ちょっとした工夫で痩せやすくなる!ダイエットを成功させる方法②

2017/5/29

2回にわたってお届けしている「ダイエットを成功させる方法」。前回は周囲からのアプローチを中心にご紹介してきましたが、今回はダイエット成功に欠かせない「心構え」を主にお伝えしていきます。

長いスパンでダイエットをとらえよう

「早く目標体重に到達したい」というのは、ダイエットする人なら誰もが願うことです。しかしそこで、「毎日2時間ジョギングをする!」「来月の結婚式に向けて10kg落とす!」などと無理な目標を立ててはいけません。極端で無茶な計画は目標体重への達成にはつながらず、ダイエットの成功が遠のいてしまう恐れがあります。

ダイエットを成功させるためには、現実的な目標に向かってコツコツ進むことが大切です。時間はかかるかもしれませんが、着実に体重を減らしていくことができるでしょう。

大きな目標を達成する過程の中に、小さな目標をいくつか立てることももおすすめです。「1週間に運動する日を1日増やし、それを1ヵ月継続する」など、小さな目標を設定し、達成するたびに自分にご褒美をあげるようにしましょう。ただし、ご褒美は食べ物以外のもの(CDや服を買う、映画を見に行くなど)にしてください。

太りやすい習慣やイベントを健康的なものに置き換えよう

出勤前にコンビニでその日のおやつを買っていったり、金曜日の夜は大抵飲み会だったり…なんて太りやすい習慣やイベントを繰り返していませんか?ダイエットを成功させるには、そういったルーティーンを健康的なものに置き換えることが大切です。おやつをクッキーではなく果物にしたり、飲み会の代わりにジムやボルダリングで汗を流したり、といった痩せやすい習慣に変えていきましょう。

自己分析をしよう

ダイエットを成功させるには、自分の気持ちや傾向をしっかり把握することも大切です。主なポイントを以下にまとめました。

自分の気持ちと向き合う

「毎朝6時に起きてランニングする!」と決意したのに、寝坊して出勤時間が迫っていたり、なんとなく面倒くさかったりして、「また明日」と先延ばしに…なんて苦い経験はありませんか?こういった経験を活かして次こそダイエットを成功させるには、「そもそもなぜ運動する気が起きないのか」について考える必要があります。

ここで考えられる原因としては、恐れや恥じらいがあります。「早朝ランニングをしている自分を見て、周りはどう思っているんだろうか」というきまりの悪さや恐れが心のどこかにあり、早朝ランニングから自分を遠ざけてしまっているのではないでしょうか。
そういった自分の弱さに向き合うことは辛いことかもしれませんが、まずはそういった気持ちを自覚することがダイエット成功の第一歩になります。

間食のきっかけを把握する

ダイエット中のストレスを溜めないために、たまにおやつを食べることはかまいません。しかし、そのおやつが習慣化してしまっているのであれば大きな問題です。もし、辛い一日を乗り切った後や健康的な食事をした後のご褒美として、おやつを食べているのであれば要注意です。ダイエットを成功させるために、おやつを食べてまうときのきっかけを書き出し、把握するようにしましょう。

おわりに:自分自身や周囲の環境を見直そう

参考になる情報はあったでしょうか?ダイエットを成功させるには、大きな目標を見据え、自分と向き合う心構えも重要になってきます。がむしゃらにダイエットに突き進む前に、いま一度立ち止まって、自分自身や周囲の環境を見直してみることをおすすめします。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

体重(45) ダイエット(252) 成功(16) 方法(60) 減量(43) 痩せる(32)