双極性障害と職場復帰

2017/3/15

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

双極性障害と診断され、仕事からしばらくの間離れていたり、長い間失業していたとしても、治療をうけていれば必ず職場復帰できます。長期間職に就いていないといっても、それは「心の病(やまい)」が原因で仕事ができなかっただけなのですから。

職場復帰することはどのようなメリットがありますか?

職場復帰し、仕事を再開すればストレスを感じることもあると思います。しかし、ほとんどの人では以下のようなことが証明されています。
・仕事は健康に利益をもたらす
・仕事をしていないことは健康に害をもたらす
・失業後の再就職は、健康の改善につながる

職場復帰のメリットには、次のようなものがあります。
・存在証明と目的意識の増大
・新たな交友関係を築く機会
・経済状況及び資産状況の改善
・自分が社会の中で積極的な役割を担っているという感覚
双極性障害と診断され治療中でも、職場復帰することは「前向きな経験」となります。

双極性障害病を治療しながら職場復帰する

職場復帰するために病気が100%回復している必要はなく、ある程度回復していれば問題ありません。復職の利益はその欠点に勝るのです。
休職していて戻る場所がある場合、職場復帰するときは医師に相談してください。医師は職場復帰に向けてヘルスサポートできる方法を提案してくれるでしょう。

ヘルスサポート

ヘルスサポートは、雇用主や産業医との面談を行うこともあります。産業医は、復職に関して懸念していることについて話し合ったり、仕事への復帰をよりスムースにするための調整を頼んでくれるでしょう。
特定の状況によっては、以下のように自分の希望を伝えましょう。
・時間の融通性
たとえば非常勤として復帰したい、薬を服用で午前中眠気があるときには時差出勤やフレックスタイムでの出勤など
・短期または長期の同僚によるサポート
・休むことのできる場所の確保

新しい仕事を探す

病気によって退職してしまっていて、働きたいと考えているときは済んでいる地域の職業安定所(ハローワーク)に相談しましょう。医師や精神科ソーシャルワーカーは、職場復帰についての助言してくれます。
新しい仕事を探すとき、以下のことについて調べておきましょう。
・どこで働きたいか
・どのような種類の仕事がしたいか
・どのようなタイプの支援が必要か
・自分の病気に関連して受け取れる補助金などの情報
・自分の経済状況
仕事の選択肢は、正社員だけではありません。パートや短期職員など、選択肢はたくさんあります。

ボランティア活動

ボランティア活動は、職場復帰のための近道です。助けを必要としている人々を手助けすることはあなたの自尊心にとってもよい影響をもたらし、不安をわすれさせてくれるでしょう。さらに、ボランティアで活動することで、あなたが職場復帰の準備ができたときに仕事に就く機会を増やすことにつながるかもしれません。

おわりに

病気とはいっても、長期間仕事を休んでいたことで差別に直面するのではないか、いじめられないか、職場復帰は早すぎるのではないか、再び病気になってしまうのではないかと不安があるかもしれません。しかし、あなたはひとりではありません。危機に直面したときには医師や家族が支えになってくれます。双極性障害は、治療していけばいままでどおり職場復帰できる病気です。自信をもって前にすすみましょう!

この記事に含まれるキーワード

双極性障害(18) 職場復帰(4) 産業医(3) 復職(3) 仕事(34)