切り傷、擦り傷、縫合、犬に噛まれた…応急処置のための基礎知識

2017/3/10

佐藤 典宏 先生

記事監修医師

産業医科大学第1外科

佐藤 典宏 先生

転んでできた擦り傷、お子さんが外で遊んでいて手を切ったり、キャンプでヘビに噛まれたり…そんなときの正しい対処の仕方は知っていますか?

数時間してから病院に行っても正しい処置がなかったために最悪のケースに…なんてことは絶対避けたいですよね。

そんな、いざというときに慌てないため、正しい応急処置の仕方を学んでいきましょう。

切り傷、擦り傷または刺し傷の対処

まずは、傷口をきれいに!

切り傷、擦り傷または刺し傷(爪による怪我など)をきれいにするには、冷たい水を使用することが一番です。

流水に傷をあてるか、または容器に満たした冷たい水を、傷の上から注ぎます。

石けんと柔らかい布を使用して、傷口の周囲の皮膚をきれいにします。 石けんは刺激を引き起こす可能性があるので、傷口にあてないでください。

傷に残っている汚れは、イソプロピルアルコール(消毒用アルコール)で洗浄したピンセットを使用して取り除きます。

強力なクレンジング溶液(過酸化水素やヨウ素など)は傷口を刺激する可能性があります。 水以外のものを使用する必要があると感じたら、医師に相談してください。

止血はきれいな布で押えましょう

出血は傷口をきれいにするのに役立ちます。 ほとんどの小さな切り傷や擦り傷は、短時間で出血は止まっるはずです。

顔、頭、口の部位は血管がたくさんあるため、傷口から大量に出血することがあります。
出血を止めるには、きれいな布またはガーゼでしっかりと押さえてください。

傷口をおおっているガーゼや布に血液が染み込んでも、取り除かないで、さらに上からガーゼや他の布を巻いて、20〜30分間さらに押さえてください。

傷が腕や脚にある場合は、傷を心臓よりも高い位置に上げると、止血に役立ちます。

包帯は使うべき?

傷口を放置しておくと、乾燥した状態になり、治っていきます。 傷が、汚れたり衣類にこすられたりする部分にない場合は、包帯の必要はありません。

手や膝など、汚れている部位や衣服の刺激がある部位にある傷口は、絆創膏(バンドエードなど)または滅菌ガーゼと粘着テープで覆います。 傷をきれいにして乾燥させるために、毎日包帯を交換してください。

体の広い部分を覆う傷では、治癒を早めるため、保湿して清潔に保つ必要があります。 このために使用される包帯は、閉塞性または半包帯性(解説)の包帯と呼ばれます。 処方箋がなくてもドラッグストアで購入することができます。必要かどうか 医師に尋ねてください。

かさぶたができてきたら?

何もしないでください。かさぶたは、汚れから傷を守るためのものです。取り除かないのが最善です。いずれ、自然に落ちるでしょう。

傷口が閉じない場合や傷が深い場合は、医師に連絡してください。

 

病院で縫合してもらった場合、キズ口は翌日以降に洗いましょう

通常、1〜3日経てば縫合した部位を洗うことができます。 縫合部の周りに形成される汚れや固い部分を洗い流すことは傷痕を減らすのに役立ちます。 傷口から黄色の液が出ている場合は、覆う必要があります。

医師は、水で傷をすすぎ、毎日1回覆いを交換することを提案するかもしれません。 洗った後はよく乾燥させてください。 腫れと痛みを軽減し、治癒を早めるために、最初の数日間は傷を心臓より高い位置に上げたままにしておく場合もあるかもしれません。

医師は、少量の抗生物質軟膏を使用して感染を予防することを提案するかもしれません。これは、大きなかさぶたになることを防ぎ、傷痕を小さくさせることがあります。

縫合した場合、通常7〜14日で抜糸します。 関節の上や関節の周りなど、動く部位は、完治までより多くの時間がかかります。

皮膚接着剤とは何ですか?

皮膚接着剤は、小さな傷口を閉じる方法で、 医師は傷口に液体のフィルムを塗布し、傷をつなぎ合わせます。
フィルムが自然に剥がれるまで(通常5〜10日)、そのままにしておいてください。

傷口に塗った接着剤をこすったりつまんだりしないことが重要です。
医師が接着剤の上に包帯を使う場合は、包帯を乾燥した状態に保つように注意する必要があります。おそらく毎日包帯を交換するように 医師は指示するでしょう。

皮膚接着剤を使用する時は、抗生物質軟膏などの軟膏を傷口に使用しないでください。接着剤が緩んだり、はがれるのを早めてしまうことがあります。
また、直射日光や日焼けランプなどに傷をさらさないようにする必要があります。
傷の周りの皮膚が非常に赤くなったり、触ると熱かったり、傷口が開いたりした場合は、医師に連絡してください。

傷口から破傷風の可能性も?

破傷風は感染症で、顎が頻繁にこわばるため、ロックジョー(開口障害)とも呼ばれます。

破傷風の予防のためにワクチンの接種(3種(4種)混合ワクチン、破傷風トキソイド)を行いますが、効果が持続するのは10年程度といわれています。破傷風の感染を避けるために、医師に、ワクチン接種が必要であるかどうかを確認することです。

次のことが発生した場合は、必ず医師に連絡してください。

・傷がギザギザである
・傷が顔にある
・傷口の縁が開いている
・傷口にある汚れがとれない
・傷口が柔らかくなったり、炎症を起こす
・傷口から、濃いクリーム状の灰色がかった液体が出る
・発熱を認める
・傷口周辺の麻痺
・快適に動かない
・傷の近くに赤い筋が現れる
・刺し傷または深い傷で、過去5年間に破傷風のワクチン接種を受けていない
・傷口から出血し、血液が包帯を通ってしみ出したり、しっかりとふさいで20分経過しても出血が止まらない

地味にイタい!動物にかまれたら?

猫や犬に噛まれたときもまずは、患部を清潔に!

家族のペットか近隣の迷子にかかわらず、猫と犬の咬み傷はよく起こることです。猫や犬の咬み傷によって引き起こされる傷を治療するためにすべきことがいくつかあります。

・必要に応じて、医師に連絡する
・石鹸と水でやさしく洗う
・負傷した部分にきれいなタオルで圧力をかけて、出血を止める
・滅菌包帯を創傷に当てる
・傷の部分を心臓の高さより高く保ち、腫れを遅らせる
・必要に応じ、動物管理事務所や警察に事件を報告する

登山中にヘビにかまれたら?

毒ヘビからの咬傷は早急に治療する必要があります。ヘビに咬まれた場合は、すぐに助けを求めてください。

ヘビに咬まれた場合の対処法は以下のように行ってください。
・落ち着いて助けを求める
・できるだけ早く最寄りの病院に行く
・極力動かず、傷を心臓の高さより下に保って毒の広がりを抑える
・腫れが始まる前に、傷口周辺の宝石類や衣服を外す
・ヘビの外見を思い出す。色、形、模様が治療の助けになることがある
・清潔で乾燥した包帯で傷口を覆う

また、絶対に以下のことはしないでください。
・傷口に氷をかけたり、水に傷を浸さないこと
・咬まれた場所は絶対に切開しないこと
・傷口から毒を吸い取ろうとしないこと
・止血帯を使用したり、傷口からの出血を止めたりしないこと
・ヘビを捕まえたり罠にかけたりしないこと
・傷の痛みを和らげるためにアルコールを飲まないこと
・咬まれた後、コーヒーやソーダなどのカフェイン飲料を飲まないこと

腰痛やスポーツ事故のけが

腰を痛めたときは、体勢次第で楽になるかも

腰が痛くなったとき、背中が痛さを軽減する最良のポジションは、背中を床にむけて横になり、膝の下に枕を置き、腰と膝を曲げ、足を椅子にかけ、または腰や膝を曲げて横になることです。 これで背中から圧力と体重負荷を取り去ります。

痛む背中のために、1〜2日休息が必要な場合があります。 これより長く休むと、筋肉が弱くなり、回復が遅くなる可能性があります。 痛い場合でも、1時間ごとに数分歩き、背中の筋肉を強くします。

温熱パッドは痛い筋肉痙攣を緩和するのに役立ちます。 一度に20〜30分間使用してください。 アイスパックやマッサージも安心感を与えるかもしれません。

脳震盪かもしれないと思ったら、まずは安静に

脳震盪はサッカー選手にしか起こらないと思う人もいるかもしれませんが、自転車の事故、運動場での転倒、スポーツをしている間など、さまざまな理由で起こる可能性があります。体が突き飛ばされて頭が前後に振れるとき、引き起こされることもあります。

子どもがスポーツ中に怪我をし、脳震盪を起こしている可能性があると思われる場合、試合を続行させないでください。脳が完全に治癒する前に戻ると、脳震盪がもう一度悪化する可能性が高くなります。

脳震盪が繰り返されると、集中力、記憶、頭痛、永久的な脳損傷も含め、深刻で長期的な病気につながる可能性があります。戻っても大丈夫だと医療専門家が言うまで、じっとしていてください。

自宅の救急箱の準備も忘れずに!

なぜ救急箱が必要か?

転倒、蜂の刺し傷、火傷、アレルギー反応などは全て、家でも屋外でも起こりうる一般的な事故です。そんなときは、軽度の緊急事態にも対応できる救急箱があると便利です。
箱にまとめるときは、プラスチックタブ、ツール箱、トートバッグなどの小さな容器に基本的なものをいくつか入れればいいだけです。家に1個準備し、子どもの手の届かないところに置いてください。

救急箱に必要なものリスト

救急箱に必要なものは、以下のようなものになります。
・包帯と絆創膏
・医療器具などの消耗品
・きず薬
・その他の医薬品
子どもや老人だからこそ必要なものや、家族のアレルギー、病気を加味した上で必要に応じて消耗品を追加してください。また、なくなりそうな消耗品の補充も行ってください。
・様々なサイズの絆創膏25個
・滅菌ガーゼパッド(約7×7cm)5個
・滅菌ガーゼパッド(約10×7cm)5個
・巻きガーゼ
・眼帯や目のパッド
・粘着テープのロール
・手首、肘、足首、膝の傷(幅7〜10cm)をカバーできる伸縮性包帯
・骨折した腕を吊るせる三角巾2枚
・滅菌コットンボール、綿棒
・手袋2組(ラテックスまたは非ラテックス)
血液や体液に触れる危険性がある場合、常に着用してください。
・使い捨ての冷湿布
・添え木と包帯を固定するための安全ピン5本
・傷口を洗い流す際の洗面器や吸引装置
・アルミ製の指用添え木
・薬の用量を計るための注射筒と薬用スプーン
・体温計
・マダニ、虫刺され、小さな破片を除去するピンセット
・ガーゼ切断用のはさみ
・心肺蘇生用の呼吸器
・毛布
・ハンドサニタイザー(液体または拭取り型)
・応急処置マニュアル
・緊急電話番号のリスト
・過酸化水素、ポビドンヨード、クロルヘキシジンなどの消毒液や拭き取り布
・バシトラシンやムピロシンなどの成分を含む抗生物質軟膏
・コンタクトレンズ食塩水などの無菌洗眼剤、生理食塩水
・カラミンのローション
・かゆみ止めのヒドロコルチゾンクリーム、軟膏、ローション
・アスピリン、アセトアミノフェン、イブプロフェンなどの痛み止めや解熱剤
18歳未満はライ症候群のおそれがあるため、アスピリンは与えないでください。
・アレルギーと腫れの治療用の抗ヒスタミン剤
・鼻づまり治療用のうっ血除去薬
・乗り物酔いその他のタイプの吐き気を治療するための抗悪心薬
・下痢止め
・胃のむかつきを治療する制酸薬
・下剤

まとめ:異常があったら必ず病院に!

いかがでしたか?応急処置を知っておくことで、突然の怪我に対しても、処置ができるようになります。
しかし、ここで紹介しているのはあくまで応急処置。少しでも異常を感じたら、必ず病院に行って診察してもらいましょう。確実で一番安全な処置になります。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

腰痛(104) 応急処置(30) 方法(60) 救急箱(1) 中身(1)