しつこいしゃっくり、どうすれば確実に止められる?

2017/8/24

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

しゃっくりで困るのは、その始まりも終わりも、自分ではコントロールできないことです。数分で治まることもありますが、何時間も止まらないこともあります。そんなしゃっくり、いったい、どうすれば止められるのでしょうか?

しゃっくりが起きるのはなぜ?


しゃっくりが起こる明確な要因は判明していませんが、横隔膜の痙攣によって起こることはわかっています。横隔膜の痙攣によって収縮した声帯を息が通るときに、「ヒック!」という音が出るのです。それが一定間隔で繰り返されるものがしゃっくりです。ちなみに、医学的には吃逆(きつぎゃく)と言います。

横隔膜の痙攣は、横隔膜周辺の組織が刺激されることが原因であり、その刺激は笑いすぎや食後のゲップが誘発するともいわれますが、多くは特別な理由がなくても発症しますし、子供から大人まで年齢と関係なく発症します。
ただ、辛いものを食べたときに、香辛料やアルコールなどが横隔膜近くの筋肉を刺激して痙攣しやすくなったり、ストレスが痙攣を誘発するなども、原因として挙げられることがあります。
他にも、過剰飲酒、喫煙、食べすぎ、炭酸飲料の飲みすぎ、食事や会話のときに空気を飲み込んでしまったことなど、さまざまなことが原因として挙げられています。

しゃっくりのほとんどは自然に治まりますが、体に疾患を抱えている場合は、その疾患が原因となってなかなか止まらない人もいます。
ときには、2日間以上止まらなかったり(持続性吃逆)1ヵ月以上止まらない(難治性しゃっくり)といったこともありますが、その場合は脳や肺の疾患を疑ったほうがよいかもしれません。精神的な疾患から起こるしゃっくりもありますので、なかなかしゃっくりが治まらない場合は医師に相談しましょう。

しゃっくりを止めよう:自分で対処する場合


しゃっくりを止める民間療法をいくつか紹介します。ただし、効果が保証されているものではありません。

・水を飲む
飲むときに、コップの反対側の縁を使って飲んだり、耳と鼻をふさいで飲むと、効果が上がるといわれています。
・人に驚かしてもらう
・塩をひとつまみ、舐めないで、一気に飲み込む
・炭酸ガスと酸素を混合したガスを吸う
・息を思い切り吸って止め、また吐く
諸説ありますが、「10秒かけて限界まで息を吸い、10秒程度止めた後、また10秒かけて限界まで吐く。その後、今度は5秒かけて吸い、あとは普通に息をする」という方法があります。
・紙袋を口にあてて呼吸をする
・耳に手の平をあて、30秒ほど聞こえない状態にする

しゃっくりを止めよう:病院での治療が必要な場合


病院でも、息を吸った後に呼吸を止める方法は行なわれているようです。他に、「医学的な処置」として行なわれている方法として、以下のようなものがあります。

・口と食道の間にある咽頭を刺激する
・筋肉の痙攣を鎮めるために、漢方薬の芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)を処方
・クロルプロマジン(向精神薬)で、横隔膜の筋肉や神経系を落ち着かせる
・筋肉を弛緩させるためのバクロフェン、もしくはガバペンチンを処方
・急性胃拡張が原因で起こっているしゃっくりのときは、胃の洗浄
・胃腸の働きを改善する薬、プリンペランの注射

他にも、内服薬としてカルバマゼピンやメトクロプラミド、エペリゾンなどの処方が行なわれています。

おわりに:しゃっくりの大半は自分で対処できるもの。でも、長引く場合は治療が必要なことも

はっきりした原因がわからず、突然、発症するしゃっくりは、起こるタイミングによっては大変困らされるものです。通常は、気づくと治まっていますが、長引くと眠れない状態になったり、ストレスによる健康被害が起こることもあります。少し長引いてるなと思ったら、医師に相談しましょう。

この記事に含まれるキーワード

しゃっくり(6) 病院(60) 止め方(5) 原因(612)