しゃっくりを確実に止める方法はあるの?

2017/8/24 記事改定日: 2019/7/8
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

しゃっくりで困るのは、始まりも終わりも自分ではコントロールできないことです。数分で治まることもありますが、何時間も止まらないこともあります。
しゃっくりはいったいどうすれば止められるのでしょうか?

しゃっくりが出てしまうのはなぜ?

しゃっくりがどのようにして起きるかは全て解明されたわけではありません。ただ、横隔膜の痙攣が関係していることはわかっています。
横隔膜の痙攣によって収縮した声帯を息が通るときに、「ヒック!」という音が一定間隔で繰り返されるものがしゃっくりです。ちなみに、医学的には吃逆(きつぎゃく)と言います。

横隔膜の痙攣の原因

横隔膜の痙攣は、横隔膜周辺の組織が刺激されることで起こります。
刺激の原因になるものは

  • 笑いすぎ
  • 食べすぎ
  • タバコの煙
  • 食後のゲップ
  • 会話や食事のときに空気を飲み込むこと
  • 香辛料などの刺激物
  • アルコール飲料
  • ストレス

などが挙げられます。

しゃっくりは必ず自然に止まるの?

ほとんどのしゃっくりは自然に止まりますが、病気が原因で出ているしゃっくりの場合は止まりにくいことが多いです。

  • 2日間以上止まらない、止まったり出たりをくり返す
  • 1か月以上止まらない、止まったり出たりをくり返す

ときは、何らかの病気が原因で出ているしゃっくりかもしれません。なかなかしゃっくり止まらない場合や、何度もしゃっくりをくり返している場合は、念のため病院で診てもらいましょう。

自分でしゃっくりを止めるにはどうすればいい?

確実にしゃっくりを止める方法はまだ確立されていませんが、民間療法として以下のような対処法はあります。

  • 鼻をつまんだ状態で水を飲む
  • コップの反対側の縁から水を飲む
  • 両方の耳の穴に人差し指を30秒くらい差し込む
  • 紙袋を口に当てながら呼吸をする自分の息を吸わせ続ける
  • 息を思い切り吸って止め、また吐く

ただ、効果については個人差があるので必ず止まるとは断言できません。

また、このような対処法で止まったとしても、頻繁にしゃっくりをくり返す場合は病気が原因のしゃっくりの可能性がありますので、なるべく早めに病院で診てもらいましょう。

なかなか止まらないしゃっくりの病院での治療方法は?

神経系や消化器系などの病気や薬剤の副作用、精神的な要因によって引き起こされるしゃっくりは、一度発症するとなかなか止まりにくいものもあり、このようなしゃっくりを「持続性吃逆」や「難治性吃逆」と呼びます。
なかには48時間以上に渡って症状が続くこともあり、このような場合は食欲低下や不眠などの二次的な症状を引き起こすため治療が必要になるにこともあります。

病院での治療では主に薬物療法が用いられます。抗精神病薬のクロルプロマジンや胃の運動を抑制するメトクロプラミド、抗てんかん薬や抗うつ薬などが使用されますが、これらの薬物の効果には個人差があり、効果がなく日常生活に支障を来たすような二次的な症状が見られる場合には、横隔神経の切断などの手術を行う場合もあります

また、持続性・難治性吃逆は何らかの病気が原因で引き起こされることが多いため、吃逆を根本的に治すには、原因となる病気の治療も必要です。

おわりに:大半のしゃっくりは自然に止まる。でも長引く場とき、くり返すときは注意!

しゃっくりの多くは放っておいても止まるような「問題がないしゃっくり」です。ただ、いつまでも止まらない、何度もくり返す、しゃっくりが原因で眠れない状態のときは何らかの病気が隠れている可能性があるので、早めに病院を受診しましょう

この記事に含まれるキーワード

しゃっくり(6) 病院(59) 止め方(5) 原因(609)