尿が臭い!? 尿に血が!? それって膀胱炎じゃないの?

2017/5/18

前田 裕斗 先生

記事監修医師

国立成育医療研究センター フェロー

前田 裕斗 先生

二宮 英樹 先生

記事監修医師

東大医学部卒、セレオ八王子メディカルクリニック

二宮 英樹 先生

女性の多くがなるといわれる膀胱炎ですが、トイレが近くなるほかにもいろいろな症状が出ます。例えば、尿に血が混じる、尿が異様に臭いこともあります。

排尿時の痛みがないときなど、膀胱炎かどうか判断することは難しいものですが、尿の臭いや色を見るとわかることもあります。

この記事では、膀胱炎の症状についてまとめました。気になる方は、尿の臭いをチェックしてみましょう。

膀胱炎の症状は?

膀胱で起こる感染からの炎症は、膀胱炎として知られており、症状としては以下のようなことが見られます。
・尿の回数が多くなる
・排尿時の痛みや不快感がある
・排尿後も、尿が残っている感覚がある(残尿感)
・下腹部の痛みがある
・尿ににごりや悪臭がある、血尿が出る

尿が臭いときは?

健康のときの尿は透き通っていて淡黄色で、それほど臭くはないはずです。より濃縮されている朝一番や脱水状態の時に出した尿の方が臭いがきつく、色も濃いと感じます。

また、アスパラガスやビール、にんにくやコーヒーなどの特定の食べ物や飲料は一時的に尿の臭いをきつくするかもしれません。

特定の薬やビタミン、サプリメントもまた尿の臭いを変えることがありますが、医師に相談せずに薬を飲むのをやめるようなことは絶対にしないでください。

水分の摂取量を増やすことによって尿の臭いが弱くなると感じるかもしれません。一般的には、長時間のどが渇くことがないように十分に水分を取りましょう。また、運動しているときや暑いときの水分補給を増やしましょう。

尿が臭いとき、医師に診てもらう必要があるのか、心配になるでしょう。他の症状など、心配なことがなければ尿の臭いに関して医師に診てもらう必要はありません。

排尿する際に痛みや焼けるような感覚がある、頻繁に排尿したくなるなど、膀胱炎の症状が見られる場合は、医師に診てもらいましょう。

膀胱炎の場合は、特に水分補給の量を増やせばたいていは自然と治ります。女性よりも男性の方が治療をせずに良くなる可能性は低くなります。

膀胱炎の予防はできる?

膀胱炎は、なにが原因で起こっているかはっきりしないことも多いのです。

日常生活における要因が膀胱炎を発症する確率を高めていることもあります。水分摂取不足や性行為後の過ごし方、排便時のお尻の拭き方などです。

ただし、これらの要因を避けることだけでは予防としては十分ではないかもしれません。また、膀胱炎があまりに頻繁に再発する場合、膀胱炎の原因となる病気がないか調べた方が良いです。泌尿器科を受診してください。

おわりに:尿の臭いが気になったら膀胱炎かも

女性は、男性より膀胱炎になりやすいものです。今までよりも明らかに頻尿になった、尿の臭いが気になる、排尿時に痛みがあるなど、膀胱炎の可能性がある場合は、内科や泌尿器科を受診してみてください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

膀胱炎(73) 臭い尿(1) 血尿(45) 尿のにごり(1)