レーシック手術による後遺症にはどんなものがあるの?

2017/6/26

渡辺 先生

記事監修医師

東京都内大学病院眼科勤務医

渡辺 先生

レーシック手術は、日本でも多くの有名人が実践したことのある視力矯正方法ですが、一方で気になるのがその「後遺症」…。
ということで今回の記事では、レーシック手術によって起きる可能性のある後遺症を詳しく解説していきます!

レーシック手術とは?考えられる問題点は?

レーシック手術とは、レーザーを使って網膜に光線を当て目の角膜の形を整え、視力を矯正する治療法です。すでに多くの人が実践し、視力の回復が実現している画期的な治療法ですが、一方で下記のような問題点も指摘されています。

・手術の成功率は高いものの、100%ではない

・視力が完全に回復しないこともある

・遠視矯正のためにレーシックを受けたとしても、将来的には老眼鏡が必要になる

・近視矯正の場合、手術を受けていない人より早く老眼鏡を必要とするケースがある

・再手術の必要が出てくる場合がある
レーシック手術の効果は時間の経過とともに減っていく可能性があるため、再手術が必要になるケースも少なくありません。

・後遺症が残る可能性がある

レーシック手術による後遺症とは?

レーシック手術の影響で、下記の後遺症や合併症が引き起こされる恐れがあります。

失明など修復不能な眼の損傷

まれに、手術中のトラブル(レーザー装置の機能不全など)や手術後の合併症(炎症など)により、永続的な失明など修復できない傷が目に残ってしまう可能性があります。ただし、症状によっては手術で治療できる場合もあります。

視力低下

手術前に眼鏡やコンタクトで見えていたように、はっきりと見えないことがあります。その場合、手術した後も眼鏡やコンタクトをつけなければいけなくなってしまう可能性があります。

ハロ現象

「レーシック手術後、半年以内に視覚障害を訴える人の多くは「ハロ現象を経験している」という説があります。「ハロ現象」とは、夜間目にした光の周りに光の輪が見える後遺症のことです。これにより夜間の運転が困難になってしまうケースがあります。
(類似の後遺症として、夜間の光がギラギラ光って見える「グレア現象」が存在します。)

コントラスト感度や鮮明度の低下

後遺症のひとつとして、対象物が不鮮明または灰色に見えることがあります。視力検査の結果が良好であっても、夜間や霧のようなコントラストが低い状況では、前と比べて色がはっきり見られないことがあるのです。

深刻なドライアイ

レーシック手術の結果、目が十分な量の涙を溜めることができない後遺症―ドライアイを引き起こす人は少なくありません。ドライアイは不快感を引き起こすだけでなく、断続的なぼやけや他の視覚的症状を引き起こす恐れもあります。この症状は永久的に続くことがあり、点眼治療などが必要になってしまうことがあるのです。

角膜感染症または炎症

レーシック手術後に起こる恐れのある合併症の一種です。発症した場合、追加の手術やその他の治療が必要になる場合があります。

角膜フラップの問題

不完全なフラップにより角膜が歪んでしまう場合があります。

おわりに:レーシックのメリットとデメリットをよく確認しよう

レーシックによって無事視力を回復できた人は多く存在する一方、目の繊細な部分の手術となるため、ドライアイやハロ現象などの後遺症に悩まされる可能性がゼロではないことも事実です。レーシック手術を検討している方は、手術前に専門医に詳しくメリットとデメリットを聞いておくことをおすすめします!

関連記事

この記事に含まれるキーワード

治療(464) ドライアイ(16) 後遺症(30) 視力(10) 失明(14) レーシック(12) ハロ現象(1)