ダイエットに役立つ食材は?~ダイエット成功のためのアドバイス

2017/5/24

ダイエットをしたいけれど、何を食べたらいいんだろう? そう思ってはいませんか?

ダイエットをしているあなた、ダイエットをしていても安心して食べられる食材を探していませんか?

ここでは、ダイエットを成功に導くための食材について紹介します。

ダイエットに役立つ食材は?

もし、チョコレートを食べれば食べるほどぜい肉が減ったら、とても素敵なことだと思いませんか。

残念ながら、チョコレートを食べてもダイエットすることはできませんが、最近の研究には、特定の食品がダイエットに役立つことを示しています。

にんじん450グラムは、ほんのわずかなカロリーでお腹をいっぱいにしてくれます。チーズバーガーを450グラム食べれば、体重はあっという間に増えてしまうことでしょう。にんじんやブルーベリーを食べても体重はほとんど増えませんが、こうした食材をいっぱい食べることは難しいものです。私たちは、食べ物の量でお腹が満たされているのです。

ダイエットに役立つ食材のポイントは?

にんじんスティックや葉物ばかり食べ続けなければならないわけではありません。実際、さまざまな種類のダイエットに適した食材があります。そうした食材で共通することは、
・水分が多いもの
・食物繊維がたくさん含まれている
・カルシウムがたくさん含まれている
となります。

これらのものには、満腹感を長持ちさせ、長期的にみるとカロリーの摂取が抑えられるという効果があります。

ダイエットを邪魔する食材のポイントは?

覚えておくべきルールは、脂肪分と塩分が多い加工食品を避けることです。

加工されていない食べ物や、最低限しか加工されていないもの、例えば油で加工されているナッツの代わりに加工前のナッツ、白いパンの代わりに100%全粒パンは、それだけで体重を管理することに役立ちます。

ダイエットに役立つアドバイス

ダイエットに役立つ食事のアドバイスを以下に示します。

水分

ダイエット中は十分に水分を摂ることが重要です。人は空腹と喉の渇きを混同することがあります。次にお腹が空いたら、最初にお水をグラス1杯飲み、そして、本当にお腹が空いているのか確認しましょう。

水分が食べ物に取り込まれると、それだけでお腹がいっぱいになります。果物と野菜は、80%~90%が水分です。

スープ

毎回の食事の前にスープを飲みましょう。だし汁をベースとするものにしましょう。クリームをベースとするものは避けたほうが良いでしょう。

野菜ジュースなどの食物繊維

食事前に野菜ジュースを飲むのも良い習慣です。食べすぎを防ぎ、カロリーの摂取が少なくなります。玄米やオートミールは水分を取り込むので、同じような効果があります。

食物繊維

全粒穀物を摂る人は、体重の管理がしやすくなります。食物繊維は満腹にしてくれます。

精製された白いパンや白米などよりも、全粒穀物はカロリーが一般的に低いです。

果物や野菜のほとんどに食物繊維がたくさん含まれていますので、ダイエットのための食材としては最適なものでしょう。加えて、比較的カロリーも低いのです。

食物繊維

100%全粒粉と書かれているパンを選びましょう。大豆、ひよこ豆、黒豆などの豆類を食事に取り入れるようにしましょう。

豆は食物繊維とタンパク質を多く含んでおり、長時間満腹でいられます。

無脂肪乳

できるだけ牛乳を摂りましょう。牛乳に含まれるカルシウムは脂肪と戦ってくれます。
これまでの研究の結果で、すでに低脂肪、食事の量を管理するダイエットをしていて、無脂肪牛乳を毎日3回飲む人は、同じカロリーを摂取していたが無脂肪乳を飲んでいなかった人と比べて、ダイエットすることができた割合が高いことが示唆されています。

この研究では、カルシウムは脂肪の蓄積を阻害する可能性があり、ダイエットした部分のほとんどが腹部のエリアからのものであったとしています。この研究はまだ結論に達しているものではないですが、骨のためにも牛乳は必要ですので、飲むことをおすすめします。

2年間に渡り、ほとんど乳製品からカルシウムを摂取していた女性が、運動習慣を変えることなく一番体重と体脂肪を減らすことができたとの研究発表がありました。

若い女性に推奨されるカルシウムのレベルは1日1,200~1,500mgですが、同研究では一般女性のカルシウム摂取の平均は1日800mgであったと示されています。

大豆

牛乳の他のカルシウム源として薦められるものは大豆です。牛乳と同様の効果を大豆から得ることができます。大豆はカルシウムとほぼ同じ性質を持っているそうです。

ナッツ

ナッツはカロリーが高いのは事実ですが、タンパク質、食物繊維、良質の一価不飽和脂肪の源で、この全てがダイエットに役立ちます。

片手分(10~12個)のクルミやアーモンドは、心臓疾患、がん、糖尿病のリスクを下げることに役立ちます。

果物と一緒にサラダにナッツを加えたり、オートミールやシリアルにナッツを散らしてみましょう。

おわりに:ダイエットのための食材を賢く選んで取り入れる

今見てきたように、ダイエットに適した食材はさまざまです。水分が多く、食物繊維とカルシウムがたくさん含まれている物を上手に選んで、適量食べてダイエットを成功させましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ダイエット(245) 食物繊維(100) 食材(2) 大豆(14) 無脂肪乳(1)