肌荒れ改善に役立つビタミンにはどんなものがあるの?

2017/6/19 記事改定日: 2019/5/16
記事改定回数:1回

田中 美帆 先生

記事監修医師

メディアージュクリニック青山、皮膚科

田中 美帆 先生

肌荒れの対策にはビタミンが効くという話は聞いたことがあるかもしれません。ですが、実際にどの種類のビタミンがどの症状に効くのかご存知ですか。
さらに、肌荒れ対策にはビタミンだけでなく、抗酸化物質も大きな効果を発揮してくれます。

この記事では肌荒れに効くビタミンと抗酸化物質について解説していきます。

肌荒れに関係するビタミンの種類とは?

肌荒れ対策に有効なビタミンの種類と摂り方をご紹介していきます。

ビタミンC、ビタミンE

ビタミンC、ビタミンEは肌の自然修復システムを早め、日光のダメージや皮膚がんから肌を守る効果があります。さらに、紫外線によるシミやシワを改善してくれる効果も期待できます。ビタミンCは果物や緑黄色野菜に、ビタミンEは大豆や穀物、緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンB群

ビタミンBには様々な種類があり、まとめてビタミンB群と呼ばれています。どれか一つだけでは効果は発揮せず、お互いに助け合うことで、活動のエネルギーを生み出す手助けをしています。
また、皮膚や粘膜の代謝を促進し、健やかな肌を育てます。ビタミンB群は果物、豚肉、玄米など様々な食品に含まれています。

ビタミンA

ビタミンAは皮膚や粘膜の健康を保って免疫機能を維持したり、視力を正常にするなどの働きがあります。肌のターンオーバーを正常化してくれる作用もあります。脂溶性のビタミンなので油と一緒に摂取すると吸収率がアップします。
レバー、うなぎ、にんじん、モロヘイヤ、かぼちゃなどに多く含まれています。ただ、過剰摂取すると気分不良になったり妊娠中は胎児に影響を及ぼすので適量を守りましょう。

肌トラブルと抗酸化物質

ストレスや紫外線、タバコ等により体内でエネルギー反応に使われている酸素が一部酸化し、活性酸素を増やして細胞や血管を攻撃してダメージを与えます。それを防いでくれるのが抗酸化物質と呼ばれているものです。抗酸化物質を摂取することで、肌のダメージを少なくし、シミ、しわ、たるみ、ニキビなどの改善につながります。以下にいくつか抗酸化物質の代表的なものを挙げます。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE

ビタミン類は代表的な抗酸化物質です。果物やサプリメントで手軽に摂取することが出来ます。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は本来は体に存在する抗酸化物質で、細胞の増殖を助け、がんの蔓延を防いでくれます。しかし、年をとるとともにコエンザイムQ10は自然に減っていってしまい、肌の老化を引き起こします。
そのため、クリームやサプリメントなどでコエンザイムQ10を摂取し、加齢に伴うしわを防いでいきましょう。

フラボノイド

フラボノイドは緑茶やチョコレートなどに含まれるポリフェノールの一種です。ドイツで行われた研究では、フラボノイド濃度が高いココアを3ヶ月間飲み続けた女性は、フラボノイド濃度の低いココアを飲んだ別の比較対象の女性よりも、肌の弾力と滑らかさが回復したことが分かりました。

肌荒れ改善に役立つおすすめレシピ

肌荒れが気になるときは、肌荒れの改善を促す栄養分が含まれた食事を摂ることも大切です。ここでは、肌荒れ改善に役立つおススメレシピを3つご紹介します。

ニンジンの薄切り炒め

にんじんにはビタミンが豊富に含まれているばかりでなく、食物繊維によって便通を整える効果もあるため、肌荒れ改善に有用な食材の一つです。

にんじんはピーラーで薄切りにし、ごま油で良く炒め、だし汁、砂糖、しょうゆを加えて軽く炒め煮したら完成です。

肉バラトマト煮込み

がっつりしたメニューを食べながら、肌荒れ対策をしたいという人におススメの一品です。ビタミンBが豊富な豚肉と種々の野菜をミックスすることで栄養をまんべんなく摂ることができます。

適当な大きさにカットした玉ねぎやニンジンなどお好みの野菜と小麦粉をまぶした豚バラ肉を良く炒めます。そこに、しょうゆやみりん、砂糖で適当に味付けし、ホールトマトとコンソメキューブを投入して良く炒めたら完成です。

いちごとキウイのスムージー

手っ取り早く肌荒れ改善に必要な栄養を摂りたいと言う人には、朝食時にスムージーがおススメです。ビタミンCがたっぷり含まれたフルーツでスムージーを作ってみましょう。

イチゴ、キウイ、バナナは適量を一口大にカットし、牛乳と共にミキサーに入れて攪拌します。お好みではちみつやきなこなどを入れるのもおススメ。デザート感覚でいただきたい人は、牛乳ではなくヨーグルトを入れるとよいでしょう。

おわりに:ビタミンや抗酸化物質で肌荒れを防ぎ、改善しよう

ビタミン剤や抗酸化物質を摂取するときは、それぞれの働きを助け、効果を高める亜鉛などのミネラルも一緒に摂取するとより効率がよくなります。食事はバランスを心がけ、積極的に摂取していきましょう。

この記事に含まれるキーワード

種類(66) ビタミン(24) 肌荒れ(22) c(1) b(1)