めまいで頭がクラクラ…。病院へ行ったほうがよい?

2017/7/25

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

たちくらみ程度のめまいではなく、原因不明で体がふらついたり、視界がぐるぐる回っている状態になったりすると、とても不安になりますよね。早めに医師に相談したほうがよいですが、では、病院に行った際に、どんな診断や検査がなされるのでしょうか。

めまい:病院での診断


「めまい」という症状は様々な疾患が原因となります。心血管疾患、脳卒中、大量の出血、または腫瘍など、重度の疾患の可能性を除外するために、めまいの原因をできるだけ早く診断してもらうことが重要です。
まず、めまいの原因を特定するために、医師から次のようなことを聞かれるでしょう。

・めまいは、部屋が回っている、もしくは動いているようなものですか?
・脱力感や頭のふらつきを伴っていますか?
・めまいによって、バランス感覚がとれなくなるようなことはありませんか?

めまい:病院での検査


病院では、めまいの原因を診断するために、以下の検査を行うことがあります。
・頭部のCTスキャン
・頭部のMRI(磁気共鳴画像)スキャン
・第8脳神経の異常を発見するための神経学的検査
・聴力検査

他には、以下のような検査があります。

身体検査

身体検査では、血圧や心拍数の測定を行います。神経学的な検査には、顔面および前庭神経の検査と、筋肉、強さ、協調性、バランス、および歩行の検査を行います。

血液検査

血液検査は、内科的疾患(腎臓疾患や甲状腺機能障害)を除外するために、全血球検査や腎臓検査、甲状腺検査が含まれます。もし、患者が薬(アミノグリコシドまたは抗けいれん薬など)を服用している場合、薬の濃度を測定します。

画像検査

画像検査は、脳の異常(脳卒中もしくは脳腫瘍)を検出するために使われる可能性があります。磁気共鳴画像(MRI)検査は、磁場もしくは電波を使って、頭や体の断面画像を作成します。医師はめまいを引き起こす可能性があるさまざまな疾患を特定し、診断するために、これらの詳細かつ鮮明な画像を使います。

医師へ連絡する場合


次のような場合は、医師に相談してください。
・初めてめまいの症状を経験する
・めまい、または関連する障害が診断され、症状が悪化したり、嘔吐、発熱、けいれん、または失神などの新しい症状が現れている。

おわりに:たちくらみ程度だから大丈夫と決め付けない

病院でのめまいの検査は、その原因が心血管疾患や脳卒中、大量の出血や腫瘍である可能性を除外するため、なるべく早く行う必要があります。つまり、逆に言うと、そういった病気が原因になっている可能性もあるということです。
たちくらみ程度と無視しないで、長引くようなら早めに医師に相談しましょう。

この記事に含まれるキーワード

病院(60) 診断(68) 検査(98) めまい(89) たちくらみ(1)