日焼けした後のかゆみは、どうやって対処すればいい?

2017/6/15 記事改定日: 2019/10/21
記事改定回数:2回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

日焼けは紫外線によって起こります。そして、日焼けによるかゆみは皮膚が「やけど」のようになっていることが原因ということをご存知でしょうか。

この記事では、日焼けによって起こる皮膚のかゆみの原因と対処法について解説しています。紫外線対策についても紹介しているので、スキンケアの基礎知識として覚えておきましょう。

日焼けすると皮膚にかゆみが出るのはなぜ?

日焼けすると、多くの場合かゆみが出ます。しかし、日焼けした後はかゆみだけでなく痛みも伴うので、掻くこともできず、辛いかゆみに四苦八苦した経験がある人も多いでしょう。

日焼けした皮膚は、紫外線によるダメージで皮膚のバリア機能が失われいる状態です。
その影響で水分量が減少し、皮膚を正常な状態に修復しようとする作用が働くことで浸出液という液体が血管から漏れ出します。

この浸出液には細胞を修復する作用があるのですが、かゆみを引き起こす成分も含まれているので、日焼け後はかゆみが出てしまうのです。

また、水分量が減少して乾燥した皮膚は、いわゆる「乾燥肌」の状態になります。乾燥肌になると、衣類や寝具などの些細な刺激でかゆみが出るようになります。

日焼けでのかゆみは薬で対処できる?

日焼け後の辛いかゆみは市販薬である程度改善することができます。

日焼けに効く市販薬としては、皮膚のかゆみ成分を抑えるオイチミン®Dやオイラックス®などがあります。
また、皮膚の乾燥状態を改善するために保湿効果に優れた化粧水やワセリンなどのクリーム状の薬も使ったほうがいいでしょう。

ただし、これらの市販薬の効果は人によって異なり、場合によっては皮膚に刺激を与え、かゆみや痛みを悪化させることがあります。
患部に塗って、ヒリヒリした痛みがある場合には、ぬるま湯などでそっと流して、痛みが続く場合には皮膚科を受診しましょう。

日焼けによるかゆみを前もって防ぐためにできる対策は?

暑すぎたり、陽射しがきついと感じたときは、できるだけ早く屋内や日陰に移動しましょう。軽い日焼けであれば、以下のような方法でで対処できます。

  • 冷たい水を肌にかけるか、水風呂や水のシャワーでからだを冷やす(保冷剤や冷しタオルを患部に当てるのもいいでしょう)
  • 脱水を防ぐために、水分をたくさんとる
  • 肌を冷やし保湿するため、保湿ローションやワセリンを塗布する
  • 肌が完全に癒されるまで、肌を覆い、太陽光を避ける(窓越しの太陽光も同じです)

医師に相談する必要のあるのはどんなとき?

日焼けによるかゆみや痛みを和らげるための薬は、できれば医師に相談して処方してもらってください。
とくに16歳以下の子供では使用できないものもあるので注意が必要です。

過度の日焼けによって気分が悪くなった場合や、小さな子供や赤ちゃんが日焼けしたときは、たかが日焼けと軽く考えず積極的に医師の診断を受けましょう。

とくに、以下のような症状がみられたときは一刻も早く受診してください。

  • 皮膚のむくみ、腫れ
  • 寒気
  • 38℃以上の高熱
  • めまい、頭痛など「熱疲労」の症状があるとき

子供は日焼けをしたほうがいい?しないほうがいい?

骨の成長に必要なカルシウムはビタミンDの働きによって吸収が促されます。このビタミンDは太陽の光を浴びることで再生されるため、子供の成長を促すには適度な日光浴が必要です。

しかし、過度な日焼けをすると紫外線によって肌や目がダメージを受け、将来皮膚がんや白内障などを発症しやすくなることが分かっています。
また、シミやしわができやすくなるなど美容面でも深刻な悩みを引き起こすことも少なくありません。子供であってもしっかり日焼け対策を行うようにしましょう。

具体的には、日焼け止めや帽子、長そでのラッシュガードなどで紫外線のダメージをできるだけ防ぎ、1日の中で最も紫外線が強くなる10~14時の時間帯は長時間の外遊びを控えるなどの対策が必要です。

おわりに:日焼けは皮膚のやけど。大人も子供もしっかりとしたケアを

紫外線によって皮膚が赤くなったり、黒くなる「日焼け」は、皮膚のやけどです。かゆみがひどかったり、グシュグシュした水疱になってしまうこともあります。日焼けしないように日焼け止めなどの対策をするのはもちろんですが、日焼けしてしまった後の対策も忘れないようにしましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

かゆみ(79) 日焼け(25) 紫外線(18) 日焼け対策(2)