コンタクトを安全に使うためのルールを知りましょう

2017/6/15

渡辺 先生

記事監修医師

東京都内大学病院眼科勤務医

渡辺 先生

非常に多くの人がコンタクトレンズを使用していますが、安全に使用するための指示を守っていない場合も多いです。
コンタクトレンズを正しく使用しないと、眼の感染リスクが高まります。
感染を予防するために大切なのは、ルールを守って使用すること。
この記事ではコンタクトレンズの安全な使い方やアドバイスをご紹介します。

全てのコンタクトレンズ使用時に共通する注意点

コンタクトレンズには大きく分けて、硬質ガス透過性レンズ(ハードレンズ)とソフトレンズの2種類があります。
コンタクトレンズの使用と手入れの方法は製品によって異なりますが、どんな製品を使う場合も必ず医師の指示に従ってください

気をつけるべきポイント

・手を石鹸でよく洗い、完全に乾かしてからレンズを扱う
・コンタクトレンズを外したあとに眼鏡をかける場合は度数が合っているか確認する
・使用していて違和感があった場合に備えて、コンタクトレンズの箱をとっておく
・推奨されている時間以上にレンズを装着しない
・レンズの交換時期と洗浄液の使用方法は医師の指示に従って行う
・眼科で定期的な診察を受ける
・コンタクトレンズを使用していて問題があった場合は専門医に相談する
・レンズが破損していると思ったら直ちに使用をやめる
・他人のコンタクトレンズを装着しない
・水道水でレンズのすすぎや保管をしない
・洗浄液を別のボトルに移さない(移し変えた容器が無菌状態でない可能性があるため)
・レンズを唾液で濡らさない
・シャワーや水泳のときはレンズをつけない

こんなときは医師に相談しましょう

「目に異変や不快感がある」「レンズをつけてもよく見えていない」「目が赤くなって痛みがある」「目が腫れてしまった」・・・そのような場合は使用をやめ、すぐに医師に相談してください。

コンタクトの種類別の注意

ここでは、異なる使用期限のコンタクトの扱い方について見ていきましょう。

繰り返し使用可能なタイプ

一度使用したものを繰り返し使えるレンズについては、以下の方法が適用されます。

消毒

コンタクトレンズを外した後は、レンズに汚れがたまるのを防ぐために消毒が必要です。
タンパク除去成分の入った洗浄液で洗浄・消毒を行い、レンズをこすり洗いして汚れを落としましょう。

消毒の手順

レンズを消毒するために、一定の時間、保管ケースに洗浄液を入れてレンズを浸してください。
衛生的な観点から毎回新しい洗浄液を使用する必要があります。
一度使用した洗浄液を再び使用することや注ぎ足すことはしないでください
消毒には医師が推奨するケア製品のみを使用し、使用方法の指示を守りましょう。

ケースの洗浄

コンタクトレンズのケースが汚れていると、目の感染症の原因になります
感染を避けるために、毎日保管ケースをすすぐこと、使用後に乾燥させること、ケースは月に一回交換することを忘れずに行いましょう。
また、週に一度は清潔な歯ブラシと洗浄液を使用してケースの掃除をすると尚良いです。

使い捨てタイプ

使い捨てレンズの場合は洗浄や消毒は必要ありません。
これらのレンズは繰り返し使用するのには適していないため、再使用してはいけません。

また、使い捨てレンズを使用していても、定期的に診察を受けることが大切です。

おわりに:定期的な検診も忘れずに

コンタクトレンズを安全に使用するには、医師からの指示や製品の使用方法に従うことが大切です。
また、どのようなタイプのレンズを使っていても眼の健康状態を把握するために定期的に検査を受けるようにしましょう

関連記事

この記事に含まれるキーワード

コンタクトレンズ(8) 眼の感染(1) 安全な使用法(1) 注意点(8)