コンドームだけで絶対安全はウソ?

2017/3/8

簡単に破れてしまうから危険? 一度に二枚使ったほうが安全? などなど、男性用コンドームについてはたくさんの迷信があります。この記事では、これら、巷で言われている迷信が果たして本当なのか、お答えしてきます。

迷信1:18歳にならないとコンドームは買えないの?

コンドームは避妊外来、ブルックセンター、性健康外来、高教育カレッジや若者向け外来などで何歳からでも無料で入手できます。これらの機関では必要に応じてアドバイスも受けられます。また、コンドームは何歳からでも薬局などのお店で買うこともできます。

迷信2:一度に二枚重ねて使ったほうが安全?

コンドームを二枚重ねて使うと、実は一枚のときより破れやすくなるので望ましくありません。一度に使うのは一枚だけにしましょう。

迷信3:簡単に破れてしまう?

慎重に装着し、気泡が先端に入っていないことを確認すれば、まず破れることはありません。但し、セックスの最中に鋭い爪やアクササリー、歯によって破けてしまうことはあります。

もしコンドームが根元まで転がらなければ、裏返しになっている証拠です。すでに表面に精液がついていることがあるので、そのコンドームは捨てて、新しいものを使ってください(射精前でも精子が出ていることがあります)。

もしコンドームが破れてしまい、ほかに何も避妊法を行っていなかった場合、できるだけ早く病院で相談してください。

場合によっては、性感染症のテストを受けることも必要になってきます。

迷信4:避妊法はコンドームだけで十分?

コンドームは性感染症と無計画な妊娠を防ぐことができますが、一番良いのは、あなたとあなたのパートナーが他の避妊法と併せてコンドームを使うことです。

避妊インプラント、注射、コイル型避妊具やピルなどたくさんの避妊法があります。他の選択肢についても考えてみると良いでしょう。

迷信5:潤滑液はワセリンで代用できる?

油分はコンドームを溶かす恐れがあるので専用の潤滑液以外は使用しないでください。ベビーオイル、ワセリンなどには油分が含まれています。薬局やスーパーマーケットで手に入るKYジェリーやデュレックス水分をベースにした潤滑剤などを使いましょう。

迷信6:快感が減ってしまう?

コンドームの使用が、セックスの楽しみを少なくするということはありません。事実、コンドームは男性が絶頂に達するまでの時間を延ばすことができるので、お互いにとって、より長い時間セックスを楽しむことができます。

コンドームにはさまざまな大きさ、形、色、手触りや匂いのものがあるので、あなたとパートナーにあったものを見つけましょう。

迷信7:コンドームは血流を止めてしまう?

さまざまな形や大きさのコンドームがあるので、自分にあったコンドームを使えば問題ありません。

迷信8:女性がピルを飲んでるから、コンドームはいらない?

ピルは性感染症には効果がありません。また、もしパートナーがピルを飲み忘れたり嘔吐したりしていれば、ピルの効果は下がり妊娠しやすくなります。

迷信9:パートナーに嫌がられる?

コンドームを使うことを強調するのは、あなたのパートナーを大切に思う気持ちの表れです。自身をもって大丈夫です。

迷信10:オーラルセックスの時は必要ない?

淋病やクラミジア、ヘルペスなどへの感染は、口での性交でも起こるので、コンドームを使うべきです。

迷信11:清潔そうな人としかセックスしないから、コンドームはいらない?

人の見た目で性感染症を持っているかどうかを判断するのは、危険です。多くの性感染症は何の兆候も持っていないので、知らないうちにお互いに感染することがあります。

迷信12:コンドームなら、どれも安全?

必ずしもそうではありません。配布物のコンドームやインターネットネットオークションで買ったようなものは安全とは限りません。
評判のある情報に基づきコンドームを買ってください。また、
・期限内のものか
・シールが破られていないか
・傷ついていないか
も併せて調べてください。

おわりに

コンドームをつけることで、セックスの時の気持ちよさが減ってしまうのではと思われる男子も多いでしょう。ただ、近年では非常に薄いタイプなど、装着感を可能な限り軽減しているものも多数あります。

コンドームをつけるのは、避妊のためだけではなく、あなたとあなたのパートナーを感染から守るものでもあります。巷の迷信に惑わされず、正しく使いましょう。

検査

この記事に含まれるキーワード

コンドーム(23) 安全(6) 避妊(15)