高齢者におやつを用意する目的って?おすすめのおやつは?

2020/2/5

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

おやつといえば「3時のおやつ」が一般的です。おやつタイムは子供の頃に欠かせないお楽しみだったと思いますが、高齢者にとっても大切な時間であることが知られるようになってきました。この記事では、おやつが高齢者にとって大切な理由やおすすめのおやつをご紹介します。

高齢者のおやつにはどんな目的があるの?

高齢者が毎日元気に過ごすためには、栄養状態が良いことも必須条件です。しかし、その一方で、高齢になるにつれて食が細くなりやすいため、食事が進まない日でも「食べなければ」と負担に感じてしまうこともあります。そこで、食生活の補助的な役割として「おやつ」を導入するのがおすすめです。

おやつはメインの食事とは異なり、甘いもの、塩気の効いたもの、サクサクしたもの、プルプルしたものなど、味も食感もさまざまです。そのため、メインの食事にはない食感の楽しさや、見た目の飾りつけや配色などの自由さを通じ、日々の食生活に潤いを与えてくれます。

食事と比較すると、おやつの重要さは認知度やその必要性がまだまだ十分に知られていませんが、高齢者のおやつは単に甘いお菓子という以上に、食生活を補助するための重要な役割があります。

実際、老人ホームなどの施設では「おやつに関するレクリエーション」として徐々に広まりつつあります。介護食は食べる側だけでなく、作り手側にとっても手間がかかり、作り方が難しいというイメージもあるため取り組みづらいものですが、おやつを応用した介護食からスタートすれば、ハードルを下げて取り入れることができます。

たとえば、ゼラチンでとろみをつけて飲み込みやすくする、メレンゲでふわふわに仕上げて食べやすくするなども介護食のひとつと言えます。作り手も食べる側も楽しみながらできる「おやつ介護」は、単なるお菓子以上の役割を持つ大切な補助食となります。

1食あたりのカロリーの目安は?

代表的な高齢者向けのおやつのカロリーを以下にご紹介します。

オレンジゼリー
71kcal
スイートポテト
112kcal
カスタードプリン
134kcal
おはぎ
127kcal

1食あたり、だいたい100〜150kcal前後のものが多いと言えます。ここでは加工品をご紹介しましたが、果物や野菜など、不足しがちな食物繊維やビタミン類を補うのもおすすめです。りんごを飾り切りにしたり、季節の果物を取り入れたりすれば見た目にも楽しめますし、コミュニケーションのきっかけにもなります。

また、おはぎには粒餡とこし餡があります。嚥下能力に問題がない人は粒餡、飲み込みづらい人はこし餡というように使い分けると、同じメニューを一緒に楽しむことができます。

高齢者にはどんなおやつがおすすめ?

高齢者のおやつは食事補助の役割も持っているため、目的に応じてさまざまなものを選ぶことができます。ここでは例として、栄養補給を目的とする場合、水分補給を目的とする場合、楽しむことを目的とする場合の3つに分けてご紹介します。

栄養補給が目的の場合
  • 食べてもらうことが目的のため、できるだけ負担なく食べられるものを選ぶ
  • 高カロリーのブロック菓子、ドリンク、ヨーグルト、ゼリーなどがおすすめ
  • ヨーグルトの場合、お見舞いにもらった果物があれば入れてあげるとさらに良い
水分補給が目的の場合
  • 素直に飲んでもらえないこともあるので、介護者のアイデアが大切
  • 糖分接種制限があるという場合は、人工甘味料を使ったゼリーがおすすめ
  • 嚥下困難だが、お茶しか飲めないという人には、とろみをつけたお茶がおすすめ
  • 若い頃から冷たいものを飲む習慣がなかったという人には、ぬるま湯のゼリーなどが好ましい
楽しむことが目的の場合
  • ひな祭りのあられ、子どもの日のちまき、クリスマスケーキなどがおすすめ
  • 節分には落花生で豆まきをし、その後からをむいてみんなで食べるのもよい
  • 季節やイベントに合わせたお菓子を、雰囲気ごと楽しむ

おやつを用意するときの注意点は?

高齢者にとっておやつの持つ栄養素や水分、楽しさが重要とはいえ、頻繁に用意すればよいというわけでもありません。以下の4つのポイントには注意しながら、おやつを取り入れていきましょう。

摂取カロリーを考慮する
  • 1日に必要なカロリーは、高齢者一人ひとりの身体状況で決まっている
  • 現役世代と同じようにおやつを食べると栄養過多になって肥満の原因にもなることがある
  • 看護師や栄養士など専門家と相談の上、連携を取りながらおやつのメニューを考えることが大切
食事の時間との兼ね合いに気をつける
  • おやつで満腹になって肝心の食事が食べられない、といったことがないよう気をつける
  • 入浴後の水分補給の際、つけ合わせとしておやつを食べるのも良い
  • レクリエーションやリハビリテーションの後に合わせておやつ休憩を設けるのもおすすめ
賞味期限に注意する
  • 家族やお見舞いの人が持ってきてくれたお菓子は、賞味期限ぎりぎりなこともある
  • 提供する前に、改めて賞味期限の確認をする
  • 施設で作ったお菓子や水分補給用のゼリーなども、必ず製造日を書いておく
  • 定期的に冷蔵庫の中をチェックし、清掃する
喉につまらないようよく見ておく
  • おやつだけに限らず、高齢者の食事には注意が必要
  • 施設内でのおやつタイムには、必ず職員がそばで様子を見ておく

おやつは栄養を補助できる反面、砂糖が多いお菓子も多く、どうしてもカロリーや糖質が高くなりやすい傾向にあります。そのため、量を少なめにするなど、カロリーの摂りすぎにならないような工夫が必要です。また、おやつだけで満腹になってしまい食事が食べられない、といったことがないように時間を調整することも大切です。

このようなことに気をつければ、おやつの時間は楽しいものです。提供者にとっても高齢者にとっても楽しい時間になるよう、少しだけ気をつけながらおやつを楽しみましょう。

おわりに:高齢者のおやつは食生活の補助であり、心の潤いにもなります

高齢になればなるほど、たいていの人は食が細くなり、食事で十分な栄養補給がしきれないこともあります。そこで、水分や食物繊維・ビタミンなどの補助として、エネルギーの補給として、おやつを取り入れると良いでしょう。

また、おやつは見た目や食感が楽しく、季節の行事と結びつけて雰囲気ごと楽しめるというメリットもあります。ぜひ、機能的な意味合いだけではなく、高齢者と一緒におやつの時間を楽しみましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

高齢者(101) 間食(6) 高齢者のおやつ(1)