子供がごはんを食べない!? そんなときは?

2017/5/1

子供って、どうしてごはんをちゃんと食べてくれないんでしょう? せっかく作ったのに、食べてくれないとへこんでしまいますね。

子供にごはんを食べさせるための方法を考えてみましょう。きっと、あなたの子供にも役に立つはずです!

子供に選ばせてみては?

小さい子供は、独立心が芽生える時期でもあります。健康的な食事の選択肢を与えてみましょう。例えば、朝食には全粒粉のワッフルと全粒粉のシリアルのどちらがよいか、選ばせてみましょう。子供が自分で物事を管理したいという欲求を利用し、体に良いものを食べることができます。

キッチンの食料棚をきれいにする?

ポテトチップス、クッキー、キャンデー、甘味料入りの炭酸飲料がキッチンになければ、小さい子供はおそらくそうしたものを飲んだり食べたりしないでしょう。

そういったジャンクフードを完全に禁止する必要はありません。時々、誕生会などの特別な場で、多すぎなければ食べてもよいと教える意味で、出しても大丈夫です。そうすることで、隠れてこうした食べ物を食べるようにはなりませんし、我慢しすぎて大量に食べることにはなりません。

色々な食べ物を勧めてみましょう

子供が毎食食べたい好物をわざと用意してみましょう。例えば、トマトパスタやポテトのチーズ焼き等です。次に、それ以外にテーブルにある食べ物を食べてみるように勧めてみましょう。例えば、鶏肉のオーブン焼きやベジタブルシチューをテーブルに置いてみましょう。もっと食べたいと思えば、子供はテーブルにおいてあるほかのものを食べるようになります。

牛乳とジュースの摂取に注意

牛乳やジュースは子供の健康的な食事の一部になります。しかし、牛乳やジュースをたくさん飲むと、お腹がいっぱいになってしまい、他の栄養価の高い食べ物を摂ることができません。ごはんを食べない理由にそれがあるのかもしれません。

子供の健康を守るために、水や薄めた果汁をのませるようにしましょう。この方法はジュースに含まれるカロリーや糖分をカットし、お腹も長持ちさせてくれます。

食べ物を愛情表現やごほうびにしてない?

食べ物を愛情表現やごほうびとしてあげるのはやめましょう。トイレに行けた、おもちゃを片付けたなど、良いことをした子供はほめるべきです。でも、できた度に、食べ物をごほうびにあげると、後に過食につながる可能性があります。

同じ理由で、愛情表現として食べ物をあげないようにしましょう。これも子どもに対し、感情と食べ物の間に不健康なシグナルを送ってしまうことになり、その結果、過食につながる可能性があります。子供にごほうびをあげたり、愛情表現をしたいのであれば、抱きしめたり、キスしたりしてあげましょう。それは子供にとっては、キャンデーよりも価値があり、カロリーもありません。

お菓子は?

お菓子については、頭を使う必要が出てきます。子供は最も手近にあるものに手を伸ばします。リビングルームにフルーツが入ったボウルを置いておきましょう。お菓子を探すのではなく、ボウルから果物を食べさせるように促してください。

新鮮なフルーツを洗って、食べられる状態にして冷蔵庫に置いておくのも良い方法です。お菓子より魅力的に感じるでしょう。ニンジンやセロリなど野菜も同じです。

子供と一緒に

果物や野菜を選ぶとき、また料理をするときに、子供と一緒にするようにすると、もっと果物や野菜を食べさせることができます。

できるだけ早いうちから、果物と野菜の色や形に慣れさせましょう。お店で興味を持った果物や野菜を選ばせて、一緒に料理の準備をしましょう。

ニンジンが嫌いな場合、おろしてトマトソースに混ぜて隠すこともできますが、いつもそうしてはよくないです。

代わりに、いろんな野菜をたくさん食べさせてみて、子供が好きなものを見つけましょう。

おわりに:小さい子供がごはんを食べないときの工夫はさまざま

小さい子供の偏食やごはんを食べたり食べなかったりは誰にでもよくあることです。食べるようにするためには、この記事にあるような工夫をしてみましょう。

子供が個性的なように、食べ物も個性的でさまざまなものがあります。きっと食べたいものや好きな料理が見つけられるでしょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

子供(200) 食べない(2) 健康的な食事(7) 好き嫌い(4) ごはん(2)