子どもの成長にも影響が…やっぱり恐い肥満のリスク

2017/3/15

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

肥満が原因で引き起す問題には心臓病、糖尿病 、高血圧 、高コレステロール 、喘息 、睡眠時無呼吸症候群、がんなどがあります。

また、重度の肥満は肝臓の問題や関節炎を引き起こす可能性があり、どれも恐ろしい病気の原因となります。

子どもの肥満も深刻です。 心臓病や糖尿病など大人と同じような病気の危険性もありますが、うつ病を患ったり、いじめを受けるリスクが高くなってしまいます。

肥満の境界線はどこから?

まず、肥満に関して知っておくべき3つの数字があります。実際の体重、BMI(体格指数)、そして腹囲の測定値です。

BMI(体格指数)を知りましょう

BMIは身長と体重から計測します。 医療用語の「過体重」および「肥満」はBMI値に基づいています。

25〜30のBMIは過体重と定義され、30以上のBMIは肥満とみなされます。 BMIが高いほど、2型糖尿病や心臓病などの肥満関連の疾患を発症するリスクが高くなります。

あなたのBMIはいくつですか? 太り過ぎですか、肥満でしょうか? BMI計算機やBMI指標などを利用して計測できますので実際に測ってみてください。

腹囲はどれぐらいでしょうか?

腹部に蓄積する体脂肪は、臀部や大腿部に蓄積する体脂肪よりも健康を害する危険性を持っています。腹囲は、心臓病、高血圧、高コレステロール、および2型糖尿病のリスクに関する重要な情報を提供するものです。

男性は85センチ以上、女性では約90センチ以上であれば、腹囲が大きすぎると考えています。

メタボリックシンドロームにも注意

妊婦でもない人の大きなお腹は、メタボリックシンドロームの一つの兆候ですメタボリックシンドロームもしばしば2型糖尿病に進行していきます。

メタボリックシンドロームがあると思われる場合は、適切な診断テストを受けることができるように医師と話し合うことが重要です。

メタボリックシンドロームの治療には、体重を減らし、健康的な食事を摂り、活動レベルを上げるなど、基本的なライフスタイルの変化が必要となります。医師のアドバイスを受け具体的な計画をたてていきましょう。

体重減少を妨げる状態と薬

一部では、過体重または肥満は、減量努力を妨げる健康状態または服用している薬に関連している可能性があります。

 以下に記載されている症状を抱えている、または薬を飲んでいる場合は、体重を管理するための対策について医師に相談してください。場合によっては、病状の特定の治療や薬の変更は、体重管理のためのプランに違いを生むことがあります。

肥満の原因となる疾患

多嚢胞性卵巣疾患
クッシング病
糖尿病
甲状腺機能低下症
心臓血管
うっ血性心不全
特発性肥大型心筋症
心臓弁疾患
閉塞性睡眠時無呼吸
上気道抵抗症候群
摂食障害
過食症
炭水化物渇望症候群

体重増加の原因となる薬

抗ヒスタミン剤
アルファブロッカー
ベータブロッカー
メチルドーパ
プロゲスチン
三環系抗うつ薬
インスリン
スルホニル尿素
バルプロエート
リチウム
神経弛緩薬

脱肥満!小さな変化で驚きの効果

体重管理について医師に相談する方法

体重を減らし、体力を改善し、心臓病、高血圧または2型糖尿病を発症する機会を減らすのに役立つ、健康的な食事や身体活動について医師に相談してください。 

現実的な目標を設定してください。 小さな変化が健康に驚くほどの効果を生むことがあります。 医師は、現在の生活様式を完全に見直す必要のない、実用的な提案をすることができます。

 場合によっては、医師が登録栄養士などの栄養専門家を紹介して、食事の選択に関する詳細なカウンセリングを依頼する場合があります。

 たとえば、医師とこんな会話から相談を始めたいと思うかもしれません。

・食生活、カロリー、身体活動などに関するパンフレットがないか、医師に尋ねる
・医師にBMIを測定してもらい、ご自身の健康状態に関してどのような意味があるのか尋ねる
・腹囲を測定してもらい、医師と測定の結果について話し合う
・現在の食事と活動レベルをとらえ、そしてどの程度の減量がより良い健康を促進するかもしれないかについて考えを準備する
・医師に行く前にどれぐらいの減量をしたいかを考える
・居住している地域において、栄養士や身体面のトレーナーなどの専門家が活用できるかどうか尋ねる

アクティブになる方法

体重が問題であるかどうかにかかわらず、すべての成人と子供において健康を維持することは重要です。

ライフスタイルの変更は効果的であればよいので、劇的なものである必要はありません。 毎日適用される簡単な措置は、時間の経過と共に大きな違いを生むことがあります。 ここにいくつかの例を挙げます。

・現在行っている身体活動を1日に10分増やしたり、強度を低から中程度に上げたりする
・画面をみて過ごす時間を制限し、テレビやゲームの時間を1日に合計2時間未満に制限する
・エレベーターの代わりに階段を利用する
・駐車場の最端に駐車し、できるだけ近くに駐車するのではなく、目的地まで歩く
また、・バスを1つ早く降りて、残りの道を歩くこともできる
・より多くの家事をする(散布、掃除、除草など)
・犬や子供たちと歩いたり、走ったりする
・テレビを見ながらエクササイズマシン(トレッドミルやバイクなど)を使用する
・「積極的」に休暇を取り、ハイキングや自転車に乗る
・車を運転するのではなく、食料雑貨品店や郵便局などで用を足すために歩く
・歩数計を購入すると、毎日の歩数を測定できます。 日々の歩数を徐々に増やす (歩数計はスポーツ用品店で購入できる)
・運動することを恥ずかしく思わない!

食生活を変える方法

体は脂肪をエネルギーに変えます。 また、脂肪を使って神経組織やホルモンを作り、炎症をコントロールします。

 あなたの体が食品からビタミンA、D、EおよびKを吸収する際にも脂肪は役立ちます。

しかし、脂肪を過剰に摂取すると肥満が進行します。 脂肪のカロリーは、炭水化物やタンパク質よりも簡単に体脂肪に変わります。 食事の脂肪は食欲を混乱させる可能性があり、 からだが満腹かどうかを判断できなくなります。

また、総コレステロールと血圧を上げ、がん、心臓病や糖尿病のリスクを高める可能性のある脂肪もあります。食事からすべての脂肪をカットする必要はありませんが、脂肪の摂取量を抑える必要はあります。 

不飽和脂肪酸で作られた食品を食べ、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸が多い食品は控えるようにしましょう。
また、子どもが健康的な食事生活を送るメリットには以下のものがあります。

・健康的な成長発達(身長と体重)
・精神的健康
・学び、集中する能力
・強い骨や筋肉
・活動的
・病気と闘う力
・より速い創傷治癒力と回復力
・心臓病、脳卒中、糖尿病、がん、および骨疾患のリスクを低下させる

ダイエットのピルとサプリメントは体重減少に役立つか?

市販のダイエット薬は安全か?

ダイエット薬は、最初は体重を減らすのに役立つかもしれませんが、体重を減らしたまま保つのには役立ちませんし、副作用を引き起こす可能性があります。

 ほとんどのダイエット薬は、アメリカ食品医薬品安全庁(FDA)によって検査されていないため、薬が安全かどうかは確信できません。

 薬を服用しても、食事や運動の習慣を変える方法を学ぶのに役立ちません。 これらの習慣を永続的に変化させることが、体重を減らしてそれを維持する方法です。

では、処方される減量薬は効く?

減量用の食事メニューと定期的な運動を組み合わせれば、減量薬は肥満の人に効果的です。薬の効果で空腹を感じなかったり、少量の食べ物で満腹になったりすることがあります。

脂肪の吸収を防ぐものや、食欲を減らす効果があるものがあります。

しかし、処方される減量薬は理想体重よりも20%以上多い人や、BMIが高い人のために設計されて重度の肥満の人にのみ適用されますし、一度服用をやめるとリバウンドする可能性があります。

おわりに:体重をキープするために継続的に努力していきましょう

肥満には簡単な治療法はありません。減量には健康的な食事をし、定期的に運動するという習慣を継続していく必要があります。

減量後も体重をキープするには、生涯努力が必要なことを忘れないでください。

この記事に含まれるキーワード

子ども(68) ダイエット(241) 肥満(81) 病気(72) メタボ(10)