大人よりもリスクが高い子供の脱水症と熱中症

2017/7/27

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

暑い夏、子供たちは外でのスポーツに熱中しています。そんな子供たちを見ている大人が、注意しなくてはいけないのが脱水症状と熱中症です。子供は、熱中症のリスクが高く、急激に症状が進みます。ここでは、子供の熱中症についてまとめました。

子供の熱中症とは?

子供は、体重に対する体の表面積が大きいため、大人よりも脱水症や熱中症になりやすいのです。

夏の暑さの中で一生懸命スポーツをする子供たちは、特に大きなリスクにさらされています。熱中症の初期に見られる前兆を理解しましょう。その知識が子供の命を救うかもしれません。

子供の脱水症状

子供の脱水症状では、次のような状態を示すことがあります。
・のどの渇き
・倦怠感
・怒りっぽさ
・口の渇き
・暑く感じる

子供がのどの渇きや暑さを訴えるとき、あるいはただ暑さでいらいらしているようにみえるときは、初期の脱水症の可能性があります。子供を日なたから連れ出し、涼しい場所に連れて行きましょう。

そして、水や経口補水液(スポーツドリンクのような)冷たい飲み物を十分に飲ませましょう。糖分の多いフルーツジュースや炭酸飲料は、水やスポーツドリンクほど早く吸収されないため、おすすめできません。

また、余計な重ね着はやめましょう。もし、分厚いスポーツ用品を身につけているのであれば、それも脱いだほうがよいでしょう。過剰に熱された皮膚には冷たい、濡らした布を当ててください。

これらの症状を見逃してしまうと、より深刻な熱中症が引き起こされることがあります。

子供の脱水症状と熱中症の症状

子供の脱水症状には、次のような症状がみられます。この症状がみられたら、スグに対処しましょう。
・熱けいれん:腹筋、腕、脚の痛みのあるけいれん
・熱失神:暑さの中で運動した後に感じる虚弱、疲労、もしくは失神
・熱射病:高い体温(40度以上)、吐き気と嘔吐、発作、熱く乾燥した皮膚、意識消失、昏睡、息切れ、排尿の減少、血尿や血便

脱水症に関連した熱中症症状を示す子供にしてあげられることはたくさんあります。

まず、助けを呼びましょう。次に、涼しい日陰に連れて行き、たっぷり水分を摂るよう促しましょう。もし、症状が軽度な場合は、休憩と、水かスポーツドリンクによる水分補給だけで十分な場合もあります。

しかし、重度の熱中症は早急な治療が必要です。熱けいれんは、熱中症の中でも軽度な症状です。もし、スポーツをしている子供が熱けいれんを起こしている場合は、涼しい場所へと連れて行き、けいれんしている筋肉を優しくストレッチしましょう。

もし、けいれんが治まったら試合や練習に戻っても問題はありませんが、注意深く見てあげましょう。

子供の脱水症状と熱中症への対処

子供の熱中症への対処方法を下記に挙げます。

・医療支援を得られるよう誰かに助けを呼んでもらい、その間に熱中症患者の体温を下げてあげるようにしましょう。
・日陰に連れて行ってあげましょう。
・あらゆる手段を使って、急速に冷やしてあげましょう。例えば、冷たい水を張った浴槽に入れる、冷たいシャワーを浴びさせる、ホースで水をかけるといった手段が効果的とされます。
・早急に治療を受けましょう。もし救急医療スタッフの到着が遅れる場合は、病院の救急治療室に直接連絡し、指示を仰ぎましょう。
・意識がない状態や自分で水を飲み込めない状態、嘔吐の症状がみられるときは、無理に飲料は与えないようにしましょう。

子供の脱水症状と熱失神

熱失神は、長時間立った状態が続いたときや、座った、もしくは横になった状態からいきなり立ち上がるときに起こる、目眩を伴う失神に近い状態を指します。

脱水症状を経験している人、もしくは、暑い環境に慣れていない人は熱失神になる可能性がより高いです。

処置としては、熱失神になった人を寝かせ、可能であれば水分を摂取させてあげるのがよいでしょう。意識がない場合や、液体を飲むことができない場合は早急に医療機関での治療を受けましょう。

子供の脱水症状と熱中症

熱中症もまた医学的な緊急事態です。熱中症は、高い体温(40度以上)、吐き気と嘔吐、発作、失見当識やせん妄、熱く乾燥した皮膚(しかし、一部の熱中症患者には多量の発汗がみられます)、意識消失、昏睡、息切れ、排尿の減少、血尿や血便を含む顕著な症状によって特徴付けられます。何の前触れもなく、急に発症することもあります。

救急車の到着を待つ間に、衣服を脱がせ、首、脇、脚の付け根に氷嚢を当て、体を冷やしましょう。扇いだり、冷たい水をスプレーしてあげたりすることも効果的です。意識があって、嚥下ができるなら、飲み物を与えましょう。

おわりに:子供の脱水症状と熱中症は大人が注意する

これまで見てきたように、子供は大人より脱水症状や熱中症を起こしたりする確率が高いのです。戸外でスポーツをしている子供たちの周りの大人が、気をつけなくてはいけません。事故が起こらないように、応急処置の仕方なども理解しておきましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

けいれん(7) 脱水症状(30) 熱中症(47) 熱射病(2) 熱失神(1)