人生にとって大きなリスク! 糖尿病の症状を知り、いち早く対策

2017/6/2

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

ほっておくと失明の危険ばかりか、命の危険もある糖尿病。その症状の現れ方を知っておき、いち早く処置をすることは、大げさでなくあなたの人生にとって、とても大事なこととなります。
糖尿病とその症状について学びましょう。

糖尿病とは?

糖尿病は、血糖値が正常よりも高くなり過ぎる状態であり、発症すると生涯にわたる病気になります。
糖尿病には主に以下の2つのタイプがあります。

1型

膵臓がインスリンを生産しない状態です。通常、子供や若年成人が診断されることが多く、以前は若年性糖尿病として知られていました。おもに自己免疫などによって自身の膵臓の細胞が破壊されることが原因です。

2型

膵臓が十分なインスリンを分泌しているにも関わらず、細胞がインスリンに反応しづらくなってしまう(インスリン抵抗性)ことがおもに原因となる糖尿病です。軽度の2型糖尿病の場合は、自分では気付かないこともあります。

1型糖尿病と2型糖尿病の両方に共通する主な症状

・激しいのどの渇き
・通常よりも頻繁な、特に夜間の排尿
・激しい疲労感
・原因不明の体重の減少
・かすみ目
・傷の治癒が遅くなる

糖尿病の可能性があると思ったら、できるだけ早くかかりつけ医の診察を受けてください。 早期診断と治療は、後で合併症を発症するリスクを減らすために、非常に重要です。

より緊急の治療を受けるべき症状


糖尿病の可能性があるとわかり、さらに以下の症状がある場合は、緊急の治療を受けましょう。
・食欲不振
・吐き気、または嘔吐
・高体温
・腹痛
・口臭がフルーティーな甘い香りになる

糖尿病予備軍とは?


ほとんどの場合、2型糖尿病を発症する前に「糖尿病予備軍」の状態になります。これは、血糖値は正常値より高いものの、糖尿病と診断されるほど高くはない状態です。

糖尿病予備軍の明確な症状はないため、自分が予備軍であるとは気づかないかもしれません。
糖尿病の検査を受けているときに糖尿病予備軍であることを知ることがほとんどです。
しかし、上記で述べたような症状を自身で感じている場合は、お早めに医療機関を受診することをお勧めします。早期治療をすれば、実際に血糖値を正常値に戻すことができます。

また、糖尿病予備軍の場合、1年から2年ごとに1回、2型糖尿病のチェックをする必要があります。

糖尿病予備軍を示す結果は、以下のとおりです:

・HbA1C 5.7%から6.4%
・空腹時血糖 100〜125 mg/dl
・OGTT2時間血糖 140mgl/dlから199mg/dl

おわりに:予備軍だと思ったら、注意を怠らないようにしましょう

糖尿病の原因には、複雑かつ様々な要素が絡み合っており、その人が糖尿病になるかどうかを決める役割は、遺伝子と環境の両方が担っています。
いずれにせよ、ふだんから健康な生活をおくるとともに、自分の体の変化を敏感に感じるようにしておくことが大切です。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

糖尿病(274) 症状(559) 血糖値(77)