介護食の種類や区分の違い、選ぶときのポイントは?

2021/4/16

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

加齢により噛む力、飲み込む力が衰えてくると、介護食に切り替える必要が出てきます。この記事では、介護食がどんなものかやその区分、種類とともに、市販の介護食を購入するときの選び方をご紹介します。

介護食とは

噛む力や飲み込む力が衰えた高齢者でも、無理なく食べられるよう工夫した食事のことを「介護食」と言います。介護食には、食べる人の噛む力・飲む力にあわせて以下の4種類に分類されます。

《1》刻み食

飲み込む力はあるものの、噛む力が衰えた人向けの介護食で、通常の食事の具材を2~3㎜の大きさにまで刻んだものです。飲み込む力の衰えが見られるときは、これにとろみをつけます。

《2》やわらか食

噛む力・飲み込む力の両方が低下してきた人向けの介護食です。具材を歯茎でつぶせる程度までやわらかく煮込むか、ミキサーで潰してから固めた状態にします。

《3》ミキサー食

噛む力・飲み込む力の双方が、かなり低下した人向けの介護食です。やわらかく調理したものをミキサーにかけ、トロトロのポタージュ上にします。

《4》ゼリー食

飲み込む力に重度の障害がある人向けの介護食です。やわらか食、またはミキサー食にゼラチン・寒天・でんぷんなどを加えてゼリー状にします。

介護食の選び方は?

介護食には、日本介護食品協議会が制定した4つの区分があります。市販の介護食には、この4つの区分のいずれに当てはまるのかが記載されています。以下に、介護食の4つの区分と、高齢者の噛む力・飲み込む力による選び方の基準をそれぞれご紹介します。

《区分1》容易に噛める

以下の条件に該当する場合、噛む力が多少弱くなっていても、食べやすい「刻み食」がおすすめです。

  • 硬いものや大きいものは、やや食べづらく感じているようだ
  • やわらかめのごはんや焼き魚、煮物、木綿豆腐などは普通に噛んで飲み込める

《区分2》歯茎でつぶせる

以下の条件に該当する場合、噛む力・飲み込む力が弱くなっていても食べやすい、「やわらか食」がおすすめです。

  • 硬いものや大きいものは食べづらく、飲み込みにくいこともある
  • 米1に対し水5の割合で炊いたおかゆや煮魚、絹ごし豆腐なら食べられる

《区分3》舌でつぶせる

以下の条件に該当する場合、噛む力・飲み込む力が弱くなっていても食べやすい「やわらか食」や「ミキサー食」がおすすめです。

  • 小さくやわらかいものなら食べられるが、水分でも咽て咳き込むことがある
  • 米1に対し水5の割合で炊いたおかゆや煮たほぐし魚、絹ごし豆腐なら食べられる

《区分4》かまなくてよい

以下の条件に該当する場合、噛む力・飲み込む力の双方がかなり弱くても飲み込める「ミキサー食」「ゼリー食」がおすすめです。

  • やわらかくても、小さくても、固形物が食べづらい
  • 水やお茶などの水分でも飲み込みにくく、咳き込むことがある
  • ペースト状のおかゆやおかず、裏ごしした魚なら食べられる

おわりに:介護食は高齢者本人の状態と区分を目安に選びましょう

介護食には、調理時に加えられた工夫により「刻み食」「やわらか食」「ミキサー食」「ゼリー食」の4段階があります。これらは、食事に必要な噛む力・飲み込む力が高齢者にどの程度残っているかによって使い分けられており、市販の介護食もこれに準じ4段階に区分されています。市販の介護食を選ぶときは、実際に食事を口にする高齢者の身体的状態を基準に、1~4の区分からふさわしいものを選びましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

高齢者介護(6) 介護食(2) ミキサー食(1) 刻み食(1) やわらか食(1)