無水エタノールってどんなところに使えるの?

2020/5/16

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

無水エタノールは、消毒や除菌に使われる薬液のひとつです。アルコールや消毒用エタノールと合わせ、よく使われています。今回は無水エタノールがどんなものか、消毒用エタノールとの違いや主な用途、使用上の注意点を紹介します。

無水エタノールってどんなもの?

エタノールは、古く紀元前から作られてきたアルコールの一種です。日本では1873年、焼酎を再蒸留して作られたのが最初だったとされ、以降は主に糖類やでんぷんを発酵させて作られています。

揮発性が高く、殺菌・消毒作用のあるのが特徴で、用途に合わせて水分を混ぜて濃度を調整し使われてきました。なかでも無水エタノールは濃度が99.5vol%以上と最も純度の高いエタノールで、瞬時に蒸発するほど揮発性が高いことで知られます。

高い洗浄力・消毒作用がある一方で刺激が強く、人の肌に直接触れると水分を奪い、皮膚を乾燥させる性質を持ちます。このため、人の手指に直接擦りこんで消毒液として使うのには向きません。手指を消毒したいときは、消毒用エタノールを使いましょう。

無水エタノールで除菌できるものは?

無水エタノールは、以下のような場所・物の除菌に適しています。

水が使えない電化製品の掃除

以下のような物の除菌には、小さめの歯ブラシ・ブラシで少量の無水エタノールを付けたうえで軽く拭き取るのが効果的です。

  • パソコンの画面、キーボード、マウス
  • スマホの画面、カメラレンズ、リモコン など

メイクブラシの掃除

汚れやすいけどお手入れを怠りがちなメイクブラシも、無水エタノールで洗浄・除菌できます。肌荒れの原因とならないよう、以下の手順でお手入れしましょう。

  1. ガラス容器に、メイクブラシの毛の部分が洗える量の無水エタノールを準備する
  2. 容器の中の無水エタノールにブラシを付け、筆を揺らして洗っていく
  3. チークやメイクパウダーの色が出なくなるまで、繰り返し無水エタノールを入れ替えながら洗う
  4. 筆から色が出なくなったら、キッチンペーパーの上に置き無水エタノールを揮発させる

特に雑菌・ウイルス増殖が心配なキッチン周り

無水エタノールと精製水を8:2の割合で混ぜ合わせれば、以下のようなキッチン周りの拭き掃除にも使えます。霧吹きしてから拭き取り、除菌しましょう。

  • 冷蔵庫の内外
  • 電子レンジの内外
  • 流しの周りのステンレス部分
  • 魔法瓶や密閉容器

ただし、対象物の素材によっては無水エタノールにより変色・変質する恐れがあります。まずは目立たないところに無水エタノールを付けてみて、何ともなさそうなら全体の拭き掃除に使うようにしてください。また、先述したように、揮発性が高く刺激の強い無水エタノールは肌荒れの原因となります。

直接触れても、蒸発した気体を吸い込んでも炎症の原因となりますから、使用時にはマスクと手袋の着用を忘れないでください

無水エタノールを使うときに気を付けるポイントは?

純度の高いアルコールである無水エタノールは、安全のため、以下の注意点を守って使用してください。

肌荒れ対策と換気は必須

無水エタノールの使用中は、肌や体の粘膜に触れると水分を奪い、揮発した気体を吸い込み続けても気分が悪くなることがあるため、肌荒れ対策と換気が欠かせません。換気はもちろん、無水エタノールを使う作業は短時間に収め、肌や粘膜に直接触れないよう、手袋や長袖の服、マスクを必ず着用してください。

変質・蒸発・火気に注意

無水エタノールは揮発性が高く、フタをしないまま放置するとどんどん蒸発するか、周囲の水分を吸収して濃度が薄まってしまいます。使ったあとはそのつどフタを閉めることを徹底しましょう。

また、周囲に火気があると液体か気体かに関係なく高確率で引火します。火事や爆発の原因となる恐れがありますので、絶対に火の気のあるところで保管・使用しないでください。

使ってはいけない素材がある

無水エタノールは、以下のような素材の製品には使用できません。使用すると変色・変質を起こしてしまうので、使用前に製品の素材を確認しましょう。

  • ニスを塗ってあるもの
  • ポリスチレン樹脂(PS)
  • ポリビニルアルコール(PVS)
  • AS樹脂
  • ABS樹脂
  • アクリル樹脂
  • ナイロン
  • 皮製品

おわりに:無水エタノールは、電化製品やメイク用品の掃除・除菌に使えます

純度の高いアルコールである無水エタノールは、人の肌に触れると水分を奪って蒸発します。刺激が強く、揮発性が非常に高い性質を持つため、手指の消毒には適していません。一方で、水を使えない電化製品やメイクブラシの掃除・除菌には適しています。性質を知り、適切に使えば効果的な消毒・除菌液となります。使用上の注意に配慮して、適切に活用しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

消毒(15) 殺菌(5) 感染症対策(2) 無水エタノール(1)