下痢の症状と治し方 ~ お腹が痛いときはトイレへ行くだけで治るの?

2017/6/20

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

突然の腹痛、イヤな予感……、お腹を下したときの痛みやつらさはなってみないとわかりませんよね?

下痢になったらどうすれば良いのでしょうか? 何も口に入れないほうが良いのか? それとも!? この記事では、下痢の症状と治し方についてまとめました。

下痢の症状は?

下痢は、通常よりも軟らかい、ゆるい、または水分の多い便を意味します。

下痢がひどい場合や長期間続く場合、体は十分な水分や栄養素を吸収できません。その結果、脱水または栄養不良を引き起こす可能性があります。脱水や電解質(ナトリウムやカリウムなど)が減少する下痢は、命を脅かす可能性もあります。

また、がんの治療やがん自体が下痢を引き起こすか、悪化させる可能性もあります。また、いくつかの薬、感染症、ストレスなどによっても下痢は起こります。

その他、めまいや体がふらふらする場合、濃い黄色の尿の場合、尿がほとんど出ない場合、または発熱が38℃以上の場合も注意が必要です。

下痢の合併症を予防するためには?

下痢は合併症を起こす可能性があります。合併症を予防するため、下記のような対策をしましょう。

下痢の合併症を予防:水分をとる

毎日たくさんの水分をとりましょう。ほとんどの人は毎日コップ8〜12杯の水分をとる必要があります。重度の下痢で水分が著しく失われた場合、点滴によって体液の補正を行う場合があります。

下痢の合併症を予防:少量の食事

胃の負担とならないものを少量食べましょう。 3回の食事の代わりに、1日6回から8回、少量の食事を食べましょう。脂っこいものなど下痢を悪化させそうな飲食物は制限したり、避けてください。

 

下痢の合併症を予防:肛門部を清潔に

肛門部を清潔で乾燥した状態に保ちましょう。ぬるま湯や水を使ってきれいにしましょう。お風呂に浅くお湯を入れての座浴もオススメです。その後は、きちんと拭き取り、乾燥させましょう。

診察を受ける準備

以下のことを医師に確認すると良いでしょう。

・下痢の原因は何ですか?
・どのような症状が現れたら病院に連絡するべきか?
・どのくらいの量の水分を毎日飲むべきですか?
・現在の状況に適した食べ物や飲み物はなんですか?
・下痢を予防し、腹痛を軽減するために、どのような薬やその他の治療ができますか?

自宅での下痢の対応

下痢は数日以内に治ることがほとんどです。
脱水を避けるために十分な量の水分をとることが重要です。

塩分と糖分を摂取するためにジュースやスープを少しずつ飲んでください。もし食べることができそうだと感じたら、ジャガイモ、米、バナナ、スープ、ゆでた野菜などから試しましょう。

薬剤師に話を聞く

子供や高齢者は、脱水状態になりやすいです。ドラッグストアには、経口補水液と呼ばれる糖分や電解質をバランスよく含んだ、体内の水分を保つのに役立つドリンクがあります。薬局で薬剤師に聞いてみましょう。

次の場合は医師の診察を受けてください。
・非常に気分が悪く、嘔吐が続いている
・食欲がなく、体重が減っている
・下痢が治らない

おわりに:下痢が続いている時に注意すべきことを確認しましょう

下痢になったときは、まずはゆっくりと休養することが必要ですが、水分をたくさんとること、塩分や糖分の補給も大切です。

次の記事では子供が下痢を起こしたときの対処についてまとめています。

↓ 続きはコチラ ↓


子供が下痢のときどうする?

つらそうな子供の下痢~子供の下痢の治し方は?


関連記事

この記事に含まれるキーワード

下痢(159) 治療(464) 治し方(23) 脱水状態(6)