夏のアイスはダイエットの敵!? ダイエット中にアイスを食べるには②

2017/6/6

前回の記事では、ダイエット中のアイスの選び方についてまとめました。ダイエット中でもたまにはアイスを食べても良いのです。でも、どんなアイスでも食べて良いわけではありません。

この記事では、ダイエット中にも食べられるアイスについてまとめてあります。

ダイエット中でも食べられるアイスは?

低炭水化物と低脂肪のアイスクリームがふつうのアイスクリームよりも高いことは珍しくはありません。

わざわざ高価な低カロリーのアイスを買わなくても、ダイエット中にぴったりなアイスがあります。

暑い日に備えて、以下に挙げた低カロリーで健康的な自家製アイスを冷凍庫の中に入れておきませんか。

冷凍したフルーツ

ブルーベリー、ブドウ、イチゴ、ラズベリーは、それだけでも低脂肪のヨーグルトのトッピングとしても魅力的なものです。冷凍しておき、フローズンヨーグルトにのせて食べましょう。

自家製のフルーツとクリームのアイス

フルーツと低脂肪のバニラヨーグルトをまぜて、小さな使い捨てのカップや専用の器に入れて冷凍庫に入れておきましょう。

バナナチップス

12枚位に薄くスライスしたバナナを袋に入れて冷凍しておきましょう。

チョコレートチップス

大さじ1杯のチョコレートチップスは約70カロリーありますが、冷凍庫に入れておけば、量も把握できるので、クールで甘いデザートとして楽しめます。

コールドスモアカップ

全粒分のクラッカーを砕いて、大きなマシュマロ、チョコレートチップと一緒に小さなカップに入れ、電子レンジに数秒間入れてから凍らせましょう。

ダイエットに最適なフロート

低脂肪バニラアイスクリームと低カロリーの炭酸飲料を混ぜて、フロートにします。

コーヒークーラー

氷とコーヒー、ココア、低カロリー甘味料とをブレンドすれば、コーヒー専門店のものよりもカロリーの低いコーヒクーラーができあがります。

ダイエット中でも我慢してばかりは良くない?

体重を減らそうとしているとき、ときには100〜150カロリーくらいを自分に許すことが重要だといいます。我慢ばかりでは、ダイエットは続かないでしょう。

我慢していると、ダイエットの途中、いつかいやになり、ダイエットを放棄してしまいます。アイスクリーム好きの人は、量を減らして楽しみましょう。

無脂肪または低脂肪のものを選べば大丈夫?

アイスよりもカロリー節約効果がある無脂肪または低脂肪のヨーグルトを選びましょう。

また、フルーツ風味のフローズンスイーツを試してみましょう。棒付きのフルーツ風味の冷菓であれば、約60カロリーです。

もしどうしても本物のアイスクリームを食べたい場合、低脂肪アイスクリームがあります。
低速でかく乳したアイスクリームには、脂肪を過剰摂取しなくても、おいしいものもあります。 新しいかく乳技術で実際よりも脂肪分が多いアイスクリームの味を作れるといわれています。 しかし、すべての商品が同じように作られているわけではないので、必ず栄養成分表示を確認しましょう。

おわりに:自家製アイスで上手にダイエット

ここで紹介したように、ダイエット中でも食べられる、低カロリーでおいしいアイスやフローズンデザートをお家で作ることができます。いろいろ試して、あなたのオリジナルなフローズンデザートを作ってみませんか?

ストレスをためないように、上手にカロリーを調節して、アイスを楽しみましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ダイエット(252) アイス(2) フローズンヨーグルト(2) 自家製アイス(1) フローズンデザート(1)