ゴジベリー(クコの実)って本当に栄養価が高いの?

2017/2/20

マドンナからミランダ・カーまでセレブの間で人気がある、ゴジベリー(クコの実)ですが、中国では6,000年以上前から医療品と使用されてきました。

ゴジベリーは免疫系と脳活動を促進し、心臓病や癌を予防し、平均余命を改善すると言われていて、その赤いしぼんだ果実には、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンA、鉄、セレン、その他抗酸化物質(特に多糖類)が含まれています。

この記事では英国栄養士協会(BDA)と連携して行われた調査をもとに、ゴジベリーについて一般的に言われている健康効果が本当に裏付けられたものなのかを紹介します。

ゴジベリーは本当に免疫や心臓血管疾患、平均寿命を伸ばすことに効果があるのでしょうか?

今のところ、ゴジベリーのこれらの健康上の効果を裏付ける、はっきりとした証拠は分かっていません。
実際に行われた研究のほとんどは、小規模で質が高いとはいえず、また使用されたゴジベリーは精製され高濃縮で抽出したものでした。

幸福感、脳活動、消化に対する効果

2008年の小規模な研究では、毎日120mlゴジベリージュースを14日間飲み続けたことで、幸福感、脳活動、消化を改善したというデータが出ています。しかし、この研究には34人しか関与しておらず、また測定した条件が色々異なっていたため、信憑性の高いもの判断するのは難しいです。

癌予防に効果あり?

ゴジベリーについて最も有名な臨床研究の一つとして、1994年で中国で行われた、進行した癌患者79人を対象にして行われた研究があります。この研究では、ゴジ多糖類と組み合わせた免疫療法を受けた患者の癌が後退することが明らかにされました。ただ残念なことに、研究の内容や使用されたゴジベリー化合物の情報が不足しているため、十分に信頼できる情報だとはいえません。

ゴジベリーの健康効果について栄養士の判断

栄養士、BDA広報担当者であるアリソン・ホーンビー(Alison Hornby)は、ゴジベリーの健康増進効果に関する主張の裏付けは弱いと述べています。
「様々なゴジベリー製品が健康食品として販売されていますが、健康効果に関するこれまでの研究の結果は、販売されている製品よりもはるかに高い濃度でのゴジベリー精製抽出物を使用した科学的研究からきたものです。」
「ゴジベリー製品は比較的高価な傾向があるため、研究結果が証明されていないゴジベリー1品目にお金を費やすのではなく、もっと広い範囲の果物や野菜の範囲を食べるようにしたほうが健康には良いでしょう。」

おわりに

マドンナやミランダ・カーなど、セレブの間で人気があることから、日本でもその関心や人気が高まってきているゴジベリーですが、世間一般で言われているほど栄養価が高いかどうかは疑問ですね。記事の中にもあるように、一つの食材や食品に偏らずに、色んな食材をバランスよく取るのが一番ですね。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

栄養(27) ゴジベリー(1) クコの実(1) 効能(4)