妊活や妊娠中にロマンチックなセックスを楽しむために!

2017/5/18

前田 裕斗 先生

記事監修医師

国立成育医療研究センター フェロー

前田 裕斗 先生

セックスと妊娠は密接なつながりがありますね。でも、妊活中は妊娠することが第一優先となり、セックスが面倒な作業のように感じてしまうこともあるかと思います。

また、めでたく妊娠してからも、女性は特にセックスがつらくなることがあります。

パートナーとのセックスに熱い気持ちを持ち続けるための方法について紹介します。

妊娠のためのセックスでロマンチックな気持ちを持ち続けるには?

排卵日カレンダー、精子数、妊娠検査薬を使う、これを繰り返していて、子作りのためのセックスが楽しいでしょうか。

妊娠することにプレッシャーを感じているとき、セックスをリラックスして楽しみ続けることは難しいことです。しかし、ストレスを感じないセックスが子作りには重要です。妊娠しようとしているときに、セックスが快適になる方法をここで紹介します。

休暇をとる

短い休暇をとりましょう。ホテルに泊まったり、場所を変えたりすることでいつもと違ってきます。スパのトリートメントを受けたり、お互いをマッサージしたりしてムードを盛り上げましょう。出かけることが難しいのであれば、ベッドルームではなく別の部屋でセックスをしてみても良いでしょう。

ムードを盛り上げる

ムードを盛り上げましょう。
セクシーなナイトウェアを着てみたり、エロチックな映画のDVDなどを借りて一緒に観たり、気持ちを盛り上げる音楽をかけたりして、セックスをしましょう。

セックスが終わった後は、抱き合う時間を取りましょう。精子が子宮頸部に入るための時間ができ、妊娠する確立が上がる可能性があるかもしれません。

いつもと違う体位でセックスする

いつもと違う体位を試してみても良いかもしれません。子宮頸部に一番近い体位となるため、男性上位もしくは後位は妊娠するのに一番良いと聞いたことがあるかもしれませんが、どのような体位でも妊娠は可能ですので、いろいろ試してみましょう。

ロマンチックなデートを

ロマンチックな雰囲気にしましょう。月明かりの下、手をつないで散歩したり、キャンドルの明かりだけでディナーをしたりしてみましょう。

話をする

2人で話をするようにしましょう。セックス、妊娠、将来の生活についてパートナーと自分の気持ちを共有することにより、絆が強くなります。

妊娠中のセックスを楽しむには?

妊娠中に身体に大きな変化が起こることはよく知られています。お腹など、すぐに見てわかる変化もありますが、他にも見えないような変化があります。

セックスへの欲求がなくなることもあります。妊娠するためにがんばってセックスもし、いつも互いに楽しんできたカップルが、妊娠検査の結果がわかってから、変わってしまうこともあります。

ホルモンによるひどい症状に悩まされることもあります。ずっと続く朝の吐き気からセックスへの欲求が低下してしまうのです。

妊娠中セックスに抵抗を感じる場合は、セックスの魅力を取り戻しましょう。パートナーからの誘いを断ることを悪いと思うことをやめれば、プレッシャーが減ります。朝の吐き気が強すぎて気分が悪い場合はそう伝え、背中をマッサージして欲しいときにはそういいましょう。リラックスして、気分転換をすることで気持ちの良いセックスへつながることもあるかもしれませんよ。

おわりに:妊娠のためにセックスの魅力を失わない

妊活中も妊娠してからも、愛するパートナーとの絆を強くもち続けるためには、セックスはとても効果があります。でも、無理にセックスすることはありません。

今まで見てきたように、楽しんでセックスをするために、いろいろ工夫することで、パートナーとのセックスが充実したものになるでしょう。

この記事に含まれるキーワード

妊娠(191) 妊活(37) 妊娠中セックス(1) ロマンチックなセックス(1)