服を中止してはならない理由はまさにこの離脱症候群によるもので、長期に渡って外部からステロイドホルモンを供給されていた身体はステロイドホルモンの分泌を止めてしまいます。

そのため、ステロイドホルモンを止めるときには、様子を見ながら少しずつ減量していかなくてはなりません。このタイミングも含め、医師の判断が必要です。決して自己判断で勝手に中止したり、減量を始めたりしないようにしましょう。

また、身体にかかるストレスとは、手術・抜歯などで身体にかかる負担のことを言います。このように身体に大きな負担がかかるときは、ステロイド薬の増量が必要になることがありますので、行う前に必ず主治医に相談しましょう。

おわりに:副腎皮質ステロイドは炎症や免疫機能を抑える薬です

副腎皮質ステロイド薬とは、人間の体内でも分泌されるステロイドホルモンを薬として利用するものです。体内の炎症を抑えたり、免疫を抑制したりする作用があり、自己免疫疾患やアレルギー疾患、呼吸器疾患、消化器疾患など、さまざまな疾患の治療に使われます。

副作用も多いことはよく知られていますが、とくに免疫機能を抑えてしまうことから感染症にかかりやすくなります。手洗いやうがいなどの予防対策をしっかりしましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

副腎皮質ホルモン(8) 副腎皮質ステロイド薬(4) ステロイドパルス療法(7) 糖質コルチコイド(2)