高齢者がリハビリに取り組むメリットは?どんな方法がある?

2020/1/26

山本 康博 先生

記事監修医師

MYメディカルクリニック横浜みなとみらい 院長 東京大学医学部卒 医学博士 呼吸器内科専門医

山本 康博 先生

健康的に生きるうえで「QQL(クオリティオブライフ)」はとても大切です。高齢者は病気や怪我をきっかけに要介護の状態になることがあり、ご自身が望む自立した生き方に影響を与える場合があります。治療方法などについてどのような選択をするかは、QQLに深く関わります。この記事では、高齢者のQQLについて紹介します。

高齢者がリハビリに取り組む目的は?

高齢者の方は若い世代と比較して、病気や怪我になる可能性が高いといえます。回復まで時間がかかったり、元通りに回復しない場合も多くみられるようになります。

従来の臓器疾患治療では、救命、延命を第一義的に考えた高齢者治療が行われてきました。命を救うという重要な目的をもって臓器の回復を試みますが、手術や入院の長期化は筋力低下、生活機能低下、心身機能障害をもたらす側面も持ちます。その結果、高齢者が自立した生活をすることができなくなり要介護の状態になる可能性もあります。

つまり、患者である高齢者自身が自立した生活を望む場合、今後の人生をどのように過ごしたいかを考慮した上で治療の選択をすることが重要になるということです。

  • 脳血管疾患
  • 衰弱
  • 転倒、骨折
  • 認知症

上記の疾患や怪我は、高齢者が要介護状態となるときの原因として多いものです。これらを予防し、また発症した場合にどのように治療するかがポイントとなります。そのため高齢者にとって治療後のリハビリテーションはとても重要になります。

病気は完治するものばかりではありません。特に高齢者に多い多臓器疾患は症状が非定型的で慢性化しやすい傾向がみられ、心身機能障害、合併症につながりやすいと考えられています。完治が難しい状態のとき、疾患をコントロールしながら自立した生活を維持するためにもリハビリテーションが必要です。

高齢者のリハビリを行う上でのポイントは?

高齢者の健康上の問題では、心と体が大きな問題となるほか、さまざまな要因が関連してきます。

心の問題
うつ状態になる、活力が出ないなど
体の問題
臓器機能の低下、筋力低下、足腰の弱り、視力低下など
そのほかの問題
金銭的問題、支えてくれる人の有無、住まいなど環境、社会からの孤立など

上記のような問題が高齢者には発生しやすいことをまず理解しましょう。問題を認識し、改善するために日常的にリハビリテーションに取り組み、問題が大きくなるのを防ぐことをおすすめします。

心身機能のリハビリテーションのポイント

  • アンチエイジングで老化の加速を防ぐ
  • 身体の不調に速やかに対処し、放置しない
  • 病気予防をする
  • 健康な体づくりをする
  • 運動、食事、休息のバランスを整える
  • ストレスを蓄積しない
  • 脳に刺激を与える

高齢者のリハビリ:歩行能力の改善

歩行は日常生活の基礎的な動作となります。高齢者は筋力、持久力、柔軟性、バランス能力が低下し、若年層に比較して歩行能力に下記のような変化がみられます。

  • 歩幅が小さくなる
  • 歩く速度が遅くなる
  • 両足が着地している時間が増える
  • 左右の足の歩幅の差が大きくなる
  • 股関節の動きが硬くなる
  • 上半身が左右に揺れやすい
  • 肘の関節が曲がりやすい
  • 蹴り出しの力が弱くなる
  • 体幹が前傾する(上半身が前に傾く)
  • 視線が下向きになる

歩行能力の改善としてウォーキングをしてみましょう。ウォーキングは肥満防止や高血圧改善、認知症予防など疾患予防にもつながりますので、歩行能力の向上は健康維持におすすめです。ウォーキングのポイントを抑えて筋力を刺激したり、歩くことを楽しむようにすると継続しやすいです。

  • 1日8000歩を目安にする
  • 早歩きで20分歩く時間を確保する
  • 正しい歩き方を意識する
  • 楽しみながら歩く(名所めぐり、街歩きなど)

高齢者のリハビリ:廃用症候群の予防

廃用症候群とは病気や怪我のために体を動かせない状態が続き、著しい運動量の低下や寝たきりになり、心身機能の低下、老化の助長、新たな疾患の発症を招くことをいいます。廃用症候群の予防は体と心の両方にアプローチしてください。

  • 動かせる体の部位をこまめに動かす
  • 体を起こすことができる場合、寝たままの状態が長時間続かないようにする
  • 社会に興味を持つようにする

高齢者のリハビリ:転倒予防

転倒よる怪我や骨折は寝たきりの状態や運動機能の低下を招きやすく、予防が重要です。歩く力や下半身の筋力を維持向上させるために、日頃からウォーキングに取り組むことをおすすめします。そのほか下記のポイントに気をつけましょう。

  • 靴は歩きやすいものを選ぶ、スリッパやサンダル着用時は足元に気をつける
  • ストッキングや靴下は滑りにくいものを選ぶ
  • 部屋の中を整理整頓し、転倒の危険性を下げる
  • 雨や雪の日、マンホールの上、風呂場の足元に注意する
  • 骨を丈夫にする食習慣にする
  • 視力検査を受けて必要な場合は眼鏡を装着する
  • 薬を服用している場合、めまいなどの副作用に注意する

おわりに:QOL向上のためにリハビリテーションを習慣化しましょう

いつまでも元気に人生を楽しみたいものですが、加齢によって心身機能は低下しがちです。リハビリテーションを日常生活に取り入れて病気や怪我の予防をしましょう。ご自身の体の状態に合わせて、無理のない範囲で取り組んでください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

高齢者(103) 廃用症候群の予防(2) 転倒予防(3) 高齢者のリハビリ(1)