口内炎は自分で対処できる? ~ 口内炎の治し方について ~

2017/8/22

山本 康博 先生

記事監修医師

MYメディカルクリニック横浜みなとみらい 院長
東京大学医学部卒 医学博士
日本呼吸器学会認定呼吸器専門医
日本内科学会認定総合内科専門医
人間ドック学会認定医
難病指定医
Member of American College of Physicians

山本 康博 先生

特に食事のときに痛みを感じる「口内炎」は、多くの方が経験したことのある辛い症状のひとつです。今回の記事ではそんな口内炎の治し方について、おすすめのセルフケアを中心にご紹介していきます。

冷凍宅配食の「ナッシュ」
冷凍宅配食の「ナッシュ」

口内炎とは

口内炎とは、口の中に発生する、痛みを伴う円形のできものです。唇や頬の内側、歯肉、舌の裏側などさまざまな場所に発生します。一度に複数の口内炎が発症したり、広がったり、大きくなったりすることがあります。10~20代の女性に多く、口内炎の詳しい原因は不明ですが、口の損傷やストレス、栄養不足、食物アレルギー、月経周期が関係しているといわれています。

口内炎ができたとき、自分でできる対処法は?

口内炎ができてしまったときの有効なセルフケアとしては以下のものがあります。

口内炎を悪化させる飲食物を避ける
堅いもの、辛いもの、しょっぱいもの、酸っぱいもの、熱い食べ物や飲み物は口内炎を悪化させる可能性が高いです。これらの摂取を控えましょう。

毛先が柔らかい歯ブラシで歯磨きをする

市販の口内炎の治療薬を使用する
口内炎の痛みを緩和する市販薬には、トローチ、軟膏、ジェル、スプレーなどさまざまなタイプがあります。これらの市販薬を使用することで、口内炎が治るスピードを速めることができます。なお、抗菌性うがい薬やマウスウォッシュも口内炎の感染予防におすすめのアイテムです。

口内炎で病院に行ったほうがいいのはどんなとき?

多くの口内炎は1~2週間以内で治るため、基本的には病院で治療する必要はありません。ただし、下記に該当する場合は病院を受診することをおすすめします。

・口内炎が3週間以上続いている
・食事が困難になるほど口内炎が痛くなったり、赤く腫れあがったりしている(細菌感染の兆候の可能性があります)
・口内炎により高熱が出ている

おわりに:症状が長引くなど、気になるときは病院で診察してもらおう

口内炎はごく一般的な口腔トラブルのため、基本的には病院にかかる必要はありません。ただ、ご紹介したセルフケアを実践しても症状が一向に改善しなかったり、悪化した場合は、何らかの病気の兆候の可能性があるので早めに病院を受診しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

病院(59) 治療(464) 対処法(192) 口内炎(29)