頭痛は病気のサイン?どんな病気が原因なの?

2017/7/10 記事改定日: 2019/2/28
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

頭痛には慢性頭痛(一次性頭痛)という病気が原因でないものもあれば、病気が原因の二次性頭痛もあります。この記事では、頭痛を引き起こす病気を特徴もあわせて紹介していきます。

頭痛と微熱が続くのは病気のサイン?

頭痛と微熱が続く場合、まず考えられるのは風邪です。寒気や咳、鼻水、喉の痛みなどが出たら風邪の可能性があります。

また他の病気として、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の可能性もあります。続く頭痛や微熱だけでなく、副鼻腔に膿が溜まることで、粘り気を帯びた鼻水が出るのが特徴です。

ただ、ほかの病気の可能性がなくなったわけではありません。念のため病院を受診した方がいいでしょう。

頭痛に高熱が伴う場合は?

11〜2月の冬場に熱が39℃を超え、激しい頭痛を伴う場合は、インフルエンザの可能性があります。また、可能性がある病気としては、髄膜炎が考えられます。細菌やウイルスが髄膜に侵入することで、激しい頭痛を高熱を引き起こすようになります。併せて首の後ろが硬く感じる場合は、すぐに病院を受診してください。

頭痛を引き起こす深刻な病気にはどんなものがある?

頭痛はよくみられる症状の一つですが、なかには命に関わるような深刻な病気が潜んでいる可能性があります。
その大部分は「脳」に関連する病気で、脳卒中、くも膜下出血、髄膜炎、脳炎などが挙げられます。「脳」に関連する頭痛には以下のような特徴がありますので、当てはまる項目がある場合は早急に病院を受診するようにしましょう。

  • 突然、バッドで殴られたような激しい頭痛が生じた
  • 吐き気や嘔吐がある
  • 高熱が出て、ぐったりしている
  • 手足のしびれや麻痺がある
  • 首が痛く、前に曲げることができない

おわりに:頭痛が続くときはまず医師に相談を

一言で頭痛といっても、頭痛の原因にはさまざまなものがあります。一般の人が原因を見極めることは難しいですし、長く続く頭痛や徐々に痛みを増していく頭痛は、特定の病気が原因で起こっている場合があります。
頭痛が続くようであれば、まずは病院を受診して原因を突き止めてもらいましょう。

この記事に含まれるキーワード

頭痛(191) 吐き気(121) 原因(609) めまい(90) 病気(72) 鎮痛薬(31) 片頭痛(51) 薬物乱用頭痛(6) 髄膜炎(25) 微熱(20) 緊張型頭痛(30) 続く(2) 脳腫瘍(15) 新規発症持続性連日性頭痛(1)