セックスやハグには健康面でもメリットがあるって本当?!

2017/2/8 記事改定日: 2018/2/23
記事改定回数:3回

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

セックスやハグには精神的な作用だけではなく、血圧を低下させたり緊張を緩和させたりと、体の健康を改善する効果があると言われています。
具体的にどのような効果があるのかを、この記事で見ていきましょう。

セックスは心臓を鍛える?!

セックスをして性的に興奮すると心拍数は高くなり、オルガスムに達すると1分あたりの心拍数がピークに達します。こういった心拍数が高まる運動は、一般的には心臓を鍛える働きがあると言われています。
成人は健康のためにサイクリングやウォーキング、ダンスなどの中強度の有酸素運動を毎週2時間半行うと良いとされていますが、1週間におよそ2時間半オルガスム状態になればこれと同じ運動量をカバーすることができます。ちなみに、オルガスムの平均的なピーク時の心拍数は階段の歩行時と同程度です。

心臓病などの理由で心臓への負担を心配されている方もいるかもしれませんが、多くの場合は日常生活で階段を2階分移動しても胸の痛みが現われることが無ければ、セックスをしても問題ないことがわかっています。ただし心臓の状態には個人差があるので、必ずかかりつけ医に確認するようにしてください。

ハグには緊張を和らげる効果が!

ハグをすると気分が落ち着く・安心するという経験はないでしょうか?
実はそれは気のせいや思い込みではなく、実際に「愛する人をハグすると血圧が下がる」という研究結果があるのです。例えば、お互いの手を10分間握ったあとに20秒間ハグしたカップルは、しなかったカップルと比べて、その後大勢の前で話すという場面になったときに心拍数や血圧が低く、心拍数が増加しにくいという反応が見られました。

また、性的な意味をもたないスキンシップにも同様の結果が見られることがわかっていますが、この場合に血圧が低下するのは女性だけのようです。

セックスはストレスや発病リスクを軽減する?!

現代社会は「ストレス社会」と言われるほど、日常的にストレスがかかる場面が多く、ストレスが原因で身体的または精神的な病気を発症することも少なくありません。
そんなストレスをセックスで軽減できるという研究結果があるのを知っていますか?
日常生活の中でペニスの挿入を伴うセックスや伴わないセックス、またマスターベーションなどの性行為をする人に比べ、セックスや性行為を全く行わない人はストレステスト(大勢の前で話す、暗算を大声でするなど)で最も高いストレスレベルを記録したという記録があります。
このテストで血圧の上昇の幅が最も小さかったのは挿入を伴うセックスのみを行う場合ですが、キスやハグ、挿入を伴わないオルガスムでも、運動や瞑想をしたときと同じようなリラックスした気分になれます。

週1~2回のセックスが病気の予防に!?

セックスの頻度と免疫システムの強さの関連性を示した研究では、週に1~2回セックスをする人はそうでない人に比べて、免疫力が高い傾向がある[免疫グロブリンA(IgA)が30%高いという結果が出ている]ことがわかっています。
ただし、週に3回以上セックスした場合は週に1~2回の場合よりも免疫力が低下するということがわかっており、単純にセックスの頻度が高ければ良いというわけではありません。セックスの頻度が免疫システムにどのように影響するのかという検証には今後もより多くの研究が必要です。

おわりに:セックスには健康面におけるメリットもある!

セックスをはじめとする性行為には精神的な充足感だけではなく〈リラックス効果、血圧低下、ストレス軽減〉など、健康におけるメリットがあることがわかっています。
そのように考えてみると、パートナーとのセックスがより大切な時間になるかもしれません。

この記事に含まれるキーワード

健康(42) セックス(38) オルガズム(4) ハグ(3) キス(13) 愛情表現(1) リラックス効果(2)