子宮摘出後の性生活~セックスへの影響は?~

三上 貴浩 先生

記事監修医師 東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

二宮 英樹 先生

記事監修医師 東大医学部卒、セレオ八王子メディカルクリニック

二宮 英樹 先生

子宮摘出手術を受けた女性は、
膣乾燥や性欲の減退など
セックスにかかわるさまざまな問題に悩まされることがあります。

さらに、
「セックスを再開できるようになるのはいつ?」
「感度が下がるの?」
などなど、人には聞きづらいギモンもたくさん。

今回の記事では、子宮を摘出した女性やこれからするかもしれないという女性に向けて、性生活への影響や対処法をまとめました。

もくじ

子宮摘出後、セックスをするまでどれくらい待つべき?

手術後約4~6週間はセックスを避けることが賢明です。手術跡が癒え、膣から膿や血が出なくなるまでには、おおよそそれくらいの期間を要します。

子宮摘出後のセックスで出血したら?

子宮摘出直後の人だけではなく以前子宮を摘出した人も、セックス後に出血に気づいた場合は医師の診察と治療を受け、経過を観察してください。

子宮を失った悲しみを乗り越えるには?

子宮を摘出した後、「女性らしさが減ったのではないか」「性的魅力が失われたのではないか」と心配になったり、喪失感や悲しみを感じたりする女性は多いです。

しかし、このような感情も乗り越えることができます。

まずは、手術から回復することに集中しましょう。健康的な食事をしたり、運動をしたりして(運動量については医師の指示を受けてください)、自分の気持ちをパートナーや友人に話しましょう。

もし悲しみに対処しきれないと感じた場合は、医師に相談してください。カウンセリングを受けるのもいいでしょう。

子宮摘出後、性欲が減退したら?

子宮を摘出した後、セックスに関心が薄くなる女性もいます。
回復するにつれて性欲が戻ることもありますが、性欲の減退が深刻に感じたらパートナーと話し合ってください。専門医やカウンセラーからのサポートを受けることもできます。

また、性欲減退は鬱や更年期障害、人間関係の問題、ストレスでさらに悪化する可能性があります。このような要因は一時的なものに留まることが多いですが、更年期障害や鬱の症状が続く場合は、医師の診察を受けてください。更年期障害を治療することで全体的な健康状態を改善することができ、性欲が戻る場合があります。

子宮摘出でセックスの感度が下がる?

子宮摘出をしたからといって、感度が下がったり、オルガスムに達することができなくなるわけではありません。あなたの陰核と陰唇の感度は保たれたままです。

子宮頸部がオルガスムに対してどのような役割を果たすのかは知られていません。「子宮頸部を摘出するとオルガスムに悪影響が出る」という説もありますが、「悪影響は出ない」という説もあります。

実際、閉経前に部分的な子宮摘出手術を受けた女性と受けなかった女性を比べた結果では、性機能については両方とも同じような結果が出ました。ただ、外科的観点から比較したところ、「多くの女性において、セックスでの感度が減少した」と認められた面もあります(「パートナーが挿入したときにあまり感じなくなった」「膣が乾燥した」「以前ほどオルガスムが鮮烈ではなくなった」など)。子宮摘出の前は、オルガスムのときには子宮が収縮するのを感じていたとしたら、術後はそのような感覚を得ることはないと考えられています。

もし子宮摘出のせいで膣が以前よりも乾燥すると感じる場合は、ローションを使ってみてください。薬局やインターネットで購入できます。また、骨盤体操で膣の筋肉を刺激し性感を高めるという方法も推奨される場合があります。

(なお、膣乾燥や感度の低下などセックスでの悪影響を取り上げてはいますが、手術により痛みがなくなり幸福感が増したという女性もいます)

おわりに

抱えている悩みやギモンは解消されたでしょうか。子宮を摘出したあと、落ち込んだり、セックスのことで悩んだりする女性は決して少なくありません。もし苦しんでいることがあれば、恥ずかしがらず専門医やカウンセラーに打ち明けてみてくださいね。

幸せな性生活一覧へもどる

この記事に含まれるキーワード