ダイエットに効くお料理道具!?~これから自炊を始めるあなたに~

2017/7/20

「普段外食ばかっりだな」「コンビニのご飯にも飽きてきた...」

そんなあなたは自炊を始めてみてはどうでしょうか。お金の節約になるだけでなくダイエットにもメリットがあります。

さらに、この記事ではダイエットをサポートしてくれる料理道具もご紹介します。この記事を参考にいままで自炊してこなかった人も、普段から自炊する人もダイエット中は料理道具を効果的に使っていきましょう。

自炊はダイエットにいい?

スーパーやコンビニで売っている食品の塩分、糖分の量や一食分の量は必ずしもあなたにとって適切な量であるとは限りません。ですが、自炊すると食事のカロリーや塩分、糖分の量、さらには一食分の量を自分で決めることができます。野菜を多めにする、より脂肪分の少ない肉を使うといった工夫も自分でできます。つまり、自炊は食生活を自己管理しやすくしてくれるので、ダイエットや健康管理にメリットがあるということです。

料理にもダイエットにも必要な道具たち

これから自炊を始める人はまず料理するための道具をそろえる必要があるでしょう。これらの道具を買うとき以下でご紹介する道具もそろえることをおすすめします。普段から自炊する人も使い方を参考にしてみてください。

まな板と包丁

普通野菜など切るのに使いますが、ダイエットのためにはもう一つ使い方があります。調理前の肉の脂肪を包丁を使って取り除くのです。料理のカロリーを減らすことができます。

焦げ付かないフライパン

フライパンを買うときは焦げ付き防止加工がしてあるものを選びましょう。調理時につかう油の量を抑えることができます。

クッキングスケール

クッキングスケールで一食分につかう肉や野菜の量をきちんと測りましょう。体重をコントロールするためには、一食分の量を意識し食べすぎを防ぐことが大切です。

フードプロセッサー

フードプロセッサーは調理の手間を減らしてくれ、料理の中に野菜を取り入れやすくしてくれます。スムージーが作れる機能がついていれば、果物や野菜を手軽にスムージーとして摂取できます。

蒸し器

最近は電子レンジで使える手軽な蒸し器もあります。余分な油を使わずに調理できるのでカロリーを抑えることができます。さらに、野菜は蒸すことで栄養を損なわずに摂取することができます。

穴じゃくし

フライパンからお皿へ食べ物を移す時には穴じゃくしを使い、余分な油脂を落とすようにしましょう。

おわりに:料理道具をそろえてダイエットのために自炊を始めよう

普段から自炊しているひともまだしていない人も、自分で料理を作ることはダイエットのために大きなメリットがあります。忙しい人は週に数回するところから始めてみましょう。もし今回ご紹介した料理道具が家に無い場合は、これを機会に新しく買ったり、買い換えたりしてみるといいでしょう。それらの料理道具はあなたの食事をよりダイエットに効果的なものにしてくれるはずです。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ダイエット(245) ヘルシー(2) 料理(4) 自炊(1)